手足のしびれはストレスが原因?!俺の体がSOSのサインを出してるよ・・・

最近、手足がしびれる。

しびれを感じるようになったのは、仕事が忙しくなってしばらくしてからだと思う。与えられる仕事の量が俺のキャパを超え、自分でコントロールできなくなって来たのが切っ掛けだと思う。仕事を期日通りに終えることができなくなって来たのが原因だと思う。

つまり、仕事のストレスが手足のしびれを引き起こしていると思われる。もしくは、何かの病気になったのか・・・。いずれにせよ、俺の体がSOSのサインを出し、悲鳴を上げているのは間違いない。

スポンサーリンク

しびれの症状

足よりも手というか腕のしびれが激しい。具体的に言うと、肘の下あたりから手の甲にかけてしびれを感じ、「じ〜ん」とした感じで痛みはない。

しびれがすごく気になっていたものの、痛みがないから様子を見ていた。正直に言うと、「ちょっと疲れているのが原因だろう。一日休めばすぐに治るだろう」と軽く考えていた。

しかし、このしびれも一ヶ月以上続いている。いっこうに治る気配がない。なので、ちょっと心配になりググってみた。

原因と考えられる病気

しびれに関して調べてみると様々な原因が出てきた。

  • 神経障害が原因のしびれ
  • 血流障害が原因のしびれ
  • 運動麻痺が原因のしびれ
  • etc・・・

しかし、いずれも俺の症状には当てはまらない。つまり、病気が原因ではないと考えられる。ま、病気が初期状況であることから、これらの症状に当てはまらないと思い込んでいる可能性もゼロじゃないけど。。。

しびれを感じるタイミングなど・・・

病気が原因ではないようなので、手足のしびれを観察してみた。するとひとつの共通点がありました。想定通りなのだが、それは強いストレス・不安を感じた時だ。

仕事の期日が間に合わず焦っている時、仕事で悩んだ時、休みの日でも仕事のことを考えた時などに、手足にしびれを感じていることが分かった。

認めたくはないが、体が不調を起こすほどのストレスを感じていると認めざるを得ない。冷静に考えてみると、十数年の会社人生において、最もプレッシャーを感じながら仕事をしている。

まさか、自分がストレスでヤバイ状態になりつつあるとは驚いた。

手足のしびれはうつ病の症状!?

この手足のしびれ、もしかするとうつ病の症状かもしれない。なぜなら、「うつ病の症状」って検索ワードを入れてみたら、「手足のしびれ」って関連ワードが出てきてしまう。

やっぱり、この手足のしびれは体が発しているSOSなのかもしれない。落ち着いて自分の現状を見なおしてみると、体からのSOSと認めざるを得ない。そんな俺の現状とは・・・。

  • 仕事で大きなプレッシャーとストレスを感じているのは事実。
  • 毎日、朝が憂鬱でぐったりしている。
  • 朝起きると、汗ぐっしょりになっている事がある。
  • 毎晩、明日が来るのが怖いと思う。
  • 嫁や同僚から、「以前よりも笑わなくなった」と言われる。
  • 明日会社に行かなくて良ければ、本気でいきたいくないと思ってる。

これだけの自覚症状があれば、体のSOSなんて生ぬるい状況ではなく、「うつ病予備軍」と言っても過言ではないかもしれない。本気で体のことを考えて、改善策を実行せねばならない。

うつ病対策開始!

俺らサラリーマンは体が資本だ。体を壊して働けなくなれば、会社にすぐ捨てられてしまう。そうなれば、お金が稼げなくなる。

俺は仕事をするために生きているわけではなく、生きるために仕事をしているのだ。また、体を壊すほど会社のために身を粉にして働いても、会社は俺に何もしてくれない。使い捨てされるだけだ。

だとすると、体を壊す程働くなんて全く意味が無い。健康を害してまで働くなんて本末転倒なのだ。

俺は、体が悲鳴を上げるまで働いたのだ。体の悲鳴を聞かないふりをして働き続ける理由は何もない。また、「無理なものは無理」とはっきり言えば、誰もが理解してくれるだろう。なぜなら、俺はサボっていないし、人の何倍も頑張って働いてきたのだ。

もし、上司が仕事の量をセーブしてくれないのであれば、大きな声をあげて上司の上司に訴えよう。失敗すれば、地方に飛ばされるかもしれない。でも、それでいい。このまま過酷な労働を続けて体を壊すよりよっぽどマシだ。

俺が行ううつ病対策は、ズバリ「諦める」ことである。ムリなものはムリと諦めよう。そう考えると、何だか気持ちが楽になってきた気がする。

さて、明日上司に相談しよう。きっと分かってくれるはず。