フレッツ光を解約してスマホのテザリングに一本化してみる!

先日、夫婦揃ってスマホを機種変更した。それに伴って通信回線はFOMAからXi(クロッシィ)に変更となった。で、この機種変更がきっかけとなり、いろいろあって自宅のインターネット回線であるフレッツ光を解約。自宅のPCやタブレット(iPad)でインターネットをする時もスマホのテザリング(Xperia経由)を利用することにした。

つまり、自宅でも外出先でも、インターネットは全てドコモのスマホ経由。インターネットを楽しむために沢山の契約があったが、それを一本化したのだ。

スマホの機種変更が、なぜフレッツ光の解約につながり、テザリング一本によるインターネット生活へとつながったのか?その経緯と今のところの評価・感想を残しておく。

スポンサーリンク

FOMAからXiに変えて困ったことが発生

FOMAの時は、どれだけパケットを使用しても通信速度が制限されるなんてことはなかった。しかし、今回のXiの契約ではパケット使用量(データ使用量)に制限がある。

契約したデータ量を超えた場合、通信制限により通信自体ができなくなることはないが、とてつもなくスピードが遅くなる。遅くなった時の通信速度は、送受信時最大128kbpsだ。

128kbpsといわれてもピンと来ないが、ネットサーフィンにかなりのストレスを感じるほどの遅さ。10年以上前のインターネットのスピードじゃなかな・・・。

で、この料金設定に納得がいかなかったものの、スマホを機種変更するのであれば、この料金形態を選ぶしかない。よって、仕方なくデータ使用量に制限がある新しい料金プランを受け入れた。

俺たち夫婦が選択したデータプランはパケットパックの「データSパック」だ。月3,500円で月間2GB使える。これは、料金プランの中で一番安く、使えるデータ量が少ないプランだ。なぜこれを選んだかというと、直近3ヶ月のデータ使用量を見ると1.5GBから2GBしか使っていなかったからだ。俺たち夫婦は、自宅にいる時はスマホの通信をフレッツ光にWi-Fiで繋いで使っているので、スマホの回線を使ってそれ程大量のデータ送受信を行っていなかったのだ。

ということで、2ギガバイトプランであるデータSパックで契約を済ませたものの、数日経って問題に気がついた。それは、旅行に行った時だ。俺たち夫婦の趣味は旅行。近場だったり遠出だったりするのだが、旅行に行った際には、行く先々で有名な観光地、おいしい飲食店を探すためにネットをフル活用する。また、地図アプリもフル活用する。こうなると、2Gでは絶対に足りなくなるのだ。

2GBの契約をしたのは判断ミスだった。。。。ということで、パケットプランを変更しようと考えたのだが、ここでまた問題が発生した。ドコモの新料金プラン「パケあえる」を使って夫婦二人でパケットをシェアしようと思ったのだが、一番安いプランでも10GBで9,500円もかかるのだ・・・。これでは高過ぎる。

通信費節約の検討を開始!

 つまり、我が家の通信費は以下のように高額になる。

  1. 自宅のインターネット回線(フレッツ光&プロバイダー料金)で約4,500円(マンションプランなので一軒家に比べるとかなり安いけど・・・)
  2. 夫婦二人のスマホ料金は合計約16,000円。

上記2つを合わせると20,500円だ。年収が下がり、物価が上がるこのご時世で通信費に2万円超えは納得がいかない。ということで、通信費の見直しを行うことにした。

まず、困っている事をまとめると・・・。

  1. スマホの月間データ使用量が2ギガでは足りない。
  2. 自宅のフレッツ光とスマホを合わせると2万円と高額。

解決策は・・・

  1. スマホのパケットプランの変更。現在、夫婦それぞれ2GB使える「データSパック」だが、最低5GB使える「データMパック」に変更するか、夫婦二人で10GBを分け合える「シェアパック10」にする。
  2. 上記1の解決のため、スマホのデータ通信料金が増えるため、自宅のフレッツ光を解約する。

よって、この解決策で通信費がいくら節約になるのか考えてみる。ドコモ割等も考えて正確な金額をはじき出す。

  1. スマホの料金
    ・現状・・・12,400円
    ・データMパック・・・15,200円(現状+2,800円)
    ・シェアパック10・・・15,000円(現状+2,600円)
    ※ということで、選んだ料金プランは「シェアパック10」だ。
  2. 自宅のフレッツ光を解約する
    ・現状・・・4,500円
    ・解約後・・・0円

微々たるものだが、毎月1,900円、年間22,800円の節約となる。

ちなみに、モバイルWi-Fiの導入も考えてみた。「Broad WiMAX」「WiMAX」「ワイモバイル」などだ。しかし、通信制限が無いのは「WiMAX」だけなので、比較検討すると選択肢は「WiMAX」しかなくなる。ググって調べてみた結果、「UQ WiMAX」の評価は大体良いが、住んでいる場所によっては自宅での電波状況が不安定というあまりよろしくない評判もある・・。なかには、全く使い物にならず、解約するはめになったという悪い評判も合った。さらに、数年後にはWiMAXも通信制限を設けるという情報もあった。

ってことで、今回、モバイルWi-Fiの導入も比較検討したが、諦める事にした。

テザリング一本で問題ないのか?

ぶっちゃけ不安だ。YouTube等で動画を見まくればあっと言う間に10ギガバイトなんて消費してしまうだろうから・・・。でも、見なければ良いのだ。おもしろ動画なんて見なくても別に死にはしない。

また、旅行に行った時には沢山写真を撮る。その写真はインターネットを使って現像を依頼するが、大量の写真のアップロードをすればかなりのデータ量を消費してしまうだろう。でも、スタバとかファミレスとかでドコモのWi-Fiを使えば解決出来る。

ということで、自宅のブロードバンド回線を使わずに、スマートフォン(Xperia)のテザリングに一本化するのは正直不安があるが解決する方法もある。

また、この一週間、データ量を気にしながら生活しているが、無駄にスマホやiPadを見ることをしなくなった。ちょっと暇だからと意味もなくネットサーフィンをすることが無くなったのだ。そのお陰で、嫁との会話も増えたし、筋トレもするようになったし、情報のインプットではなくアウトプットもするようになった(つまり、物思うにふけたり、一日の出来事を振り替えるよういなった)。

限りある時間を有意義に過ごすようになったと言っても過言ではないだろう。

あと、効果は定かではないし、何かを実感したわけでも無いが、健康にもいいと思う。電磁波を浴びる時間も短くなっただろうし、暇さえあればディスプレイを見るなんてことが無くなったから眼精疲労も軽減されるだろうし、ブルーライトを浴びないから寝付きも良くなっているだろうし。

さて、この状態で数ヶ月過ごしてみるつもりだが、もし、10GBでは全然足りないような状況になれば、解約したフレッツ光を再契約しなければならない。そうなると、無駄な工事費とか払わなければならない。そうなると凹むなぁ〜。

テザリングへの一本化対応がうまくいくことを祈る!