Visaデビットカードは使えない場所がある!?クレジットカードの方がいいじゃん。

最近、VisaデビットカードとかJCBデビットカードのCMをよく見るようになった。

Visaデビットカード・JCBデビットカードとは、クレジットカードのVisaカード・JCBカードと何が違うんだろう?また、J−debitとはどんな違いがあるのか?と、ふとした疑問を抱いてしまったのでちょっと調べてみようと思う。

それにしても、買い物の決済手段が、現金、クレジットカード、デビットカード、電子マネーと増えてきた。しかも、紙幣や硬貨、プラスチックカード、スマホ決済など支払い手法も様々。

全ての決済手段・支払い方法が全ての店で使えるといいんだけど、使える場所、使えない場所があるんだよね。本当に面倒臭いな・・・。

スポンサーリンク

Visaデビットカードとは?クレジットカードと何が違うの?

まず、J−debitを理解する必要がある。

J-debitとは、銀行などの金融機関で発行されたキャッシュカードで買い物や飲食での支払いができる仕組み。支払いの際、キャッシュカードを提示し、キャッシュカードの暗証番号を端末に打ち込むことで決済することができる。キャッシュカードでの支払いとなるため、自分の口座からリアルタイムで引き落とされる。

しかし、J-debitはなかなか普及しなかった。その理由はJ-debitが使える店が少ないことと、使える時間に制限がある場合があること。どんな店でも24時間365日使える状態でなければ普及するわけ無いわな。

そこで、現れたのがVisaデビットカード・JCBデビットカード。Visa・JCBと提携することで、より多くの店で24時間365日使える様にしたのである。

VisaやJCBの加盟店ネットワークを利用することで、クレジットカードとほぼ同等の使い勝手を実現したというわけだ。

では、VisaカードやJCBカードといったクレジットカードと使える場所・時間の面で遜色なくなったかというとそうではない。デビットカードであるがゆえのデメリットがある。

Visaデビットカード・JCBデビットカードのデメリットは使えない店があること!

デメリットとは、使える店がどうしても少ないということ。高速道路、ガソリンスタンド、プロバイダー、携帯料金、一部のタクシーなどで使用することが出来ない。

Visaデビットカード・JCBデビットカードがこれらの店で使えない理由はその仕組みにある。

これらの店でクレジットカードを使う際は、支払い金額が決まる前に、カードが利用できるか否かチェックする仕組みとなっている。事前にカードが使える事をチェックしたあと、金額が確定したら正式に決済を確定させる。

しかし、Visaデビット・JCBデビットは即時口座引き落とし型の支払いシステムだ。つまり、事前チェックではOKでも、支払い金額が確定したら残高不足で決済が出来ないという可能性がある。よって、あとから利用金額が確定する様な決済では使えないのだ。

となると、上記に挙げた加盟店以外でも、後払い制の会員費用などの月額利用料の支払いに使えない場合が多い。日経電子版、電気代・ガス代・水道料金などの公共料金では使えないことが多い。

Visa、JCBのクレジットカードでいいんじゃね?

ということで、Visaデビット・JCBデビットはクレジットカードよりも使える場所が少ないということになるため、俺には必要がないものであるという結論となる。

いざという時に使えないなら、予備としてVisaカードやJCBカードなどのクレジットカードを持ち歩かなければならなくなるしね。

しかも、デビットカードよりもクレジットカードの方が付与されるポイントが多いし。ポイント還元率で比較すると、概ね2倍〜4倍クレジットカードの方がお得になる。

Visaデビット・JCBデビットを持つ人ってどんな人なんだろう?クレジットカードの審査が通らない人、18歳未満の学生等の若者、クレジットカード嫌いな人くらいかな?

デビットカードよりクレジットカードの方が絶対にいい(お得で便利)と思うけどね。