人生・ライフスタイル

人生・ライフスタイル

休日は寝て過ごすだけ。幸せなんだけど「無駄に土日を過ごした」と激しく後悔。

今日は一日中寝て過ごしてしまった。。ま、布団に包まれそれはそれで幸せな気持ちになれるのだが、「せっかくの土日なのに無駄に過ごしてしまった」という激しい後悔に襲われている。 先週は仕事がとても忙しく、毎日4時過ぎに起きて出勤。家に帰り着くの...
人生・ライフスタイル

離婚して思うこと。後悔、幸せ、お金、責任、生活、老後、将来etc・・・

離婚して数ヶ月が経った。 今の率直な気持ちを言葉にするならば「後悔」だ。 一方、妻を養う責任が無く、時間もお金も自分の思い通りに使えるため「自由」とも言える。 後悔と自由の間で心は揺れている。 とにかく、離婚を経験...
人生・ライフスタイル

バレンタインデー&ホワイトデーが面倒臭くて憂鬱・・・禁止できないのかな?

若い頃(学生時代)は、毎年ワクワク・ドキドキで楽しみだったバレンタインデー&ホワイトデー。 しかし、社会人になるとこのイベントが面倒臭く、憂鬱で仕方ない。 別に、社会人になってからチョコレートをもらえる機会が減ったからではない。...
スポンサーリンク
人生・ライフスタイル

40代でセミリタイア生活も可能かも!再婚せずに独身なら・・・

40代を目前に離婚した俺には人生の選択肢が増えた。それは、再婚して新しい家庭を築くか、それとも再婚せずに一生独身を貫き一人で生きていくか。 そして、再婚せずに独身生活を送るのであれば、生活にそれ程お金は必要ない。となると、ずっと正社員...
人生・ライフスタイル

何をやってもうまくいかない。人生良い時もあれば悪い時もあるけどなんで?

長い人生、何をやってもうまくいく時と、何をやってもうまくいかない時がある。これは気のせいではなく、自分の人生で実際に起こっている事象だ。 これって運命なのだろうか?それともバイオリズム? 自分では同じように物事をこなしているつも...
人生・ライフスタイル

将来日本はソロ社会になるってさ。ソロ男な俺は複雑な気分・・・

2035年の日本では独身世帯(単身世帯)の割合が50%に達するそうな。人数にすると約4800万人。この流れは不可避で、確実にやってくる未来らしい。ソロ社会の到来だ。 離婚して将来に不安を抱える40歳のバツイチ独身男の俺にとっては、ちょ...
人生・ライフスタイル

「時間があればしたいことは?」のアンケート結果が恐ろしいことに・・・

20代から40代の社会人に「時間があればしたいことは?」とのアンケート結果がニュースで公表されていた。驚くべきはその結果。その問いに対し78.2%が「睡眠」と回答したらしいのだ。 もし、これが本当なら日本は夢や希望がない国ということに...
人生・ライフスタイル

40歳の俺に再婚の可能性はあるかな?再婚者の割合は26.8%!

厚生労働省が日本人の結婚に関するデータを発表した。 その中に、離婚して間もない私にとって、とても興味深いデータがあった。 それは、初婚と再婚の割合だ。2015年のデータだが結果は以下の通り。 夫婦共に初婚・・・73.2%...
人生・ライフスタイル

今の生活を何もかも捨てたい。人生をリセットしたいと考えるのはなぜ?

俺の中で定期的にやってくる強烈な願望。 それは「全てを投げ出したい。今の生活を何もかも捨てたい。人生をリセットしたい」という思い。漠然と考えるのではなく、結構具体的な行動までイメージしてしまう。 今抱えている仕事を放り出したい・投げ...
人生・ライフスタイル

40歳は人生の折り返し地点。後悔しない人生を送る為に考えるべきこと

俺はアラフォー。 いきなり話は変わるが、アラフォーとは”アラウンドフォーティー(around40)”の略。もともとアラサーから派生した言葉で、35歳〜44歳の女性を指す言葉。でも、最近は男性の40歳前後を意味する言葉としても使われてい...
人生・ライフスタイル

Facebookで元カノから友達申請が!不倫・浮気する人の心理が分かる気がする。

俺はFacebookアカウントを持っている。 しかし、1文字たりとも投稿していないし、名前はアルファベット表記にしてある。学生時代の友達とメッセンジャーで時々やり取りするために作っただけのアカウントだからだ。余計な繋がりは持ちたくなか...
人生・ライフスタイル

低所得者層の割合が4割に!年収300万円どころか100万円未満で暮らす人もいる!?

まず、低所得者層の定義って何だろう?と思って調べてみた。 明確に基準が定義されているわけでないようだが、低所得者層とは年収300万円以下と定義されている場合が多いみたいだ。手取りでいうと年収200万円~250万円の人が該当する。 ...
人生・ライフスタイル

自尊心が低いから自分が嫌いで八方美人!自尊心を高める方法は?

