ダブルベッドに最適な掛け布団のサイズはセミダブルでしょ!

俺はベッドにこだわっている。

人生の4分の1は寝て過ごしているからね。しかも、離婚して一人暮らしをしている俺にとっては、平日の帰宅後、休日の昼間もベッドの上で過ごすことが多い。

一人暮らしの部屋は狭くてソファーが置けないから、ベッドをソファー代わりにしている。(本当はゆったりとしたふかふかのソファーが欲しいけど、俺はミニマリストだからベッドとソファー兼用でいいんだ!なんて自分を慰めている・・・)

さて、ベッドに相当のこだわりを持っている俺は、身分不相応なベッド&羽毛布団&枕を使っている。詳細は昔書いたブログで→テンピュールや枕専門店で作った高い枕が体に合わない。結局安いバスタオルが一番!

そのこだわりのおかげで購入金額が50万円を超えている。でも、既に10年位使っているし、これから先もしばらく使い続けるつもりだからいい買い物したと思うけどね。

さて、話は本題に入るが、先日ベッドカバー&布団カバーが同時に破れてしまったので買い替えた。カバーも10年使ったことになる。絶対耐久年数超えてるよね?カバーのお値段もかなり高かったけど、これだけ長く使えるんだったら高いの買ってて良かったと思う。

で、買い替えに際してベッドと羽毛布団のサイズを測って気が付いたのだが、ベッドはダブルサイズなのに羽毛布団はセミダブルサイズだったのだ。

でも、この組み合わせが最適だったんだよね。

スポンサーリンク

ダブルベッドに組み合わせる掛け布団のサイズは?

まず、一般的なサイズを確認しよう。生産国やメーカーによって若干サイズは異なるが、大体以下の様なサイズのはずだ。

【ベッドサイズ(縦×横)】

  • シングル・・・100×200
  • セミダブル・・・120×200
  • ダブル・・・140×200
  • クイーン・・・170×200
  • キング・・・180×200

【掛け布団のサイズ(縦×横)】

  • シングル・・・150×210
  • セミダブル・・・170×210
  • ダブル・・・190×210
  • クイーン・・・210×210
  • キング・・・230×230

ということで、通常はベッド(マットレス)よりも横幅で約50cm、縦幅で10〜30cm大きいサイズを掛け布団のサイズとして組み合わせる。

寝返りを打ったりするから余裕を持った大きさになってるんだね。

しかし、我が家の組み合わせは違った。我が家は、ダブルサイズのマットレスに対して、セミダブルサイズの掛け布団なのだ。

ネットで調べてこの組み合わせは間違いな気がした・・・

新しいカバーを買いに行くに際して、俺はメジャーでマットレスと羽毛布団のサイズを測った。もちろん、そのサイズを見て、このチグハグな組み合わせに気が付いたわけではない。

気が付いたのは無印良品にカバーを買いに行ったときだった。自宅で測ったサイズを確認しながら、ボックスシーツと掛ふとんカバーを選んでいた時に気が付いた。

無印良品でお気に入りのカラー・素材を選び、そしてダブルベッド用の物を手にし、サイズを比較するとマットレスはほぼピッタリのサイズなのだが、掛ふとんカバーのサイズが全く合わない。かなり大きいのだ。

俺が測ったサイズは「横幅170cm×長さ195cm」だが、無印良品で手にしたダブルベット用の掛けふとんカバーのサイズは「横幅190cm×長さ210cm」なのだ。横幅があまりにも違いすぎる・・・。

そこで、ダブルサイズではなくセミダブルサイズの掛ふとんカバーのサイズを見てみると、このサイズがほぼピッタリ。その時、「自分の羽毛布団のサイズ測り間違ったか?!」と自分の事を疑ってしまった。しかし、このままダブルサイズを買って帰る事に不安を覚えた俺は、スマホを使ってネット検索した。

結果、ダブルベット用の布団カバーは「横幅190cm×長さ210cm」と書いてある。やっぱり、俺が図り間違ったのだろうか?だとすれば、俺はこれを買って帰るべきなのか?と悩んだが、もし間違ってたら代えてもらえばいいわけだし、自分を信じてセミダブル用の掛けふとんカバーを買うことにした。

で、会計すべくレジへ向かったのだが、そこでも店員さんに「サイズお間違えないですか?ダブル用とセミダブル用ですが?」と念を押された。俺の不安はどんどん増すばかりだった(汗)

ワンサイズ小さな掛ふとんを選ぶ方が正解じゃん!

結論から言うと、俺が測ったサイズが正しかった。我が家はダブルサイズのマットレスにセミダブルサイズの羽毛布団を組み合わせていた。

そもそも、ベッドも羽毛布団も大塚家具で一緒に購入した。一人の店員さんが付きっきりで選んでくれたものだ。なのに、なぜ一般的な組み合わせではないのだろうか?

恐らく、横幅140cmのマットレスに横幅190cmの掛け布団は大き過ぎるのだ。どんだけ寝返りが激しい事を想定してるのだろう?まぁ〜、ダブルベッドということは2人で寝ることを想定しているからね。

どっちか一方が大きな寝返りを打ってももう一人から布団を奪わなくてもいいように、十分んあ余裕を持って作っているのだろう。しかし、それだけ横幅に差があれば掛ふとんはマットレスから大きくはみ出してしまう。そんなダブダブの状態である必要があるのだろうか?あまりにも差があり過ぎて、掛け布団がベッドから落ちてしまうこともあるのではないだろうか?

さらに、現在の我が家の間取りでは、ベッドを壁につけて設置している。両サイトが壁でなければ左右それぞれ25cmはみ出すだけだが、片方が壁についていれば、片方で50cmもはみ出ることになる。あまりにもはみ出し過ぎである。

よって、マットレスより30cm程度大きいサイズがちょうど良いと思う。

ちなみに、俺が買った無印良品の製品の価格はボックスシーツ3,900円、掛ふとんカバー4,500円の合計8400円だった。綿100%(オーガニックコットン100%)で肌触りも十分満足。

両方で15,000円〜20,000円の予算を想定していたので、だいぶお安い買い物が出来た。ちなみに、50%OFFになった商品もあったが、俺の部屋の雰囲気には合わなかったので、値引きされていない商品を選ばざるを得なかったが、50%OFFは本当にお得だと思う。

さて、この商品はどのくらいの期間持つかな。ま、安かったから3年から5年程度破れず使い続けられたら十分だね。