何歳で定年できる?定年退職後働かない人生を送るための方法とは?

サラリーマンなら誰しも考えたことがあるであろう「定年」。定年退職後、自分はどのような生活を送るのだろうか?すごく関心の高い話題だ。

ちなみに、定年とは企業の従業員が一定の年齢に達したことを理由として 退職、雇用契約を終了させることを言う。

さて、長いサラリーマン生活を終えた後、俺は働かない人生を選択したい。ってか働きたくない。60歳超えてまで働きたくない。そんなことを食事をしながら嫁と話しをした。

スポンサーリンク

定年退職後の理想の生活は?

「60歳で定年退職しその後は働かない。嫁とのんびり楽しく生活する。」

これが俺の望みだ。60歳で定年退職してもすぐに年金をもらえないことは百も承知だ。つまり、定年退職後の生活費用を工面する方法が見つからなければ、俺の理想は達成出来ない。

よって、俺は定年までに6千万円の現金を手にする計画を立てている。具体的には、60歳までに4千万円を貯金し、退職金2千万と合わせて合計6千万円を老後の生活資金とするのだ。

この俺の計画を嫁に話したところ・・

「甘い計画だね。仮に65歳から年金を今と同じ水準で貰えれば貴方の計画で問題ないかもしれない。でも、貴方が退職する頃には年金制度崩壊してるよ。もしくは、年金もらえる年齢は70歳か80歳になってるよ。そうなれば、貯金6千万じゃ老後の生活費としては全然足りないよね。多分、60歳じゃ定年出来なくて、70歳位まで働き続けなきゃいけないんじゃないの?残念ね。」

俺の嫁、かなり冷静。。。(汗)

「そんなこと俺だってなんとなく分かってるよ。ただ、俺のささやかな夢を語っただけだよ!」そう思いながらも、嫁の意見は正しい。

ってことで、定年退職後、つまり老後の生活・必要な生活費と必要な貯金額について本気で考えてみた。定年後をのんびりと暮らすためにはどうすれば良いのか?

定年退職後、働かずに生活するにはいくら必要?

定年後の生活費はいくら必要なのか?夫婦二人が平均寿命を生き抜くと考えると、6千万円の貯金が必要という見解多い。つまり、退職金が2千万円もらえると仮定すると、4千万円を自分で貯金する必要がある。

年金は何歳からもらえるのか?

俺は何歳になれば年金を受け取ることが出来るのか?

今の制度であれば早くても65歳から。しかし、日本の財政状況を考えると70歳近くに引き上げられるのは確実だろう。最悪のケースは、年金は支給されない。。。つまり、俺が60歳になる頃には、年金制度が崩壊している可能性も否定はできない。

こう考えると、年金を当てにした生活設計ではなく、年金がもらえないことを前提とした生活設計が必要となる。つまり、60歳で貯金6千万円では全然足りないということになる。

定年後に働きたくないなら、定年までにお金をもっと沢山貯め込む必要がありそう。老後に働かないで生活するためには、相当の貯金が必要になるのか・・・。

仮に定年後に再就職するとなると・・・

俺は特殊な技術も知識も人脈も持ち合わせていない平凡なサラリーマンだ。よって、仮に再就職出来るとしても単純な肉体労働になることは容易に想像出来る。単純な肉体労働とは、駐車場の誘導係や警備員などだ。

30年以上も頑張って働いた後、過酷な肉体労働をするしか無いのだ。想像するだけで憂鬱になる。

再就職せず働き続ける方法はないのか?

現在、日本では定年の年齢引き上げが検討されている。実際、俺の会社は現在60歳定年だが、65歳まで引き上げられるという噂もある。そうなると、俺は再就職する必要はなくなるかもしれない。今の会社で働き続ければ良い。

また、他にも再就職をせず働き続ける方法がある。その方法とは、自分で事業を興すこと。自分で会社を経営すれば定年はなくなる。しかし、これは相当可能性が低い対策である。自分で事業を興す能力がないからサラリーマンとして雇われているわけだからね。

よって、この手法を取るとすれば脱サラするのではなく、サリーマンを続けながら副業を行うことだろう。サラリーマンという比較的安定した地位を保ちながら、定年後でも続けていける副業を確立させるのだ。定年後、辛い肉体労働を続けたくないのであれば、この手法が一番現実的で理想に近いかもしれない。

まとめ

定年後は働かない。もしくは、辛い肉体労働に再就職することなく、なるべく楽な仕事を続けて生きていく。

この目標を達成する為に、俺は定年までに現金で4千万貯める。退職金は2千万円を予定しているので、合計6千万を何としてでも貯め込むのだ。さらに、可能であればマイホームを手に入れ、ローンは全て完済した状態とする。

ちなみに、老後は広い家は必要ない。よって、家を買うのは50歳以降とし、それまでは賃貸で暮らす。賃貸だと会社から補助が出るのでそれもメリットだ。なお、定年と同時に中古住宅を現金一括払いで買うのが理想だ。

次に、年金制度が崩壊することを前提として、60歳までには毎月15万円から20万円稼げる副業を確立する。そして60歳で定年退職し、その副業を本業にする。そうすることで、自分のペースで生活出来るスタイルを確保する。

最も理想的なのは、不労所得的な副業を確立することだ。「ほっといてもお金が入ってくる」「人に任せても収入が入ってくる」「定期的なメンテナンスだけでお金が入ってくる」などだ。

よし、定年までにはまだまだ時間がある。不労所得的な副業を確立すべく今から本気で頑張ろう!これが出来ないと、60歳超えて辛い肉体労働をしなければならないのは確定しちゃうからね。