どうしても夜更かししてしまう。朝起きると眠くて今夜は早く寝ようと思うのに・・・

毎朝必ず思うことがある。

「あぁ〜、眠たい。もっと寝ていたい。なんで昨日は早く寝なかったんだろう。夜更かしなんてせずに、もっと早く寝れば良かった。今夜は絶対早く寝るぞ!」

毎朝、夜更かししてしまったことを後悔し、そして今夜こそは夜更かしせずに早く寝ようと決意する。ほぼ毎日ね。。。

しかし、そんな決意も数時間後には忘れてしまい、結局無意味についつい夜更かししてしまう。なんて、いいながらブログを書いている今日もこのまま夜更かししてしまうのだろう。

スポンサーリンク

なぜ夜更かしをやめられないのか?その理由は?

毎朝、夜更かししたことを後悔するのに、なぜ夜になるとどうしても夜更かししてしまうのだろうか?

その理由は、夜になると眠くないから。だから、ついつい夜更かししてしまう。夜眠ければ夜更かしなんてせず、帰宅してのんびりしていればいつの間にか寝ちゃってるからね。

実際、凄く疲れている時は、寝るつもりもないのにいつの間にか寝てしまっている事がある。意図していないが、結果として早寝している事があるのだ。

と、自分では思うのだが、「夜更かし 理由」「どうしても夜更かししてしまう」というワードでネットを検索してみると違う理由もたくさん出てきた。

  • 日中にやりたいことができず、夜にやりたいことをやっているから。
  • 深夜番組が面白いから。
  • ネットサーフィン、YouTube、音楽鑑賞が楽しいから。
  • 今日に満足していない人が夜更かしをする。充実を取り戻そうとして夜更かしをしている。
  • ストレスが溜まり、心理状態が不安定だから。ストレスを感じて眠くなくなっている。

つまり、「充実した日を送れなかった人が、夜の時間を楽しく過ごすことで無理矢理充実した日だったことにしようとしている」ということだったり、「充実した1日を送れなかったことでストレスが溜まり、眠気がなくなっていたりする」というこことが夜更かしの理由だってことだね。

夜更かしは悪いことなのか?

夜更かしすると睡眠時間が短くなるわけであり、翌日スッキリと起きれない。こんな状態であれば明らかに健康に悪いといえる。

しかし、夜更かしをせずに早く寝たらどうだろうか?翌日の朝、必ず気持ちよくスッキリと起きれるのだろうか?

気持ちよく起きれることもあるが、早く寝た翌日の朝も結局眠いということは無いだろうか?俺はどれだけ早い時間に寝ても、結局翌朝とても眠いということが結構ある。4時間の睡眠時間でも眠いし、8時間寝てもまだ眠いということがほとんどだ。

そんな時はこう思ってしまう。

「早く寝ずに、夜更かしして楽しめば良かった・・・」

夜更かししても後悔するし、早く寝ても後悔してしまう。であれば、夜更かしした時間を有意義に過ごし、少しでも楽しい時間を過ごすほうが得策ではないだろうか?

「どうしても夜更かししてしまう。なぜなんだろう?何か理由があるのだろうか?」と思って色々調べたり、考えたりしてみたが、結局本気で早く寝ようなんて思ってないんだな。俺は。

健康に支障が出るほど睡眠時間が短くなり、体が疲れているなら、夜更かししたくても出来ずに、いつの間にか寝てしまうこともあるわけだし、夜更かしできる時は夜更かしして一人の夜を楽しむとするかな。

明日の朝も、「あぁ〜、眠たい!夜更かししなきゃ良かった」と後悔するんだろうな。人って愚かな生き物だな。