自尊心が低いから自分が嫌いで八方美人!自尊心を高める方法は?

俺は昔から自分が嫌いだ。

「自分はダメな人間」「つまらない人間」「生きている価値は無い」と本気で悩み、そう感じる度に自分が嫌いになる。

自分には価値が無いと思っているから人生を楽しむことに罪悪感を感じる。「俺みたいな人間が日々の生活を楽しむなんて罰当たりだ」と感じる。

で、なぜこのように考えてしまうのかさっぱり分からなかった。しかし、TBSのドラマ「逃げ恥:逃げるは恥だが役に立つ(ガッキーこと新垣結衣さんと、星野源さんが主演のドラマ)」を見て自分のこの性格の原因が分かった。

原因は”自尊心が低い(もしくは自尊心が無い?)”ということだ。

スポンサーリンク

自尊心とは

自尊心とは何か?ウィキペディアによると・・・

自尊心とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である。 一般には自惚れなどとも同一視されるが、ここでは社会心理学における自己の概念に関連して高揚もしくは維持されようとする態度、あるいは精神医学(QOL)上の『ありのままの自己を尊重し受け入れる』態度とする。

また、別のサイトではこのような説明も見つかった。

『自分の存在を正しく認識し、自分を肯定する無意識に近い思考』です。自尊心自体を意識することはあまりなく、特に自尊心が低い方は自尊心の概念を認知しにくいものです。自尊心が低いと、自分を否定的に捉え、自分に対してネガティブな自己認識を行ってしまいます。

自分のことが嫌いな理由が分からないのも仕方無かったのだ。自尊心とは無意識に近い思考であり、俺みたいな人間はこの考え方を認知しにくいらしい。

自尊心が低いことと八方美人は関係があるようだ。

以前、こんなブログ記事を書いたことがある。「八方美人で何が悪い?!八方美人が会社で生きる道」。

俺は、争いごとが嫌いで、人に好かれたいという思いが強い。その性格が原因となり、八方美人という性格なんだと思ってた。しかし、もっと深い原因があったわけだ。

つまり、人に好かれたい(=人に認められたい)という思いが強い原因は、自尊心の低さにあったのだ。人に認められたいと言うのは自尊心が低い人間の特徴らしい。

自分が嫌いな人間の特徴

このタイプの人間には以下の特徴がある。

  • 自分の考えを持っていない。
  • 他人から認められないと安心できない。
  • 他人の目を気にし、他人の求めに応じようとする。
  • 問題が起こった時、すぐに自分が悪いと考える。
  • 白黒はっきり付けたがる。
  • 被害者意識が強い。
  • 他人と親密になることを避けたがる。
  • 自分を大切にする方法が分からない。
  • 自分を傷つける行動を取ってしまう。
  • ネガティブ思考である。
  • 承認欲求が強い。
  • 悲劇のヒロイン的考え方を好む。

俺はかなりの確率で上記の特徴に当てはまる。

自分の考えを持たないわけではないが、自分の考えを押し通すよりも人の意見に従っている方が安心する。他人に尽くすことでその人に認められたいという承認欲求が半端なく強い。

何か問題が起こり、それが自分の責任ではなかったとしても、その問題にほんの少しでも関与していると自分のせいだと強く感じる。自分の役割を完璧にこなしていたとしても、自分の責任だと感じる。頭では自分の責任ではないと分かっていても、心がそれを受け付けず酷く落ち込んでしまう。

「自分を大切にすること=悪いこと」と感じてしまう。俺のような価値のない人間は人生を楽しんではいけないと感じる。例えば、部下が残業で帰れずにプライベートを楽しめないのであれば、俺が代わりに残業しようと思う。価値のある人間である部下が有給を取れないのであれば、俺が休日出勤してでも部下を休ませようと思う。

自分が辛い思いをすることで、代わりに価値のある他人様が楽しい思いができるのであればそれでいいと感じる。極端な考えだと理解しているが、自分は階級の低い人間で、他人様は全員俺よりも階級が高いと思っている。会社では部下を持つ立場であり、客観的に見れば自分はそれなりの地位にいることは頭では理解している。しかし、自分は部下よりも価値のない人間だという思いが根底にある。

また、俺は友達が少ない。俺みたいなつまらない人間のために誰の時間を奪うことに罪悪感を覚えるからだ。俺とともに過ごすことで、他人様の時間を無駄にしてしまうくらいなら、友達なんていらないと考える。

で、上記のような考えである自分が嫌ではあるものの、その考え方が心底嫌ではない気がする。なぜなら、自分の欲望を押さえつけ、人に尽くし、人に従うことで少なからず安心感を抱いているからだ。

また、悲劇のヒロインである自分に酔っているといっても過言ではない気がする。こういうブログを書いている時点で「悲劇のヒロイン気取り」になっている気もするし・・・。

自尊心が育たなかった原因

なぜ俺は自尊心が育たなかったのか?その理由は子供の頃(幼少期)の体験にあるらしい。

子供の頃に自分を認めてもらえなかったという体験、やりたいことをやらせてもらえなかった体験が原因で自尊心が低い人間に育ってしまうらしい。幼少期のトラウマが原因なのだ。

で、自分自身の子供の頃の体験を振り返ってみると思い当たる事がある。小学生の頃、テストで100点を取った時、運動会のかけっこで1位になった時、俺は親父に褒めてもらいたくて報告した。しかし、親父からは「そんなことで調子に乗ってるんじゃない!井の中の蛙だ!もっと上を目指せ!」と冷たくあしらわれた。褒めて欲しかったのに怒られた・・・。

この体験は今でも強烈に記憶に残っている。両親に認められたくて必死に頑張り、自分が満足行く結果を出したものの認めてもらえなかった。この時、両親に認められることを諦めればよかったのかもしれないが、認められるためにその後も努力し続けた。

遊ぶことよりも勉強を優先した。友達付き合いよりも習い事を優先した。自分が楽しいと感じることではなく、両親が求めることを優先していた。その努力は報われることなく、褒められることなんてなかったけどね。。。

自尊心を高める方法

自尊心は低いより高い方がいいに決まっている。自分自身の存在を否定するよりも肯定的に捉え、自分を大切にする方が正しい考え方だ。その方が幸せになれるに違いない。

では、どうすれば良いのだろうか?

  • 嫌なことを思い切ってやめる。
  • 自分がやりたいことを優先してみる。
  • 我儘だと思う行動をとってみる。
  • 自分と他人を比べる事を止める。
  • 自分はこの世で一人しか居ないかけがえのない存在だと意識する。

俺は自分を大切にすると罪悪感を感じるし、自分が嫌いだ。よって、上記のような自尊心の回復策を実行すれば、多少は幸せな気分を味わえるが、それよりも強い後悔を感じてしまう。

そして、これらの行動をすぐに止めてしまう。

よって、これらの行動を継続することが大事なんだと思う。初めは罪悪感の方を強く感じ、後悔する。しかし、継続することで罪悪感に慣れ、幸福感の方を強く感じれるようになるのではないだろうか?

もう一つやってみたい対策がある。それは、自尊心が高い人たちと付き合ってみること。人は環境に適応する生き物だ。もしかすると、自分とは正反対の人種と過ごすことで自分もそうなれるかもしれない。

兎に角、自尊心が低い自分が嫌いであれば、何かしらの行動を起こすしかない。そして、自尊心を高めるための行動を長期間に渡り継続する必要があると思う。幼少期に形成され、おじさんになるまで変えられなかった無意識に変化を起こすことは一筋縄では行かないだろうからね。

何なら精神科とか心療内科に相談した方がいいのかな?ちゃんと診断してもらい、心理学に基づいた解決法をとった方が早く幸せな人生を歩めるのかもしれない・・・。