暴飲暴食(飲み過ぎ・食べ過ぎ)で胃腸の調子が悪い。胃腸を休めリセットする方法は?

年末年始、正月、お盆、ゴールデンウィークなどの連休には必ず後悔してしまう。それが飲み過ぎ、食べ過ぎ、不規則な食事といった暴飲暴食だ。

連休という開放感と、何もやることがないことから来る暴飲暴食。暇だからついつい食べ物、飲み物に手が出てしまう。お腹が空いているわけでもないのに、食べ続けてしまう。

その結果、胃腸に負担をかけてしまい、調子が悪くなってしまう。

毎年後悔するんだけど、毎年繰り返してしまうんだよね。。。

この暴飲暴食(食べ過ぎ・飲み過ぎ)による胃腸の不調。疲れきった胃腸を休め、リセットするためにはどうすればよいのだろうか?

スポンサーリンク

暴飲暴食で胃腸に何が起きる?不調の症状は?

常に食べ続けていると、胃腸はずっと消化するために動き続けなければならない。その結果、胃腸も疲れて動きが悪くなり、食べ物を上手く消化できなくなる。

また、胃酸も多く出るため下手すると胃の粘膜を痛めることになる。

そして、胃もたれ、膨満感、胸やけ、胃の痛み、吐き気、食欲不振などの症状が現れる。これらの症状が出てくるということはかなりの黄色信号。ってか赤信号だね。

「何だか胃の調子が悪いなぁ〜」と感じ始めた瞬間に食べ続けたり飲み続ける事をやめればいいんだけど、胃もたれ、膨満感、胸やけ程度だとなかなかやめられないだよな。。。意思が弱すぎる。

胃腸を休め、リセットする方法

自分の意志の弱さ、自堕落な生活を反省するだけでは、胃腸の調子は回復しない。具体的に、どのような対策を取れば胃腸を休め、リセットすることができるのだろうか?

プチ断食で胃腸をリセットする方法!

すぐに思い付く方法はプチ断食によるリセット方法。

胃腸を常に働かせいるわけだから、プチ断食をして胃腸を完全に休ませてあげれば調子がよくなるはず。

丸1日断食する必要はなく、18時間程度のプチ断食で効果はあるらしい。

また、胃腸を休めるだけでなくダイエットにも良いらしい。取り過ぎたカロリーが脂肪になる前に消費してしまうことができるらしい。

消化に良く胃腸に優しい食事で胃腸をリセットする方法!

プチ断食と言っても18時間も何も食べないのは結構つらい・・・。という場合には、消化に良く、弱った胃腸の回復を助ける食事を心がけることで、胃腸の回復を早める事ができる。

消化に良く、胃腸の回復を助ける食事・食材とは・・・

  • 果物
    リンゴやバナナが良いらしい。みかんやオレンジ等の柑橘類は割けたほうが良い。
  • 野菜
    一番いいのはキャベツ。キャベツにはビタミンUという胃腸薬にも使われる栄養素が含まれているので胃腸の回復を手助けしてくれる。大根やほうれん草もおすすめ。避けた方が良い野菜は食物繊維が多い根菜類。食物繊維は消化に良くないので胃腸に負担をかけてしまう。
  • おかゆやうどんなどの消化に良い食事
  • ゼリーやカロリーメイト

食べ方、食べるタイミング、食べる量にも注意を!

いくら消化によく、胃に優しい食事を取っても、量を食べ過ぎてしまえば意味がない。

少量を良く噛んでゆっくりと食べることで、消化を助けることになるし、満腹感も得ることができる。

また、食前食後の運動は避けるべきだし、食べてすぐに入浴するのもNG。また、寝る前3時間は食事を取らない方が良い。

連休明けに暴飲暴食(食べ過ぎ・飲み過ぎ)による胃腸のダメージを引きづらないために、連休が明ける2日前には胃腸を回復する食生活を徹底しよう!