サラリーマンの昼食代は600円。これ以上お小遣い減らさないで!

「サラリーマンが昼食代に使う金額は平均600円」

お小遣いがどんどん減らされる時代ですからね。昼食代を節約しないとやってらんないんでしょうね。。。

今の日本はまだまだデフレ。まぁ〜、600円あればそこそこの昼飯が食える。実際、俺も昼食代に500円しか使わないこともよくあるし。。。

でもね。都会であれば、普通の定食で700円〜850円。それに安めの200円のコーヒー飲んだら900円〜1,050円なわけですよ。平均600円ではとてもじゃないけど、栄養のある昼飯を食べて、食後のコーヒーで一息つくなんて些細な幸せは叶えられない。

毎朝、満員電車に揺られ、夜遅くまで頑張っているサラリーマンの昼食代がたったの600円なんて悲しいではありませんか。また、サラリーマンの約30%はお弁当を持参しており、昼飯代を節約しているとのアンケート結果もあった。

ま、愛情たっぷりの愛妻弁当で喜んで持参しているならいいんですけど、前日の夕飯の残りとか、子供の食べ残しとか、ご飯に漬物だけのような質素な弁当だとするととても寂しい気持ちになっちゃいますね。。。

スポンサーリンク

しっかり食べて体力を付けよう!

取り敢えず、安くてお腹が膨れる昼飯なら何でもいい。味とか、栄養にはこだわらない。そんなサラリーマンもいるだろう。

しかし、当たり前だがサラリーマンも体が資本。栄養バランスの取れた食事をとって、健康体を維持する必要がある。

にも関わらず、昼食代が600円ってどういうことよ?マック、吉野家、すき家、なか卯、○○弁当とかなら600円でお腹いっぱいになるかもしれない。牛丼250円とかあるしね。でも、昼食の目的はあくまでも十分な栄養を取ることであって、お腹を満たすことではない。

もちろん、600円以下でも、栄養があり立派な昼食を食べることができるかもしれない。例えば、昔からある小さな定食屋さんだったら安くて美味しくて栄養があるご飯が食べれるだろう。

でも、どんな街にもそんな定食屋さんがあるわけではない。そう考えると、ちゃんとした昼食を食べるには 800円〜900円の予算が必要だと思う。

昼休みはリラックスタイム!

サラリーマンにとって、ランチタイム、お昼休みはリラックスタイムだ。午後の戦いに備えて、鋭気を養うための大切な時間だ。職場を離れて過ごすランチタイムは、午前中にためたストレスを発散するための貴重な時間なのだ。

  • おいしいランチを食べ、コーヒーを飲みながら、仕事を忘れてゆっくりとした時間を過ごす。
  • 同僚と一緒にご飯に行かず、貴重なお昼休みを自分のためだけに使う。小説を読んだり、スマホでゲームを楽しんだりして、完全に仕事を忘れてストレスを発散する。

俺たちサラリーマンは、一生懸命働いてるんだもん。少しくらい贅沢な時間を過ごしてもいいと思うんだよね。なのに、3割のサラリーマンがお弁当を持参し、そのまま職場で過ごしている。これじゃーストレス発散なんて無理。気分転換なんて全く出来やしないだろう。

ということで、このブログを読んでいる奥さん!

もし、あなたの旦那さんが昼食代を節約しているようであれば、お小遣いを増やしてあげてください。栄養のある食事をして、いつまでも元気にバリバリ仕事してもらったほうがお金はたまります。

また、節約のために毎朝早起きしてお弁当を作ってる奥様!あなたも大変なのは分かりますが、月に1日程度は1,000円札でも渡して外食をさせてあげてください。その1日の外食で、旦那さんはストレスを幾らかは発散することが出来るでしょうから。