変化が怖いから人生を変えられない。変化を恐れるのは生存本能だから克服できるのか?

今の生活・人生を変えたいと本気で考えているのに、結局現状を維持してしまう。これって、変化を恐れる人間の生存本能なのだろうか?本能だとすると克服できるのか?

最近、俺は以下のようなことばかり考え、自分の人生・生活に変化を求めている。

  • 今の生活、人生が楽しくない。楽しくないどころかつらい
  • 今の生活を変えたい。すべてを捨てて人生をリセットしたい
  • そのためには、新しい事にチャレンジしなければ!
  • 住むところを変えたり、転職したり、今の環境を自分から変えなければ!
  • 一歩踏み出さないとずっとこのままだ。何も変わらない
  • 自分の人生・生活に大きな変化をもたらそう!

しかし、実際は何も行動に移そうとしていない。自分で行動を起こすのではなく、起さざるを得ない環境を望んでいる自分に気が付いた。

スポンサーリンク

外的要因で変化せざるを得ない状況に追い込まれたいという心理

自分の生活に変化をもたらすことはそれ程難しいことではない。

引っ越したり、今の会社を退職して転職したり、新しい友だちを作るため何かのコミュニティーに参加したり、新しい恋人を作るために合コン・街コンに参加したり、再婚して環境を変えるために出会い系サイトや結婚紹介所に登録したりすれば、簡単に今の人生・生活に変化をもたらすことができる。

しかし、なかなかそれが出来ない。平日は仕事が忙しくて行動を起こせないが、休日はこれらの変化を起こすために行動する時間はたっぷりある。

にも関わらず、休日になると「何か人生を変えることが起こらないかなぁ〜」と妄想にふけるだけになってしまう。

で、ふと考えた。俺は、「本気で今の生活を変えたいと思っているのだろうか?」「変化を求めているのだろうか?」と。

そこで分かったことがある。俺は、「人生を変える出来事が起こらないかな?」と考えている。つまり、自ら変化を起こそうと考えず、外的要因が原因で変化を受け入れざる事態になることを望んでいる。

具体的に言うと、「会社が早期退職募集しないかなぁ〜。そしたら上乗せ退職金もらって会社辞めるのに」とか「最近体調が良くないな。大きな病気でもして入院するような事があれば、会社を辞めて田舎に移住してのんびりと人生を過ごそう」なんて考えている。

完全に自ら変化を起こす気はなく、外部要因を期待している。

変化が怖いのはなぜ?変化を恐れるのは生存本能?克服できる?

そもそも人間は変化を恐れる生き物である。

生きていくための最低条件が揃っているのであれば、今の環境を捨ててまで新しい事にチャレンジする必要がない。新しい事をしてもそれが必ず成功すると分かっていれば、自ら行動を起こすだろう。しかし、未来は予測不能。人は分からないことに対して不安を抱き、現状維持を求めるという本能を持っている。

ということは、変化を求めながらも結局行動を起さない俺は、本能に忠実に従っているということになる。

意識的には変化を求めながらも、深層心理である本能では現状維持を求めている。だから、結局自ら行動を起さない。そして、はっきりと自分で感じる意識と深層心理である無意識に乖離が起こっているから、不満・ストレスを感じイライラしてる。

一方、自ら新しいことにチャレンジし、自分の人生を自ら変える人も大勢いる。この人達と俺は一体何が違うんだろう?行動力の違い?それとも、変化を求める本気度の違い?

変化を恐れる人間と変化を好む人間

うろ覚えではあるが、人間には大きく2種類いると聞いたことがある。変化を恐れる人間と、変化を好む人間だ。

人間という1つの種が生き残るために、この2つの行動パターンを持つ人間が存在しているらしい。そして、変化に不安を抱き現状維持を好む人間が9割、変化を好み冒険をする人間が1割の割合で存在している。(割合は適当だけど、変化を好む冒険型の人間が少ないらしい)

つまり、人は安住の地を見つけたらそこに居続けようとする。その方が生存確率が高くなるから。しかし、その地がいつまでも安住の地であり続ける保証はない。となると、いずれその地を離れ、新しい安住の地を見つけなければならないわけだが、すぐに次の安住の地が見つからなければ、人は全滅してしまう。それを避けるために、常に新しい土地を求め冒険する人がいるらしい。こうして、人は行き続けてきたし、全世界に散らばって生活している。

つまり、進化の過程で得た生存本能なのである。そして、俺は安住の地が安住で有り続ける限り、そこに居続けるタイプの人間。変化に不安を感じ、変化を恐れるタイプの人間なんだと思う。

こう考えると、人生を変えたくても実際に行動を起こせない自分に対して嫌悪感を感じる必要はないのかもしれない。遺伝子に組み込まれた生物としての本能なんだからね。

「安住の地が安住でなくならないと、俺は行動を起こせないのかも」なんて諦めて、数十年後に後悔するのも嫌だけど、本能だとすると克服するのは並大抵の覚悟じゃ難しそうだな・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 通りすがりです より:

    いますぐ、心療内科を受診してください。典型的な鬱症状に見えます。私も、以前の職場のストレスで自律神経を壊し、道路の路上でめまいで倒れたりしていました。プライドが邪魔をして悪化させました。

    おそらく何を言われても前向きになれない状態と思います。単純で小さなことの繰り返しにこそ幸せがあることを感じられなくなっているかと思います。

    だいたい心療内科はどこもいっぱいですので、受診できるまで、とにかくしつこく言ってください。そして泣いても良いので洗いざらい先生に苦しい事やこれまであったことをすべて話をしてください。

    おそらくすぐは回復しないと思いますし、薬を出されることになると思いますが、とにかく、いまより少し楽になると思います。 そしてなにより鬱だということを他人から指摘されることで、鬱を自覚し、鬱の自分を受け入れられるようになります。それが回復の第一歩です。長いトンネルになるかと思いますが、先に未来があります。

    このコメントがあなたの人生の変化のきっかけになることを祈っています。