幸せになる方法!どうすれば幸せだと感じるのか考えてみた。

「幸せになりたい」

誰しもが願うことだろう。毎日幸せを感じて暮らすことができればどんなにいいだろう。しかし、理想と現実は違う。

朝早く起き、満員電車に揺られ、つまらない仕事をこなし、理不尽なことで上司に怒られ、部下は命令を聞かず反発してくる。

残業は毎日深夜まで及びやっと家に帰り着いてもご飯を食べてお風呂に入って寝るだけ。大切な家族と他愛もない会話をする余裕さえ無い。。。

もちろん、休日は平日と違って十分に時間がある。しかし、そんな休日も平日の疲れを癒やすために費やされ、人生を楽しむための時間として活用できていない。

俺は、人生を楽しんでいない。だから、幸せを感じない。幸せな人生を送りたいがどうすれば幸せを感じることが出来るのだろうか?ちょっと考えてみた。

スポンサーリンク

幸せとは?幸せの定義を考える

「幸せになりたい」漠然とそう思っているが、どうすれば幸せを感じることが出来るのだろうか?どういう生活を送れば幸せになれるのだろうか?

ということで、まずは俺にとっての幸せを定義してみる。

なお、幸せを感じるためには、人や社会との繋がりが必要だとか、人に認められること、つまり承認欲求が必要だとか言われているが、ここではそんな難しいことは考え無いことにする・・・。

【幸せの定義】

  • 前提として苦痛や不安がない状態であること。
  • 自分が望むこと、楽しいと感じることができていること。
  • 達成感を感じていること。

幸せになる方法を考える

さて、上記で考えた「幸せの定義」を全て満たすことができれば、俺は幸せな人生を送ることが出来るはずだ。ま、完全に「俺って、幸せだぁ〜」と陶酔できないかもしれないが、自分で考える「幸せな状態」に近づくことは出来るだろう。

では、それぞれの定義を満たす方法を具体的に考えてみる。

【苦痛や不安がない状態を作る方法】

いくら楽しいことをしていても、体に痛みを感じていたり、体調が悪かったり、心配事や不安を抱えていては、楽しいことに集中できず、とても幸せを感じることはできないだろう。

よって、幸せになるためには、大前提として健全な肉体と精神を保つ必要がある。

健康に生きていくためには、心身ともに健康的な生活が必要だ。また、健康的な生活を送るためには、お金が必要である。つまり、安定した収入を得る必要があるのだ。だから、幸せになる方法の1つ目は「ちゃんと仕事をして、安定的な収入をっ確保する」ことである。

そう考えると、平日の辛い仕事も幸せになるために絶対に欠かせない要素であると認識でき、何となく吹っ切ることが出来る。(気がする・・・)

そもそも、漠然と幸せになりたいと考えていた時は、「仕事がなかったら幸せなのに・・・。仕事をしない生活がしたいなぁ〜」なんてアホな考えを巡らし、仕事をしているという当たり前の生活に不満を感じていたからね。

幸せになるためには、多少辛くてもしっかりと仕事をすることが大切なのだ。かと言って、ブラック企業で耐え忍んで働けと言っているわけではない。仕事自体が苦痛のもとになるならば、それを取り除くために転職なり考えねばならないだろう。

ま、俺は今のところ、我慢できる辛さ、割り切れる苦痛しか無いからいいけどね。

【自分が望むこと・楽しいことをする】

苦痛が無い(少ない)状態を作ることができれば、次は自分の欲望を満たすだけだ。幸せになる方法として、とにかく欲望を満たす努力をするのだ。

では、自分が持つ欲望とはなんだろう?まず、俺の場合、「幸せな人生」を深く考えずにイメージしてみると以下のようになる。

  • 毎日遊んで暮らす。
  • 高級マンションに住み、高級外車に乗り、高級腕時計をしている。
  • 仕事をしなくても十分んなお金を持っている。
  • 常夏の島で楽しむ。
  • 値段を気にせず、美味しいものを毎日食べる。
  • etc・・・

こんな生活ができれば、確かに幸せだろうなぁ〜と思う。しかし、こんな生活が本当に出来るかというと、120%不可能である。

俺は、「幸せな生活」をイメージした時、絶対に不可能なことをイメージしているのである。こんなことでは、一生幸せになんてなれない。だって、俺が望む幸せな生活は120%不可能なことなんだから・・・。

つまり、実現可能なことを自分の欲望にしなければならないのである。幸せのハードルを自分のレベルにまで下げて、しっかりと意識する。そして、実現可能な欲望を達成することで幸せを感じれば良いのである。

まとめ

ということで、誰でも幸せになれる方法を強引に考えてきたが、まとめると・・・。

  1. ちゃんと働いて安定収入を稼ぐ。
    仕事をすることは幸せになる為の大前提と認識する。 
  2. 苦痛や不安を排除する。
    体の調子が悪ければ、金をかけてでも治す。精神的に不安を抱えていれば、それを排除する。必要ならばカウンセラーに通ってでも穏やかな精神を確保する。 
  3. 達成可能な欲望を強くイメージしそれを実行する。
    大金持ちになりたいとか、非現実なアホな欲望を持たないこと。例えば、「今日の朝は美味しいコーヒーを飲んで出勤したい」とか、「今日の昼飯は嫌いな上司や生意気な部下とではなく、仲の良い同僚だけでおいしいランチを食べたい!」とか、「家に帰ったら好きなドラマを1話だけ見て寝たい!そのために1時間だけいつもより残業を早く切り上げたい」とかを考えるのである。これらの欲望は絶対に達成可能である。そして、この欲望を実現できた時は、それなりに楽しい時間を過ごすことができ、小さいかもしれないが達成感を感じて、幸せを感じる事ができる。

つまり、自分の身の丈に合った「幸せ」というものを理解し、幸せを得るために努力しないといけないということだね。幸せは誰かがくれるものでも、突然訪れるものでもなく、自分で作り上げるもの。ってことかなのかな。

さて、「今日は幸せな日だったなぁ〜」と感じることが出来るよう、今日の夕食は豪勢に焼き肉にでもするかな。早速、焼肉屋を予約しよう!