俺は昔から自分が嫌いだ。 「自分はダメな人間」「つまらない人間」「生きている価値は無い」と本気で悩み、そう感じる度に自分が嫌いになる。 自分には価値が無いと思っているから人生を楽しむことに罪悪感を感じる。「俺みたいな人間が日々の...
人生・ライフスタイル

物が捨てられない心理って何だろう?ミニマリストになれないよ俺。

物が捨てられない・・・。 といっても、俺の家はゴミ屋敷ではない。毎週掃除してるし、床には物置かないし、テーブルの上も整理整頓されてるし。 なので、一般的に言う「物が捨てられない人」ってことで悩んでいるのではない。俺が悩んでいるの...
人生・ライフスタイル

休日を一人で過ごす独身社会人が8割もいるってマジか!

先日、日経新聞に超ぉ〜気になる記事が掲載されていた。 その記事のタイトルは「働く独身8割「休日1人」内向き傾向顕著」だ。いやいや、タイトル見るだけでビックリ。 つい数日前に、「週末引きこもり。土日にずっと家にいる社会人ってどうな...
人生・ライフスタイル

週末引きこもり。土日にずっと家にいる社会人ってどうなん?

この2ヶ月間、毎週週末はずっと家に引きこもっている。 外出したのは美容室に行った時だけ。それ以外は一歩も家を出ていない。で、こんな生活を送っている自分を客観的に見て「こんな生活でいいのか?社会人にもなってこんな生活を送るのっておかしく...
人生・ライフスタイル

ストレスに強くなった?大きな失敗したのになぜか平気な俺。

俺は、小さな失敗ですぐにくよくよする性格。 しかも、数日間くよくよし続ける。忘れたくても失敗したことが頭から離れず、自分の行動を後悔し続けどんどん落ち込んでいく。思い出さなくていいのに、やらかした失敗を頭の中でリピートし続ける。 ...
人生・ライフスタイル

40代でアーリーリタイアするにはいくら貯金が必要?

毎日5時台に起き、満員電車に揺られ、23時まで働く毎日・・・。 かろうじて土日は休みでプライベートな時間として過ごすことができているが、平日はほぼ全てを仕事に捧げる毎日。つまり、人生の約70%の時間は仕事に捧げていることになる。ま、働...
人生・ライフスタイル

ミニマリストになりたい!何から始めればいいのかまとめてみる

ミニマリストとは「最小限主義者」を指す言葉。 歴史上圧倒的に豊かになった現在、ありとあらゆる物が手に入るようになった。「モノ余りの時代」とさえ言われている。そして、物が溢れている生活に嫌気が差した人が多くなり、全く反対の「必要最小限の...
人生・ライフスタイル

銀行口座いくつ持ってる?平均保有数は3.5個!いくつ持つのがお得で便利?

最近「身の回りのあらゆるものを整理したい!シンプルに生きたい!」という願望がふつふつと湧き上がっている。いわゆる「持たない暮らし・ミニマリスト」って奴に感化され始めている。 普通であれば、まずは身の回りにある家具、家電、小物などの物体...
人生・ライフスタイル

「アンガーマネジメント」でイライラ解消!怒りは6秒で治まる。

「怒り」という感情がなくなれば、どんなに平穏で素晴らしい人生を送ることができるのだろう。 先日、ほとんど人とかかわらずに1日を過ごしたことがあった。この日の夜、ふと1日を振り返った時に、「怒り」や「イライラ」「いら立ち」という感情を朝...
人生・ライフスタイル

イライラのサインを見抜き、早期にストレスの原因を排除して穏やかに過ごそう。

最近、仕事においてもプライベートにおいても大きなストレスがなくなってきた。お陰で非常に平穏な日々を送っている。 とはいっても、人間だから腹の虫の居所が悪かったり、体調がすぐれない時なんかには、イライラしてストレスを感じることもある。一...
人生・ライフスタイル

自分が60歳を超えた時、もっと働きたい、老後も仕事したいと思うのか?

これからの日本は、どんどん人口が減少していく。一方で、65歳以上の年寄り人口は急増していく。超高齢化社会は本当にそこまで来ている。 「出生率を増やさねばならならない」と、今から少子化対策を頑張ったところで、今生まれた子供が老人を支えら...
人生・ライフスタイル

定年後に働く人の割合は60代後半で40%。年金だけで生活できないのね。

仮に65歳まで働くと考えれば、俺は一体何年間働くことになるのだろう。 大学を卒業して65歳まで働き続けるわけだから、65歳−23歳で42年となる。今まで生きてきた人生よりも長い年月だ。考えるだけで気が遠くなる。 しかし、42年間では...
人生・ライフスタイル

誕生日のサプライズプレゼントに対する妻の驚きの反応

少し昔の話になるが、妻の愛を感じる出来事があったので、その時のことを思い出して記録に残しておこうと思う。 それは妻の誕生日のことであった。まず、基本的に俺は妻にプレゼントを送る時はサプライズをしない。なぜなら、彼女が喜ぶプレゼントを選...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました