友達がいないから友達が欲しいけど面倒臭い。で、一人が好きという矛盾

俺は転勤族である。社会人になってから数年に一度転居を伴う転勤をしている。

転勤族には様々なメリットとデメリットがある。その中でも、「数年に一度のサイクルで引っ越しをする」つまり「1つの場所に長く住み続けることが出来ない」というデメリットから発生する問題で俺は悩んでいる。

その悩みとは「友達がいない・友達が出来ない」ということだ。

正確に言うと、「友達が作りづらい」「友達が出来づらい」ということなんだろうが、いずれにせよ今の俺には友達といえる人がおらず、それからくる寂しさに襲われている。ま、田舎に帰れば友達はいるので、すぐに会える身近な友達がいないということなのだが・・・。

一方で、俺は一人で過ごす時間が大好きである。友達が欲しいけど面倒臭くて一人が好きという変な矛盾を抱えているのだ。今日は人生における「友達」について考えてみる。

スポンサーリンク

友達がいない理由

なぜ俺には友達がいないのか?もちろん、そもそも俺は魅力が無い人間であり、それが原因なのかもしれない。しかし、自分の人間性にメスを入れ始めるとどんどん暗い気持ちになってしまうので、俺は最低限の人間性は備えているという前提で考えを進めていきたい。

事実、学生の時には友達はたくさんいたし、友達がいなくなったのは社会人になって見知らぬ土地に引っ越してからなのだ。田舎に帰れば電話1つで集まってくれる友達はいるしね。数人だけど・・・。

よって、今の俺に身近な友達がいない理由をざっくり言うと、「全国転勤ありの企業に就職し、縁もゆかりもない土地に引っ越した結果、引越し先で友達と呼べる人がいなくなった」である。

転勤先で友達ができない原因

では、なぜ転勤先、引越し先で新しい友達が出来ないのかを考えてみるが、結論から言うと友達がいない原因は自分にある。友達ができないのではなく、作ろうとしていないのだ。

俺が友達を作らない理由を列挙してみる。

  • 数年後には引っ越すので「今友達を作ってもなぁ〜。どうせすぐ別れることになるし」という気落ちがある。
  • 平日は毎晩遅くまで仕事しているから人と会えない。
  • 土日は家事やんなきゃいけないし、ゆっくりしたいし、自分のやりたいことをしたいし、一人で好き勝手に過ごす時間が好きだし、嫁さんと過ごす時間も大事にしたい。だから人と合う時間なんて作れない。
  • 一から人間関係を構築するのは面倒臭い。
  • 友達と会う約束をするとその約束に拘束されるのが嫌い。

本当は欲しくないと思ってる?

俺は、「友達がいなくて寂しい」と悩んでいたはずなのに、友達をつくるために必要な他人との交流を避けている。他人に合わせて時間を過ごすことを「めんどくさい」と思ってる。

友達と呼べる人間関係になるためには、それなりの時間を共に過ごし、色んな話をし、お互いを知ることが必要である。出会ってすぐに何でも話せる友達になれるわけがない。しかし、俺はその時間を作ることは嫌だと思っている。その時間を自分一人で過ごすこと、嫁さんと過ごすことに費やしたいと考えているのだ。

こんな状態では友達が出来なくて当たり前である。結果として、俺は友達が欲しいという願いを叶えるよりも、嫁と過ごすこと、一人で過ごすことを望んでいるのだ。

休日を友達と楽しく過ごすという生活スタイルに憧れを感じるものの、それ以上に友達を作るためのプロセスが嫌いで、大変な思いをして友達を作っても数年後には別れることに対する虚しさも感じているし、何より一人が好きなのである。一人が好きというより一人でも耐えられる、一人でも平気ってことかな?

友達と楽しい時間を過ごしたいけど、それ以上に一人の時間を楽しみたいという大きな矛盾を抱えてる。今までそんな矛盾に気が付かなかったけど・・・

ということで、「友達がいない」という悩みは俺にとって大して深刻な悩みではないということである。また、本心では「友達なんていらない」とさえ思っている気がしてきた・・・。

人間って、自分が考えていることも客観的に整理・分析してみないと分からないもんだね。友達が欲しいと思いながら、友達なんていらないと思っているなんて。。。

以上、友達がいない自分を客観的に見てかわいそだと思い、友達がいない人生に不安を抱き、そして悩んでいたが、よく考えると別に大した悩みじゃなかったってお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする