三菱東京UFJ銀行のスマホアプリは2つある。機能の違いは?どっちか1つじゃダメ?

三菱東京UFJ銀行が提供するスマホアプリは2つある。

スマホアプリの名前は、1つが「三菱東京UFJ銀行」、もう一つが「My Money」だ。

2つともiPhone、Android両方に対応しているアプリだが、なぜ2つのアプリが存在しているのだろう?この2つのアプリの機能は何が違うのだろうか?

銀行のアプリを2つもインストールするのって何だか嫌なんだけど、どっちか1つのアプリだけでは何か問題があるのだろうか?

ということで、この2つの公式スマホアプリについて、その機能の違いを調べてみた。

スポンサーリンク

「三菱東京UFJ銀行」と「My Money」の違い

「三菱東京UFJ銀行」と「My Money」の違い。それは、振込や振替などのインターネットバンキング機能があるかないか?のようだ。

振込や振替等の操作をしたい場合は「三菱東京UFJ銀行」アプリを使う必要があるが、何も操作をせず、口座残高照会、入出金照会をするだけなら「My Money」を使えば良く、照会や情報収集に特化している分「My Money」の方がグラフ表示されるし、グループ企業の情報も見ることができるなど利便性が高い。

「三菱東京UFJ銀行」アプリの機能

三菱東京UFJダイレクトのインターネットバンキング機能(残高照会、入出金明細照会、振込・振替)を利用できる。さらに、ワンタイムパスワード機能でインターネットバンキングを安全に利用することができる。

【主な機能】

  • 残高照会
  • 入出金明細照会
  • 振込(マイパターンを含む)
  • 振替(マイパターンを含む)
  • ワンタイムパスワードの生成・表示 (※パソコンやスマートフォンブラウザでのお取引時に利用します)
  • 為替レート通知
  • カレンダー連携(マイパターン)
  • 三菱東京UFJ銀行のATM・店舗の検索

なお、定期預金、外貨預金、投資信託、メールアドレス変更、住所変更等の操作についてもこのアプリから選択できるが、Webサービスに繋がるのでアプリで完結することは出来ない。

「My Money」アプリの機能

スマートフォンで手軽に口座残高の照会やクレジットカード、デビットカードの利用明細が確認できる。また、お金に関するコラムも連載されている。

【主な機能】

  • 三菱東京UFJ銀行口座情報の照会
    〜移動明細、残高グラフの表示、収入・支出推移グラフ等が最長12ヵ月分閲覧可能
  • 三菱東京UFJダイレクトのサービス指定口座残高照会
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループの口座残高照会
    <照会できるグループ企業>
    ・三菱UFJ信託銀行
    ・三菱UFJモルガン・スタンレー証券
    ・カブドットコム証券
    ・じぶん銀行
  • 各種カードの利用情報照会
    <照会できるカード>
    ・三菱東京UFJ銀行発行のクレジットカード
    ・三菱UFJニコス発行のクレジットカード(一部カード対象外)
    ・三菱東京UFJ銀行発行のデビットカード(VISAデビット)
  • 金融に関するコラムの掲載
  • つみたてシミュレーション

ということで、どちらか1つのアプリだけ利用したい場合は、ワンタイムパスワードによる振込・振替機能が利用可能な「三菱東京UFJ銀行」アプリを使うしかない。

しかし、MUFGフィナンシャルグループ各社の情報も一括して確認したいのであれば、「My Money」を使うしか無いので、結局2つのアプリをインストールして使わざるを得ない。

2つとも操作性はよく便利ではあるが、なんでこの2つのアプリの機能を統合しなかったんだろう・・・。1つにしてくれると有り難いんだけどな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする