FXで生活できるトレーダーって本当にいるの?勝つコツって何?

FXで勝つ人は1割で残りの9割は負けていると言われている。

1割しか利益を出せず、9割が損しているFXトレードの世界って手を出すべきじゃないよね。。。FXでの資産運用は、あまり賢い選択とは言えない気がする。

しかし、「ミセス・ワタナベ」という言葉があるように、日本には個人のFX投資家がかなり多い。なぜ、1割しか利益を出せないのに、こんなに多くの日本人がFXで資産運用をしているのだろうか?

そして、FXで生活している専業トレーダーは本当に存在しているのだろうか?

本当にFXの利益で生計を立てられるのであれば、なんとかその技術・知識・コツを習得してFXデイトレーダーとして生活してみたい。

ということで、FXトレードで生活できるのか?を少しだけ考えてみたい。

スポンサーリンク

FXで100万円損した経験

FXについて初めて考えてみるみたいな書き出しをしているが、俺も数年前にFXで資産運用をし、大きな損失を出した。

その時の経験を書いたブログ記事にもあるように俺は、100万円という大金を1日で失ってしまった。

そう、俺も勝てない9割の一員だ。しかし、大きく勝負する前の勝率は9割を超えていた。この時は、勝てる1割に属していたのだ。

「諦めたらそこで試合終了ですよ」という有名な言葉があるがまさにその通り。勝率9割のところでFXマーケットから撤退していれば俺は勝てる1割で終わっていた。しかし、そこで諦めず大勝負に出た結果、大損してFXマーケットから撤退したからFXで勝てない9割に属する事になった。

ということで、ここで再度FXトレードを再開し、100万円を超える利益を上げることができれば、勝てる1割に返り咲くことができる。

100万円もの大金を失って得た経験は大きい。

FXトレードに限った話ではないが、投資の世界では自分で決めたルールを守ることが大事だと言われている。100万円もの大金を失った原因は、自分のルールを守れずに欲を出したこと。身をもってルールを守ることの重要性を学んだ俺は、昔とは一味違うはずだ。

ってことで、再度FXトレードによる資産運用を勉強し、チャレンジしてみようと思う。

FXで生活できるトレーダーって本当にいるの?

ところで、FXで生活出来ているトレーダーって本当にいるのだろうか?もしいるとすれば、その人達はデイトレードで常に勝つルール・コツを知っているということになる。

FXによる資産運用で常勝できる方法が存在することになる。

こういう人はどうすれば見つけることができるのだろうか?

ってことで、早速インターネットで調べてみたが、FXで生活している専業トレーダーって本当にいるんだね。そんな人達のブログがたくさんヒットする。

しかし、肝心の勝てる手法、常勝するためのルールの記載がほとんど無い・・・。

やっぱり、そんな情報は簡単に書かないんだろうね。

ただ言えることは、勝率100%はありえないということ。専業FXトレーダーとして生活している人でさえ、勝率は60%〜70%程度。FXは株式投資よりも博打に近いって言うしね。

つまり、FXで勝つコツは6勝4敗や7勝3敗でもしっかりと利益を出すトレード手法を見出す必要があるということ。

FXで勝つためのルールとは?

FXでしっかりと利益を出す為のルールとは、負ける事を前提としたルールであるということ。

例えば、「損切りは10pipsとし、利益確定は20pipsとする」というルールを決めることだ。仮に、このルールを決めてトレードし、勝敗が6勝4敗だった場合、いくらの利益がでるのか?

  • 6勝✕20pips=120pips
  • 4敗✕10pips=40pips
  • 差し引きで利益は、120pipsー40pips=80pips

つまり、FXは上がるか下がるか。何も考えずにトレードすれば勝率は5勝5敗となるため、損切りは早めに行い、利益確定は損切りの幅よりも多めに取れば良いことになる。

とても簡単な理屈だ。

為替相場は予想が難しいと言われていて、専門家でさえそう簡単に予想を当てられない。しかし、相場には多少トレンドと言うものがある。そのトレンドを読み、その傾向を取り入れさえすれば、勝率は少しは上がるはずである。

ってことで、理屈上ではFXで勝ち組に入れる気がしてきた。

取り敢えず少額から再開し、デイトレードよ言うよりスキャルピングトレードでこまめに利確して小遣い稼ぎしてみようかな。

いつかFXで生活できるデイトレーダーになってみたいな。それが出来たら、独自のルールとかFXで勝つためのコツなんてものを公開して誰かの役に立ってみたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする