テンピュールや枕専門店で作った高い枕が体に合わない。結局安いバスタオルが一番!

1日24時間の内、6時間〜7時間は寝て過ごす。

つまり、人生の4分の1は寝て過ごしている。なので、俺はベッド・枕・掛け布団などへの投資を惜しまない。実際、社会人になってから購入したベットはそれなりの有名メーカーのものを買っている。購入価格はシングルベッドの時で10万円(メーカーはフランスベッド)、ダブルベッドには20万円(メーカーはキングスダウン)となけなしの金をはたき、上質な眠りのために投資を惜しまなかった。

また、掛け布団も高級羽毛布団を購入(ダウナとか言う大塚家具で売っていたもの)。確か金額は30万円近かった・・・。しかし、信じられない程の軽さと保温性を発揮。あまりにも軽すぎて布団をかけている感覚はほとんどなく、それでいてこの羽毛布団1枚あれば真冬でもとても暖かい。

ダブルベッドに20万円、羽毛布団に30万円の合計50万円を使ってしまったが、後悔などしておらず本当に満足している。

で、最後は枕だが、これだけはお金をつぎ込んだことを心底後悔している。

スポンサーリンク

枕の選び方を失敗した・・・

上質な眠りを得るためには、ベッド・掛け布団と同じように枕も重要なアイテムである。よって、当然のごとく俺は枕にもこだわった。まず、俺が買った枕はテンピュールのピロー(枕)だった。

低反発素材で凄く寝心地は良かった。金額は12,000円くらいかな?しかし、実際感じた寝心地の良さとは裏腹に、翌朝目覚めた時には肩から背中にかけて痛みが・・・。筋肉が凝り固まった時のような痛みである。マジ最悪・・・。

テンピュールのピローが原因だと確信していたが、12,000円もかけて購入したことで「勿体無い・・・」という心理が働き、1週間ほど我慢して使い続けた。その結果、肩から背中にかけての痛みは治まることがなく。泣く泣くテンピュールのピローはゴミ箱行きとなった。

枕は自分の体に合うものを選ばなければならない!

「枕の形や素材は様々。だからこそ、自分の体に合った枕を選ばなければならない!」そう考えた俺は自分で枕の選び方を勉強してみた。しかし、専用のツールとかを使わないとなかなか判断できない。

そこで、思い切って枕専門店へ行き、枕の専門家であるピローフィッターに選んでもらおうと考えた。多少お値段は高くなると思うが、体に合わない枕を無駄に買うよりはマシだと考えたのだ。

で、早速枕の専門店(ロフテー枕工房)へ行き新しい枕をゲット!なお、ロフテー枕工房のピローフィッターさんの対応は凄く親切&丁寧。納得行く枕選びが出来た。枕の値段は15,000円位だったかな。

自分の体に合わせた世界で一つだけの俺専用の枕。自宅で使ってみると、やっぱりいい!。体にフィットして気持ちいい!そして、気持ちよく目覚めると思いきや・・・・。やっぱり、肩から背中にかけて痛みがある。

あくまでも推測だが、枕とベッドがあっていないのだと思う。枕専門店「ロフテー枕工房」で色々と試した時に使ったのは固いベットだった。しかし、我が家のベッドはふかふかで柔らかいのだ。もちろん、自宅のベッドがやわらかめであることはピローフィッターさんに伝えていたのだが、俺の伝え方では正確に伝わらなかったということだろう。

俺にとっての最高の枕とは

ということで、有名メーカーの枕でもダメ。枕専門店で自分専用の枕を作ってもダメ。これでは、なけなしの金をはたいて買ったベッドと羽毛布団まで台無しである。自分の体に合った枕を手に入れることが出来ないだけで、俺は上質な睡眠を得ることが出来ないのである。

そして、枕難民となった俺がとった選択は枕をしないことだった。そして、初めて枕なしで寝た翌朝。なんと肩から背中にかけての筋肉の痛みがほとんど無くなったのである。これには驚いた。枕をしないなんて選択があることを考えていなかったからだ。一体、俺は何のために時間と金をかけて枕を探していたのやら・・・。

ただ、一つだけ問題があった。枕がないとどうしても寝苦しく、夜中に何度か目を覚ましてしまうのである。枕なしだと、頭が下がり過ぎて落ち着かないのである。

そこで実行した対策は、バスタオルを2枚使って枕代わりにすることだった。2枚重ねたバスタオルを2回折った時の厚さが調度良い高さになるのだ。そのバスタオルに頭を沈めた瞬間、頭の高さという意味ではとてもフィットしるのを感じた。但し、今まで購入した枕と比べると、高さ以外のフィット感は低い。低反発枕のように沈み込む感覚もないし、パイプ枕のように自分の頭の形に変形することもないからだ。

しかし、このバスタオル枕のおかげで夜中に目をさますことも無ければ、目覚めと同時に体に痛みを感じることも無くなった。

金額が高ければ良い物が手に入るってわけでもないね。