足が臭い時の対策。靴下にも気を配るのがポイントだった!

俺の足って結構臭うんだよね。毎日夕方になると、自分で分かるくら自分の足が臭くなっている。しかも、若い時と比較して年々臭くなっている気がする。

ま、朝から晩まで革靴履きっぱなしだから仕方ないと思うけど、このまま放置してれば臭いのが原因で嫌われる周りのおじさんみたいになってしまう。「仕方ないから・・・」で放置している訳にはいかない。俺の目標はダンディーなおじさんになることなのだ。

ということで、この嫌な足の臭いどうにかならないものだろうか?と長年考えてきたが、やっと効果がある対策が見つかった。

スポンサーリンク

足の臭いの原因と対策

そもそも、なぜ足が臭くなるのか?その原因は、細菌・雑菌の繁殖だ。足の汗や角質を栄養に細菌・雑菌が繁殖する際にあの嫌な匂いを生み出す。

では、どうすればいいのか?足のニオイを消すためには何をすればよいのか?

嫌な匂いの原因である、「雑菌」「汗(湿気)」「角質」のいずれかを除外してしまえば良い。ってことで、いろんなことを試した。

雑菌を除外するために、毎朝足を洗ったり、足のニオイ対策の殺菌クリームや消臭クリーム塗った。

汗や湿気を除外するために、革靴を2足から4足に増やした。そうすることで、完全に乾燥した状態で靴を履くようにした。

角質については、アカスリを使って足を念入りに洗い、無駄な角質をとる努力しをした。足の指と指の間や足の爪の間もしっかりと洗った。

結果・・・、多少足の臭いが弱くなった気はするが、やっぱり気になるレベルの臭いは発していた。残念ながら、満足行く程の対策とはならなかった。でも、これ以上の対策は思いつかず、しばらくこれらの対策で我慢していた。

臭いが気にならなかった日

しかし、ある日、足の臭いが全く気にならない日が訪れた。家に帰り、靴下の臭いを嗅いでみたが、ほとんど臭わない。驚きだった。

この日、足が臭くならなかった理由。それは、新品の靴下だ。いつもと違うことといえば、それくらいしか思いつかなかった。そこで俺は、全ての靴下を新品に買い替えた。

その結果、足の嫌な臭いはほぼ解決した。と、思ったが新品の靴下も効果を発揮したのは2回目まで。靴下をおろして3回目にはいつもの自分でも気になるレベルの嫌な臭いを発するようになっていた。

しかし、これでやっと分かった。足と革靴だけ対策しても意味が無い。靴下にもなにかしらの対策を施さなければならないのだ。恐らく、靴下に足の臭いの原因菌が残っていたのだろう。だから、足を洗い、殺菌クリームを塗っても効果が薄かったと思われる。靴下に付いている原因菌が繁殖するから。

ということで、一番良い足の臭い対策は、靴下を使い捨てにすることだ。毎日新品の靴下を履けば足の臭いを劇的に抑えることが出来るだろう。ただし、これには大きな問題がある。俺にはそんな資金力がない。。。

ってか、靴下を使い捨てにするなんて勿体無いし、環境に優しくない。

対策には衣料用漂白剤を使おう!

そこで、俺は考えた。靴下から足の臭いの原因菌を完全に取り除くためにはどうすれば良いのだろう?と。初めは、靴下を煮沸消毒してやる!と馬鹿なことも考えたが、以下の2点に落ち着いた。

まず、衣料用漂白剤で付け置き消毒をすることだ。衣料用漂白剤とは「ハイター」「ブリーチ」「アリエール」「ブライト」など。これらを使って、30分〜1時間つけ置き漂白すれば雑菌を消し去ることが出来る。なお、つけおきする際は水ではなくお湯が効果的だ。

次に、天気の良い日に日光にしっかり当てて干すことだ。決して日陰干しや部屋干しをしてはならない。いくらつけ置き漂白をしたからといっても、雑菌は完全に死滅してはいない。奴らは意外としぶといのだ。

よって、日光に当てることで紫外線による殺菌でダメ押ししてやるのだ。また、日光に当てることで乾燥も早い。奴らは湿気を好むからなるべく早く乾燥させることで、雑菌の繁殖を防ぐのだ。

以上、衣料用漂白剤でのつけ置き漂白と日光干しにより、毎日使う靴下から雑菌を可能な限り排除することが非常に重要であり、足の臭い対策に効果的だ。

最後に、靴下だが消臭・抗菌対策が施されているものや5本指の靴下を選ぶのが良い。「3足1,000円!」のような安物ではなくちゃんとした物を選ぼう。靴下は毎日使うものだから数百円をケチっても仕方がない。安物の靴下を使うのも足が臭くなる原因なのだ。