ケチな人と思われずに貯金する5つの方法!節約術で上手に貯金しよう!

今は、結婚して家計管理は全て嫁さんに任せっきり。我が家はお小遣い制だから自分の小遣いには超関心があるけど、世帯貯蓄には興味がなくなってきた。ま、俺の一存で自由にできる金じゃないから仕方ないね。嫁さんしっかりものだから安心だし。

ということで、俺は結婚してからお小遣い制で生きてきたわけだけど、それなりに貯金が貯まった。月4万円と+αしかもらってないけど、お金が貯まった。

俺と同じようにお小遣い制の同僚サラリーマンは、月末になると「金がねぇ〜」といっているが、俺は余裕!なぜ、こんなに差がつくのか?俺はなぜ貯金ができているのか?俺の貯金を増やす方法は特別なのか?

実は、社会人になった時に考えた貯金法がある。しかも、「ケチな人だなぁ〜」と思われずに貯金する方法を考えた。その貯金法、というよりは貯金哲学を振り返ると共に世に披露してみる。

スポンサーリンク

ケチな人思われずに貯金する方法5ヶ条

1、人の誘い(遊び、飲み)は、5回に1回しか断らない。
2、本当に欲しい物は、必ず手に入れる。
3、デート費用はすべて負担する。
4、男たるものケチと思われるな。
5、寝る前にその日の出費を振り返る。

ちなみに自慢だが、俺はこの貯金法を駆使し、28歳の時に1,000万円の貯金を達成した。5ヶ条を駆使してそれなりに消費を我慢した結果だ。

では、5ヶ条について詳しく思い出し、解説してみよう。

人の誘い(遊び、飲み)は、5回に1回しか断らない。

こんなことしてたら普通は金がかかって仕方ない。貯金する方法どころか、散財の方法にしか見えない。でも、俺の場合はこの方がお金が貯まるのだ。

それは、なぜか?

5回に1回はお金がかかる遊び、飲み会なんだよね。今日はとことん飲むぞぉ〜、スナックに行くぞぉ〜・・・なんて雰囲気を察知するのがだいたい5回に1回ペースってわけ。 すなわち、いかに安上がりな誘いにのって、いかにお金のかかる誘いを断るか!それがとても重要。

5回に1回ペースで誘いを断ると、「付き合いが悪い奴だな」とは思われない。「あいつはいつも誘いに付き合っているからしょうがないな」って思われるわけ。だから、誘いをうまく断れるし、あとあと人間関係が気まずくなることもない。

本当に欲しい物は、必ず手に入れるのが貯金のコツ

あなたは今、欲しい物はありますか? あるとすれば、本当に欲しい物ですか? テレビかラジオか雑誌か・・・何かで読んだか見た情報だが、人が買うものの6割から7割は使わない物なんだと。

つまり、衝動買。驚きだよね。 だから俺は「これ欲しい!」と思っても、「2週間から1ヵ月後に買う!!」と決めている。やってみて分かったが、時間が経てば結構買わなくて済む物が多いんだよね。あなたも、タンスの奥に1、2度しか着てない洋服なんかありませんか?

で、2週間から1ヶ月経っても「これ欲しい!」と思えば、本当に欲しい物。つまり、必要な物だから我慢せずに買えばいい。貯金する為に欲しいものまで我慢していると、少しずつストレスが溜まり、いずれストレスが大爆発。結果、とんでもない無駄遣いをしてしまうかもしれないからね。

デート費用はすべて負担すると貯金が増える(若い頃限定)

俺が物心付いた頃からよく父親に言われてた言葉がある。「デートする時は、女の子にお金を出させるんじゃないぞ!」 幼稚園生の時から聞かされてた気がする。俺の親父は何を考えてたのやら・・・。でも、小さい頃は訳分からず聞いたけど、なぜかそれを守り通している。

これも、節約とは正反対の行動に見えるが、実はそうではない。立派な貯金する方法になる。なぜなら、「デート費用をすべて持たなければならない」と思うと、お金を使わないデートを考えるようになるから。

愛さえあれば、一緒にいるだけでいいんです! もちろん、たまには贅沢なデートもしてましたよ。たまの贅沢が一層贅沢感を高めるから燃えるしね。それに、こうすることで金遣いの荒い女性とはすぐに別れてしまうので、お金に対する正常な価値観を持った女性と結婚できることになる。ウチの嫁さんみたいなしっかり者と結婚できるんです。なんてね。

さて、これを読んで『割り勘にすれば良いじゃん』って思う人もいるんだろうな。今の若者は合コンやデートでも割り勘にしちゃうって言うし。

俺は、割り勘にしたことがあまり無いのでなんとも言えないのだが、恐らく割り勘にすると『贅沢し過ぎた』とか『金使い過ぎた』と言う感覚が薄れるだろう。

そうなれば、『節約しなくちゃ』と言う考えすら浮かばないことになる。『お金を使っていない』という錯覚は、節約の最大の敵です。

男たるものケチと思われるな

ケチな男は器が小さく見える。器の小さい男は出世が出来ない。出世が出来なければ、給料が上がらない。給料が上がらなければ、いくら節約しても貯金なんか出来ない。

ただそれだけです。

ということで、本当はケチなんですが、いかにケチな人と思われないような行動を取るか!ケチと思われない貯金法を実践するか。それが大事なんです。

大盤振る舞いするところ、ケチるところを十分見極め、お金は有効活用しよう。『生き金、死に金』の使い方を覚えるのはとても重要だ。

寝る前にその日の出費を振り返る

これをやらないと、お金は貯まらない。次から次にお金は自由な小鳥さんみたいに、大空のかなたに飛んで行っちゃう。

「お金を使い過ぎた!」と思えばしばらく節約する。「節約がうまくいっている!」と思えば、いざという時にお金をちょっとだけ有効活用する。

この判断を上手に行う為にも、今日の出費は?今週の出費は?今月の出費は?きちんと把握しておかなければならない。地味だけど、貯金する方法としてはとても重要。

以上、ケチな人、ケチな男と思われずに貯金する方法でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする