40代DINKsが考える理想の老後生活。必要な老後資金は1億円以上って結果に!?

人生・ライフスタイル
スポンサーリンク

うぉ〜!!

「理想の老後生活」を考えたら、60歳の定年までに1億1千万円も貯金しなければならないことが判明してしまった!!!

「いちおくえん」って、、、いくらなんでも多過ぎやしないかい。。。

一生独身で貫く「おひとりさま老後」なら6000万円貯金できれば遊んで暮らせると思ってて、「それならどうにか頑張れるかなぁ〜」なんて思ってたんだけど、まさかDINKsになると1億1千万円って結論が出るとは・・・。

  • 結婚(再婚)したから、おひとりさま老後で考えてたよりは、もうちょっと貯金頑張らなきゃいけないだろうな。って考えた。
  • でも、俺たちはDINKs。「2馬力で稼ぐ、俗に言うパワーカップル。まぁ〜余裕でしょ!」と思ってた。
  • ところが、お互いの理想の老後生活を実現しようとしたら、1億1千万円もの貯金が必要って結果に・・・。
  • しかも、今から貯金頑張っても到底無理だってことが分かった。

ってことで、今すっげーブルーなんだけど、再婚を機にDINKs夫婦の老後資金計画を考えてみたので誰かのご参考に。

ってか、自分の頭を整理するためにも文章にしてみる。

スポンサーリンク

再婚を機に自分たちの理想の老後を話し合ってみた

30代後半で1回目の結婚にピリオドを打ち、その後5年ほどお気軽なバツイチ独身生活を送っていた私。

離婚直後は友だちもできず、恋人もできず、休日は家に引きこもる毎日(定期的に趣味のドライブはしていたけど・・・)

そんな状態だったから「俺はこのまま一生独身だろうなぁ〜」「老後はおひとりさまだ」と思ってた。

で、男が一生独身で生活するなら、老後に向けてどんなことを考え、決定し、準備しなければならないのか?ということを、このブログで記事にしてきた。

  • 「家は賃貸にすべきか持ち家にすべきか」
  • 「年金支給開始年齢が引き上がられる中、俺は60歳で定年できるか?」
  • 「貯金は2000万円でいいのか?それとも6000万円必要なのか?」
  • 「老後のために資産運用を始めるべきか?」
  • 「そもそも60歳で定年できるかな?お金の為、もしくはやりがいの為、60歳以降も働くべきか?」
  • etc・・・

https://logomk.com/tag/老後/

ただ、これらの記事は基本的にこのまま独身だった場合、おひとりさま老後が前提。

有り難いことに、この歳で再婚でき、新たな人生のパートナーを得た今、もう一度考え直したいと思ったわけです。

新たなパートナーと後悔しない楽しい人生を送るために。

スポンサーリンク

まずは理想の老後の生活を想像してみる

私たち夫婦は、お互い地方出身。しかも同郷だ。

二人とも約15年前に仕事で東京へ来て、それからずっと東京で生活している。(私は単身赴任で地方都市に来ているので今は別居生活してるけど・・・)

その為、老後は生まれ故郷に帰ってもいいし、このまま東京で暮らしてもいいと考えている。定年を迎えた後、どこに生活の基盤を置くかはじっくりこれから考えることにしている。

しかし、ある程度は具体的な老後の生活をイメージできないと、今から何を準備していいのかさっぱり分からない。

しかも、私たち夫婦はお互い40代。

理想の生活を実現するためには、それなりに貯金する必要があるだろうが、今から間に合うだろうか?ってか、私の妻は一体いくら年収があって、今現在の貯金はいくら持ってるんだろう?

なんてことを考えつつ、とりあえずお金のことは忘れて「理想の老後」を語り合ってみた。

色々出てきたが、絶対条件とプラスαの希望条件を絞り込んだら以下の通り。

  1. 60歳で定年する(定年後は働かない、再就職しない)
    私も妻もワーカーホリック(仕事中毒者)。平日はサービス残業三昧だし、休みの日も暇さえあれば仕事のことを考えてしまう。で、お互い仕事の話で盛り上がる・・・。これまでの人生を仕事に捧げてきたと言っても過言ではない。なので、お互い定年できる年齢になったら、スパッと仕事を辞めて、仕事以外のことをやろうと意見が一致した。
    .
  2. 70歳からは都心に住む
    具体的に言うと、子どもがいない私たちは、老後誰にも頼れない。だから、足腰が悪くなっても、自分たちで買い物へ行き、自分たちで病院へ行き、区役所等にも行かなければならない。よって、バスか電車にすぐ乗れて、どこへでもすぐに出かけられる都心に住もうということになった。イメージしているのは、出身地の都心か東京の山手線沿線か東京近郊辺の栄えた街かな。
  3. お互い譲れない趣味を最低一つは実現する(夫編)
    私の趣味・老後の夢は、二人乗りのスポーツカーで妻とドライブを楽しむこと。美味しいものを食べに出かけたり、温泉に行ったり、思いつきで朝日・夕焼け・星空を見に行く生活がしたい。
  4. お互い譲れない趣味を最低一つは実現する(妻編)
    妻の趣味はペット。今は2匹の猫ちゃんと暮らしている。なので、老後も保護猫と暮らすのが絶対条件。で、夢となるとアヒルを飼うことらしい。

これらの希望を叶えるためには一体いくら必要でしょう?

スポンサーリンク

理想の老後を実現するためにはいくら必要なのか?その結果が1億1千万円!

まず、1つ目の理想「60歳で定年する。定年後は働かない、再就職しない」という夢を実現するためには生活費としていくら必要なのか?

結論は「3600万円」もの貯金が必要という結果になった。

前提、考え方、計算方法は以下の通り。

  • 年金支給開始年齢は、現在の65歳ではなく75歳と仮定する。
    〜今後日本の財政は悪化する一方。その為、超安全策として年金支給開始年齢を75歳と仮定した。
    〜よって、60歳から75歳は無年金かつ無職となるので無収入とする。
  • 60歳〜75歳の15年間の生活費は毎月35万円とする。
    〜これは一般的に言われているゆとりのある老後生活で必要な金額
  • ただし、住宅費用(居住費)は別で考えるので、毎月の生活費は20万円とする。
  • 上記より、年金支給開始となる75歳までの15年間で必要な生活費は「3600万円(20万円×12ヶ月×15年)」となる。
  • なお、75歳以降は支給される年金額で生活する。

次に、70歳から都心に住むためにはいくらの住宅購入資金or賃貸料金が必要なのだろうか?

結論は「7200万円」もの住居費用が必要となった。

前提、考え方、計算方法は以下の通り。

  • 老夫婦二人なので、広い家は必要なし。1LDKのマンションの家賃を調べた結果、地方都市の都心だと15万円あれば十分いいところに住める事がわかった。
  • よって、100歳まで生きると仮定すると、必要な家賃は15万円×12ヶ月×40年=7200万円となる。
  • 40年も住み続けられるか分からないし、引越し費用とか必要かもしれないし、途中で老人ホームに入るかもしれないけど、家賃15万円ってのがだいぶ保守的に見ているのでこれでOKとする。
  • なお、分譲マンションを購入することも視野に入れるが、購入費用+維持管理費+修繕積立費で最大7,000万円程度を見込む(でも、60歳で買うなら築10年経過の中古マンションにしてもっと安くできるかな・・・)

ただし、都心のマンションだと多分アヒルは飼えないんだよな。。。猫で我慢してもらうことになりそう。コールダックならなんとかなるかな。

ということで、ここまでの合計で約1億1千万円となる。

僕のスポーツカーは夢だな。1千万円くらいのポルシェ欲しかったんだけど。。。

スポンサーリンク

老後資金(老後の生活費)の為、毎月いくらの貯金が必要か?

今から1億1千万円貯金するためには、60歳定年までに毎月いくら貯金すればいいのか?

計算する前に大事なことを忘れていた。

それは退職金。

私たち夫婦は両方とも東証一部上場企業に務めているため、二人合わせれば4千万円近くなると思う。が、この先日本経済は低迷する可能性が高いので、退職金も下がる危険性が多分にある。よって、二人の退職金を合計3000万円を1億1千万円から差し引いた9000万円が貯金すべき金額となる。

で、計算しやすいようにあと15年働くとすると、、、

  • 9000万円÷15年÷12ヶ月=50万円

ということで、毎月の貯金額は50万円、年間にすると600万円。

一方、DINKsのパワーカップルである我々夫婦の手取りは年間1200万円なので、貯蓄率50%を達成できれば可能といえば可能。

でも、現在の二人は私の突然の転勤で、単身赴任生活の別居生活の二重生活。

月2回の飛行機代が10万円位かかるので、ちょっと難しかな。

なぜなら、50万円から飛行機代10万円を差し引いた40万円で別居生活をしうよとすると1人一月の生活費が20万円になっちゃうからね。20万円では生活できない。。。

という結論になった。

計算を続けると、今の僕たちの収入と二重生活を考慮すると、年間の貯金額は頑張って350万円程度。

つまり、350万円×15年=5250万円となり、目標に3750万円足りないことになる。

足りない分は私のへそくりから補填だな。

ってか、今の貯金バラしちゃったんで夫の僕が不足分を負担することになりました。

格好つけて「俺が出すよ!」って言っちゃった。

さようなら憧れのポルシェ!

コメント

  1. 藤原洋平 より:

    年金受給開始=75歳って何歳まで生きれると思っているのでしょうか?退職金だって、そんなに目減りしないよ。想定が意味不明だし、ポルシェは、買おうと思ったら今でも買えるでしょう。生活水準の調整でどうにでもなる話だね。

タイトルとURLをコピーしました