コレステロールを1年で320から220へ下げた食生活!

1年前に受けた健康診断の結果で、俺のコレステロール値は320mg/dlを超えていた。

適正値は130mg/dl〜200mg/dlと言われているので、適正値よりも120mg/dl多いという異常値だ。要治療どころか薬物治療を受けなければならないレベルなのだ。

ま、一説によると300前後の方が長生きするという話もあるが、実際には良く分からない(過去の記事→総コレステロール値が300以上!でも高い方が長生きできるという説も)。いずれにせよ、流石にコレステロール値が300を超えているのは平均から考えるとあまりよろしくないので、この数年コレステロールを下げる対策を打ってきた。

しかし、卵や動物性脂肪を多く含む食べ物をいくら減らしても、定期的に運動をしても、コレステロールを下げる効果が高いと言われているアーモンドを10ヶ月以上食べ続けても全く下がらなかった(過去の記事→10ヶ月アーモンドを食べ続けたがコレステロールが下がらない・・・)。下がらないどころか、どんどんコレステロールは上がり続けた。

スポンサーリンク

コレステロールを下げる食べ物は納豆とトマトジュースだ!

俺のコレステロールが高くなり始めたのはいつからかは分からない。就職した時の入社前健康診断で初めてコレステロールを図り、その時に平均より高いことに気がついた。

それ以降、コレステロール値は右肩上がり。去年受診した健康診断でとうとう320に達してしまった。

医者にはコレステロール値を下げる薬を飲むことも勧められていたが、「まだ若いし、どうにかなるだろう」と思って、薬の処方は拒否してきた。

しかし、俺もいい歳になり自分の健康が気になってきたので、今年の健康診断で去年の数値を上まってしまったら諦めて薬を飲むつもりでいた。コレステロールを下げる薬って、一度飲みだすと一生飲み続けなければならないんだよね(と聞いたことがある気がする・・・)。副作用もあるって聞くので飲みたくは無かったけど、仕方ないと考えていた。

だけど・・・

諦めの悪い俺は、健康診断を受ける3ヶ月前にコレステロール低下薬を飲むことが怖くなり、最後の悪あがきをすることにした。(薬代が勿体無いと言う節約の観点もあるが・・・)

で、俺がやった最後の悪あがきが、毎晩納豆を食べ、トマトジュースを飲むことだった。

去年、アーモンドを10ヶ月食べ続けても全くコレステロールが下がらなかったので、食事でどうにかなるものではないと思っていた。しかし、本当に最期の悪あがきとして、コレステロールを下げる効果があると言われる「納豆」と「トマトジュース」に賭けてみることにしたのだ。

ちなみに、トマトジュースの飲み方は一工夫した。トマトジュースのリコピンを効率よく吸収するために、オリーブオイルをひとさじ加え電子レンジでチンして温めて飲んだのだ。なお、値段とリコピンの含有量を比較し、一番コストパフォーマンスの良い伊藤園の「完熟トマトの美味しさ 熟トマト」にした。もちろん、砂糖・食塩不使用の健康的なトマトジュースだ。

ということで、この食事を3ヶ月続けて健康診断を受けた結果、俺のコレステロール値は320から220まで下がったのだ。あと少しで適正値に入るまで回復したのだ。

前述したが、コレステロールが高い方が長生きするという説もあるため、これ以上下げる気はない。しかし、今後も納豆とトマトジュースを定期的に摂取していこうと思う。