イライラしない方法を考えてみる。心に余裕が無いんだな俺。

今日はとにかく何もかもが上手く行かず、「なんだかイライラするぅ〜!!」と一日中イライラ、プンプンしていた。

朝起きて目覚ましを見ると、起きるべき時間を30分も過ぎていた。目覚ましをセットするのを忘れたのか、一度鳴った目覚ましを無意識に止めてしまったのか?原因は分からないが、寝坊してしまったことで朝一からイライラ。

なんとか準備して、いつもより10分遅い時間の電車に飛び乗ることが出来た。このまま順調に行けば、遅刻せず余裕で出勤出来る。しかし、こんな日に限って電車遅延だ。「体調の悪いお客様の看病のために一時停止します・・・」「緊急停止ボタンが押されたので安全確認のために一時停止します・・・」「前の電車が詰まっておりますので間隔調整のため徐行運転をします・・・」。電車が遅れる理由の車内アナウンスを聞く度にイライラ。そして、隣のサラリーマンのイヤホンから漏れ聞こえる音楽にさえもムカツキを覚える・・・。

スポンサーリンク

その後も続くイライラ

出社後にもイライラする事は沢山あった。いつもなら始業前の30分でコーヒーを飲みながらゆっくりとメールチェックをしたり、一日の仕事の計画を立てるのだが、今日は出社するなり後輩が待ち構えていて質問の嵐。自分のペースを乱された俺は内心荒れていた。

その後、イライラしながら仕事をしていたせいで資料作成でミス連発。資料提出前の自己チェックで気づいたから良かったものの、作り直すために余計な時間がかかり自分自身にさえ怒りを感じ始める。

そんな状態の時に、同僚から仕事と関係がない無駄話を聞かされイライラ。

イライラの原因

上記のように今日の俺は、「寝坊した」という些細な出来事が切っ掛けで一日中イライラして過ごす結果となってしまった。普通ならイライラしない出来事に対してもイライラしてしまった。

これは、時間的余裕な無かったことが原因となっている。もし、いつもの時間に目を覚ましていれば、電車が多少遅延しても遅刻することはないから、電車が遅延してもイライラしなかっただろうし、隣のサラリーマンのイヤホンから漏れ聞こえる音楽を楽しむことも出来ただろう。後輩から質問を受けても優しく教えていただろう。資料だって、一発で完璧なものを作り上げていただろう。同僚が無駄話をしてくれば、息抜きとして俺もバカ話をして気分転換をしていただろう・・・。

時間がないことで心に余裕がなくなり、色々なものに対して苛立ちを感じてしまったのだ。

心に余裕がない人間は邪魔だ

心に余裕がない男はかっこ悪いと思う。かっこ悪いだけならまだ良いが、ちょっとした事でイライラする男は邪魔なだけだ。苛立たちを態度で現されると、周りの雰囲気が悪くなるからね。

ということで、今日の俺は最低だったわけだ。すぐイライラしたり、怒ったりする人間を俺はいつも軽蔑しているが、今日の俺はそんな人間だった。このブログを書きながら思いっきり反省である。。。

イライラしない方法

イライラしない為には、心に余裕を持つ必要がある。心に余裕を持つためには、何かに追われないようにする必要がある。例えば、「時間に追われない」「仕事に追われない」「お金に追われない」などだ。

つまり、時間的、物理的な余裕がなくなると、心にも余裕が無くなってしまう。いつもなら冷静でいられることも、心に余裕が無いと冷静で居られなくなり、イライラ、プンプンしてしまう。

とはいえ、時間的、物理的に余裕を持つということは難しいことだ。でも、それを意識的に行わないと、今日の俺のように「なぜか分からないけど無性に苛立つ!」という状態になってしまう。もし、「寝坊が原因で時間に追われたことで、今日の俺は心に余裕がなくなっている」と気付くことができていたならば、一度立ち止まり、冷静に考え、時間的余裕を持った一日を過ごすための計画を立てることが出来ただろう。そうすれば、午前中には時間に追われることがなくなり、心に余裕を持った状態で午後を快適に過ごせたはずである。

お金も一緒。お金に余裕がなくなると、それはそれでイライラ、プンプンの原因になる。よって、無駄遣いをせず、計画的にお小遣いを使うことで、給料前に金欠にならない様にしよう。そうすることで、心に余裕を持つことができるからね。

いつでも心に余裕を持った器のデカい男を目指そう!