もうこんな生活もう嫌だ!って思うだけで何もしない俺へ。

「こんな生活もう嫌だ」

誰でも一度や二度は思う当たり前の感情だろう。俺は、昔から定期的に「もうこんな生活嫌だ」と思ってる。社会人になってから特に頻繁にそう思うようになった。そして、最近そう思う頻度が多くなった。

スポンサーリンク

不満を抱くが何もしない俺。

「こんな生活もう嫌だ」と頻繁に思う。そして憂鬱になる。しかし、何か対策を打とうとしているわけではない。

一度しかない人生に不満を抱えているにも関わらず、その不満を解決しようなんて全く考えていない。ただひたすら「こんな生活もう嫌だ」と不満を持つだけだ。

俺は、不満を抱いているのになぜ何にもしないんだろう?不満を解決しようとなぜ考えないんだろう?自分のことながら、冷静に考えると理解できない行動だよね。

なぜ人生を変える為の行動を起こさない?

「こんな生活、こんな人生、マジでつまらない。もう嫌だ」

そう思っている一方で「この辛い人生、いつかマシになるだろう」。そんな何の根拠もない考えと言うか根拠のない自信をなんとなく持っている。この根拠のない自信のせいで、何度も嫌になっている今の生活・今の人生に対して、改善策を考えることをやめている。いわゆる思考停止状態だ。

なぜ思考停止している?

原因は色々あると思う。でも、一番の原因は不満はあるけどそれなりに不自由なく生きてるからだと思う。

嫌だ嫌だと言いながら、そんなに嫌じゃないんだと思う。本気で嫌がっていないんだろう。

本当に嫌だったら、何かしら行動起こすでしょ。一度しか無い人生、もっと楽しく生きる為に必死で考えるでしょ。不満のある今の生活・人生を脱出し、少しでも理想に近づく方法をかんがえるでしょ。

自分の気持ちを客観的に考える機会を持とう

以上、俺は自分で思うほど悪い生活・人生を送っているわけではなさそうだ。しかし、最近自分の生活に対し頻繁に不満を覚えるのは事実である。このまま悪化すれば、いつか自分の人生に後悔する時が来るだろう。

「こんな生活もう嫌だ」

この思いの本気度をしっかりと把握し、一定のレベルを超えた時、何かしら改善が必要になった時は、一度しか無い人生を悔いなく生きるために対策を打ちたい。

そのためには、時々こうして自分の気持ちを客観的に分析する必要があると思う。落ち着いた状態で、冷静に自分の気持ちと向き合う機会を今後も作ろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする