最近、労働意欲が低下してついに無くなった。離婚後の引きこもり生活が原因かな・・。

最近、労働意欲が低下してきたってか、ほぼなくなってしまった。マジで会社辞めて働かない生活をしたいという考えが頭を駆け巡る。もしくは、世の中、人の役に立つ仕事がしたいと・・・。

なぜ、こんな状況に陥ってしまったのだろうか。ってなことを考えてみたいと思う。

離婚して半年以上経過したが、その半年間、土日はずっと外出せずに引きこもっている。結婚していた時は土日に必ず外出していたので離婚後俺の生活は一変してしまった。。。

もともと出不精な俺は、土日に外出せずに家でのんびり過ごすのは嫌いではない。だから、離婚直後は、何もせずにぼぉーっとのんびり過ごす休日を楽しんでさえいた。(初めは誰とも会話せず、一人で過ごすことに気が狂いそうになっていたが・・・)

しかし、最近心境に変化が起きてきた。

土日が待ち遠しい一方、いざ土日を迎えても楽しめない。そして、ついにありとあらゆることに対して意欲がなくなってしまったのだ。。。

スポンサーリンク

引きこもった結果起こった心の変化

半年間、休日引きこもり生活を送っているわけだが、これはこれでマズイと感じて休日を積極的に過ごす方法なんかも考えたりした。

しかし、結局土日を流されるままにダラダラと過ごしている。

結果、休日を無駄に過ごしてしまったという後悔と絶望感に襲われるし、仕事のストレスを発散するための気分転換も出来ない。

「まぁ〜、これはこれでいいか」なんて思っていたんだけど、どんどん生きる意欲が低下するのを感じるようになった。

そりゃそうだよね。仕事嫌いなのに仕事しかしてないんだもん。せっかくの休日に何もせずに寝て過ごしてりゃ、生きる意欲なんて低下どころかなくなっても不思議はない。

何の楽しみも持たず、ただただ義務感だけで仕事してるなんて生活してたら、生きる意欲が低下するなんて当たり前。

ただ、離婚して多少自暴自棄になっている俺は人生を楽しむ事をあえて拒否しているところもあり、こんな生活を心底変えたいとも思わなかった。

労働意欲まで低下し、ついに無くなった

個人的に自分の人生を楽しむことを諦めたり拒否している分には人様に迷惑をかけないので、それ程重要なことだと考えていなかったのだが、とうとう労働意欲までもが低下し、そしてついに無くなってしまった。

これは由々しき問題である。労働意欲が無くなってしまうと、同僚に迷惑をかけてしまう。自分の生活がどうなろとも構わないが、人様にご迷惑をかけてしまうのはマジでヤバイ。

労働意欲が低下し無くなってしまった理由は、前述した通り、そもそも仕事が好きではないから。仕事が嫌いながらも、今までは休日に気分転換をすることでどうにか乗り越えてきた。

しかし、離婚後に休日を引きこもって過ごす生活を送ることで気分転換が出来ず、精神状態を正常に保つことができなくなっているのだと思う。

あぁ〜、こんな状態で仕事を続けてもいいものだろうか?

労働意欲を向上させるか?仕事を辞めるか?

労働意欲がわかない今、俺はどうするべきなのか?

方法は2つ。労働意欲を向上させるため、人生を楽しむ事を再開するか、もしくは今の仕事を辞め、労働意欲がわく様な仕事に転職するか。

自分の事だけを考えるならば、今の仕事を辞めて転職するなんて選択肢はない。40代を迎える俺が転職しようと思ってもそう簡単では無いだろうし、今よりも年収は大きく下がってしまうだろう。でも、どうしても昔のように意欲的に仕事をする精神状態に戻れる気がしない。

では、今の仕事を辞め、転職という選択を行うとどうだろうか?同僚に一時的に迷惑はかけてしまうが、すぐに俺の代わりが現れるから同僚にとっては、俺が退職してしまう方がいいと思う。

そして、転職することで、俺は自分の人生を大きく変えることができるかもしれない。

また、NPO団体等に転職することで、世の中、人の役に立つ仕事をし、自分の人生を精一杯生きる気持ちになれるかもしれない。年収は大きく下がってしまうのは確実だが、生きる意欲を取り戻すことができるかもしれない。

まぁ〜、NPO法人の仕事も気楽で簡単なものでは無いことは聚集承知しているが、今みたいに利益を求め、部下を管理していく仕事よりはやりがいを感じ、それが生きる意欲、ひいては労働意欲の向上に繋がるかもしれない。

このまま人生をつらく無駄に過ごすか、リスクを背負ってでも転職をし、意味ある人生を手に入れる賭けにでるべきか。

40歳になっても人生って難しいなぁ〜。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする