大人の趣味としてコーヒーを楽しむ。実用的な趣味として最高だね!

趣味がなくて悩んでたけど、よく考えたら多趣味だった俺(→詳しくはこちらの記事)が、またまた趣味を増やすことにした。自宅でちょっとした時間がある時に出来る「素敵で大人の趣味」だ。

その趣味とは「コーヒー」だ。

もともとコーヒーは好きなので、インスタントコーヒーではあるが多少高いお金を出してもおいしいインスタントコーヒーを選び味わっていた。しかし、「コーヒーを入れる」という行為自体を楽しもうなんて考えは全くなく、とにかく飲むことだけを楽しんでいた。

しかし、先日、ある事を切っ掛けにコーヒー豆を自分で挽き、自分好みの味・香りのコーヒーを楽しむということに凄く興味を持ってしまったのだ。

スポンサーリンク

コーヒーを趣味にしようと思った切っ掛け

コーヒーが好きな俺は、基本的に毎日コーヒーを飲む。朝と夜は自宅で必ず飲むので、1日に2杯〜4杯飲んでいる。

ちなみに、缶コーヒーは嫌いなのでほとんど飲まない。ブラックコーヒー以外は甘すぎて飲めたものではないし、ブラックコーヒーは苦味や渋味が好みではないからだ。なぜ美味しい缶コーヒーがこの世に存在しないのか不思議でしょうがない・・・。インスタントコーヒー並みのブラックコーヒーや甘さを極限まで抑えたカフェラテが缶コーヒーで発売されたら飛ぶように売れると思うのだなんで作らないんだろう?

さて、話を戻そう。俺は、毎日コーヒーを飲むのが習慣になっているわけだが、ある日の夜にインスタントコーヒーを切らしてしまったのだ。で、仕方なく近くのセブン-イレブンへ買いに行ったのだが、いつも買うインスタントコーヒーが置いていなかった。いつもと違うインスタントコーヒーを試すのもいいかなぁ〜とも思ったが、もし嫌いな味だったら嫌だったので、最近社会現象になっている100円コーヒーを試してみることにした。

これが、第1の切っ掛けだ。100円コーヒーを入れる時、機械でコーヒー豆を挽くところから始まるのだが、とてもいい香りがするのだ。「コーヒー豆を挽くとこれ程いい匂いがするか!!」と驚くとともに、とてもリラックス出来たのだ。しかも、100円とは思えないほどおいしいではないか!!ぶっちゃけ、俺がこだわりにこだわって選んだインスタントコーヒーよりもセブン-イレブンの100円コーヒーの方がはるかにおいしい。

「こんなに美味しいコーヒーを毎日飲みたい」とう思ったのが、第1の切っ掛けだった。

第2の切っ掛けは次の日の朝に訪れた。セブン-イレブンの100円コーヒーの味が忘れられなかった俺は、数カ月前におみやげで貰って使っていなかったコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れることにしたのだ。すでに粉になったコーヒーだから豆を挽くて必要はないが、ペーパーフィルターを使ってドリップしなければならない手間暇が面倒臭くて今まで使っていなかったのだ。

幸いにもコーヒードリッパーとペーパフィルターがあったので、早速そのコーヒー豆を使ってコーヒーを入れてみた。すると、コーヒー豆にお湯をかけた瞬間、セブン-イレブンの100円コーヒーが入るのを待っている時と同じようないい香りが広がったのだ!!そして、その香りを嗅いでいるだけでとても幸せな気分になり、とても心が落ち着いた。

今まで「面倒臭いだろう」と思っていた、「コーヒーを淹れる」という行為を楽しむことが出来たのだ。しかも、こうして淹れたコーヒーはインスタントコーヒーと比較して香りがよくおいしい。

コーヒー豆はコストも安い

さて、こうして「コーヒーを淹れる行為」と「コーヒーの香り」を楽しむ事を覚えた俺はインスタントコーヒー派を止め、ドリップコーヒー派になる事を決意した。

しかし、コーヒーを飲むのは毎日のことである。「ドリップコーヒーってコスト的に高くないのだろうか?」と節約主婦的な考えが頭を駆け巡った。結論からいうと、インスタントコーヒーより高くつくが、スターバックスやタリーズコーヒーに行く回数を月に数回減らせば、すぐに取り戻せるくらいのコストであり、大したことはない。

さらに、コーヒー豆を挽いて淹れるのには多少時間がかかる。よって、全てのコーヒーをドリップコーヒーにするわけにはいかない。短時間でさっと入れて、一気に飲みたい時だってある。特に、寝坊した朝なんかはそうだ。そんな時に、豆なんて挽いている時間はないからね。こんな時はインスタントコーヒーに限る。

よって、毎日の夕食後と休日は、多少高コストだがドリップコーヒーを楽しみ、それ以外の比較的時間がない時は今までどおり、低コストのインスタントコーヒーを飲むことにする。

珈琲を趣味にするメリット

珈琲の香りはリラックスした時にだけ現れる脳波である「アルファー波」を引き出す効果がある。また、がんの抑制効果、ダイエット効果があるとも言われており、健康上のメリットは多い。それ以外にも、美味しい珈琲を淹れると嫁が喜んでくれるという、家庭円満の効果も高いことは実体験として実証済みだ!

コーヒーを趣味とする為には、コーヒーミルを始めとする道具を揃える必要があるが、そのイニシャルコストは1万円程度であり、お小遣い制の俺でも購入可能な金額だ。ランニングコストもコーヒー豆とペーパーフィルターだけであり、コーヒー豆に極端にこだわりさえしなければ、大した金額にはならない。

お金のかからない実用的な大人の趣味としてコーヒーは最適だ!飽きずに続けていきたいと思う。

コメント

  1. カナヤマ より:

    コーヒーを趣味にするって、カッコいいしオシャレな感じがしますね。
    僕もコーヒーは好きで、最近はコンビニのコーヒーを飲んでます。
    結構おいしいですよね。
    缶コーヒー飲む頻度がすごく減りました。
    コンビニコーヒーがあるので、缶を買うメリットがすごく少なくなってしまったようで・・・。
    やっぱり美味しいほうにいってしまいますね。