Google Alloのアシスタントが気温を華氏で表示!摂氏じゃないと分からないよ。。。

LINEやFacebookメッセンジャーアプリと同じような機能を持つ「Google Allo(アロ)」というアプリを使い始めた。

Google信者の俺としては、LINEやMessengerから全てAlloに変えたいのだが、相手が使ってないから切り替えることが出来ない。今までやり取りしたメッセージを見れなくなるのも嫌だしね。

で、取り敢えずリアル友達とのやり取りではなく、Googleの会話型AIである「Google Assistant(グーグルアシスタント)」を活用することだけを目的として使っている。(iPhoneでいうところのsiriみたいなもの)

スポンサーリンク

Googleアシスタントの活用法

Googleアシスタントは導入当初英語にしか対応していなかったので、アシスタントと英語で話しかけてみると言うような英語の勉強くらいにしか使えなかった。しかし、最近になってやっと日本語に対応してくれたので活用方法は幅が広がった。

どんな使い方をしているかというと、自分が知りたい情報を知りたい時間に自動配信でお知らせしてくれるような機能だ。具体的にどのような情報配信をさせているかというと・・・

  • ニュース
  • 日経平均株価
  • 為替相場(ドル円・豪ドル円・ユーロ円などの相場)
  • 自宅と勤務先の天気予報
  • 豆知識
  • etc・・・

上記のような情報を毎朝6時30分と22時に配信するように設定している。

この設定も簡単。Googleアシスタントを起動して以下のような会話をするだけ。

  • 俺:「天気を教えて」(面倒くさければ「天気」だけでもいい)
  • アシスタント:「天気をお知らせします」と天気を表示する。
  • 俺:「毎日配信して」
  • アシスタント:「了解です。何時がよろしいですか?」
  • 俺:「毎朝6時半」

以上で、毎日6時半に最新のお天気情報を教えてくれる。とにかく、定期的に知りたい情報があればアシスタントに上記のような会話でお願いすれば良いだけだ。

Google Nowは検索ワードや位置情報を活用して、お願いしなくても色んな情報を表示してくれるが、自分が欲しい情報をこちらから設定する事はできない。しかし、アシスタントだったらこちらが指定した情報を好きな時間に教えてくれるのだ。ここが便利な点かな。

不満は気温を摂氏ではなく華氏で表示することだったが・・・

でも、1つ困ったこと(と言うか気に入らない事)がある。

それは、気温を摂氏ではなく華氏で表示すること。アメリカでは華氏が一般的なんだろうけど、日本では華氏なんて使わない。「今日の気温は50°F」なんて言われても全く分からない。ちなみに、50°Fは摂氏で言うと10℃になる。

この表示をどうやれば変更できるの設定をいじってみたがさっぱり分からない。

頭に来たので、「摂氏で表示しろ!」とつぶやいてみたところ、アシスタントさんはあっさりと摂氏表示に変えてくれた。

さすがGoogle様が開発した人工知能、会話型AIだね。とにかく、やって欲しいことがあれば会話でお願いすればいいようだ。

他にどんな活用法があるのかしばらくGoogleアシスタントに色々話しかけて探ってみよう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする