消費税8%への対策。節約するかもっと稼ぐか!増税対策シミュレーション。

消費税が8%になる。

税金の無駄遣いや公務員の人件費削減などの改革には一切手を付けず、消費税を3%アップして8%にしちゃうことだけしっかり決定した。

我々一般庶民には大きな問題だ。3%の消費税アップは家計を直撃する。給料が上がらないのは確実だから死活問題だ。

さて、この問題についてどのように対応すべきだろうか?消費税が8%になっても、今までの生活を維持するには何をすべきなのか?増税前にしっかり考えてみた。

スポンサーリンク

まず、文句を言いたい!

消費税の増税。このことについてマスコミは全く騒がない。もっと税金の無駄遣いについて追求すべきだと思うがマスコミは大人しい。マスコミだけじゃないな。俺を含め、日本国民みんなが騒がない。それどころが現政権を支持しているのが不思議でたまらない。

安倍政権はやることやっていると思う。政治に疎い俺でも安倍政権はいろんな事やってると思う。でも、税金の無駄遣いには全く着手していないように感じる。

日本の将来のために消費税をアップして借金を減らすことには大賛成だ。でも、増税して税収を増やしても今まで通り無駄遣いを続けてたら借金はいくらたっても減らないよ。公務員の給料削減とか、国会議員の定数削減とか、天下りの撲滅とかちゃんとやってよね。

なんて文句言っても、消費税は下がらないので、文句はこの辺にして、自分が出来る消費税対策を考えよう。

増税で具体的にはどんな影響があるのか?

消費税が3%アップして8%になる。「やばいよねぇ〜」って思うけど、実際どのくらいヤバイのか?どのくらい出費が増えるのか?具体的にシミュレーションしてみよう。

年収700万円だったら・・・ってことでシミュレーションしてみる。

扶養家族の数、各種控除額によって人それぞれだろうが、年収を700万円稼ぐ人の手取り収入は約500万円となる。で、この位の年収を稼ぐ人は年間100万円位貯金する。よって、1年間に消費する金額は400万円となる。

つまり、「400万×3%=12万円」となり、この12万円が消費税増税による具体的な家計への打撃となる。年間12万円も出費が増えるわけね。月間だと1万円。

ま、年収から考えなくても毎月の生活費から考えるって手もある。仮に毎月の生活費が30万円とすると、月間9千円で年間10万8千円の出費となる。

月間8千円とか1万円とかが増税で吹っ飛ぶわけです。アルバイトで1万円稼ごうと思うと大変ですよね。それくらいの金額が増税で吹っ飛ぶ。マジで腹立ってきた。と同時に、こんな大金どうすんだよ!って焦りが生まれる・・・。

月1万円を節約で捻出する!?

年収700万円の人の場合だった場合、月に1万円が新たな出費となるわけだが、どうやって捻出しようかね。

まず、家計を細かく見直し、今以上に節約出来ないか考えるんだろうね。で、恐らく出てくる対策はこんな感じかな。。。

  • お父さんのお小遣いを削減する
  • 保険を見直す
  • 食事のレベルを下げて食費を浮かす
  • 家族旅行を諦める
  • 帰省費用を削除する
  • etc・・・

家計の見直し、節約には色々なやり方があるけど、もうやり尽くしてるでしょ。だって、日本はずっと不景気だったんだよ。よって、これ以上の節約は難しいはずだ。ってか、我が家はもう無理だし、もう節約には疲れた。

なので、次に収入を増やすことを考えてみる。

月1万円を残業代で稼ぐ!

節約。つまり、家計の支出のコントロールで増税対策するのが無理なら、稼ぐしか無い。で、手っ取り早く月1万円稼ぐ方法は、残業を増やすこと。

残業代の時給が2千円と仮定しよう。1万円÷2千円 =5時間。よって、月間5時間残業を増やせば十分対応可能となる。

なんて簡単に言っちゃったけど、世のお父さんにとっては精神的、体力的に大変つらい対策だ。また、残業を減らす会社も増えてるしね。これで本当に対策となるか微妙だね。

月1万円をネット副業で稼ぐ!

俺の経験から断言するが、今の時代はインターネットを活用して毎月1万円を稼ぎだすことはそんなに難しいことではない。難しくないってか簡単だ。

ネット副業はサラリーマンにとって大変便利だ。副業に取り組む時間は自由だし、ノルマは無いし、会社にばれないし。

例えばブログで稼ぐのは簡単。誰しも1・2時間しゃべり続けることができる得意分野・興味のある分野を持っているはず。その分野に特化したブログを半年書き続ければ月間1万円を稼ぐことは可能。1万円どころか、上手く行けば5万から10万は可能だろう。

もちろん、SEO対策をはじめとした集客手法の知識がそれなりに必要となるが、そんな知識は1冊本を読めば習得できてしまう。

ま、ブログ以外にもポイントサイトとかオークションとかせどりとか色々あるしね。

さぁ~!消費税増税へ向けて対策に乗り出そう!