止まない雨はない、明けない夜はない。辛い人生を送ってる人への慰めの言葉だけど・・・

「止まない雨はない」「明けない夜はない」とは、辛い人生を送っている人を慰める時に使う言葉。

その意味は、「辛いこともいつかは終わり、幸せな時が訪れる」「悪い状態もいつかは終わりが来て良い状態となる」ということである。

確かに、雨は2・3日振り続けば止んで晴れるし、夜になっても12時間後には朝が訪れ明るくなる。

しかし、辛い時期というものは、いつ終わるのかさっぱり分からない。人生におけるつらい時期は、数日で終わることもあれば、数十年続く場合もある。

この言葉は本当なのだろうか?

スポンサーリンク

雨が止むのも、夜が明けるのも自分の力じゃない

止まない雨はないというが、雨が止むという現象はただ待っていれば訪れる。明けない夜はないというが、自分は何もしなくても勝手に暗くなって勝手に明るくなる。

つまり、この言葉が現す現象は他力本願であり、自分の力で雨を止めているわけでも、自分の力で夜を終わらせているわけでもない。

では、つらい人生を終わらせるためには、ただ待っているだけで良いのだろうか?

実際、自分では何もしなくてもつらい人生が終わり、楽しく明るい生活が訪れることもあるだろう。しかし、つらい人生は自分の行動、努力で変えなければならないのがほとんどだ。

人は、努力することで逆境を乗り越えなければならない。

出口のないトンネルはないって言葉もある

「やまない雨はない」「明けない夜はない」に似たもので、「出口のないトンネルはない」という言葉がある。

しかし、この言葉は他力本願ではない。

暗いトンネルに迷い込んでしまった場合、自分の力で前に進まなければ、いつまで経っても出口にはたどり着かない。出口があるトンネルだとしても、前に進まなければいつまで経っても光は見えない。

ってことで、人生がつらいと悩んでいる人に送る言葉としては、「やまない雨はない」「明けない夜はない」よりも、「出口のないトンネルはない」の方が適切かつ的確だと思う。

俺の辛い人生はいつまで続くんだろう・・・と思って考えてみたけど、じっと耐えていてもこの環境は変わらないんだろうな。

この逆境を自分の力で乗り越えられるように頑張らないと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする