ライフアシストポイントとは?景気対策・キャッシュレス社会の実現へ向け導入して欲しい!

年収お金・投資・副業

「ライフアシストポイント制度」というのを聞いたことはあるでしょうか?

ライフアシストポイントとは、「年間のクレジットカード利用額の50万円を超えた部分に関して5%のポイントを付与し、上限の200万に対して年間最大10万円まで国がキャッシュバックをする」という制度。

つまり、日本における景気刺激策です。

この景気対策はかなり高い確率で実現されると考えられていました。しかし、いつの間にか議論されることもなくなってしまったようです・・・

それどころか、消費税10%への増税対策として「キャッシュレス・消費者還元事業」が開始されましたし、2020年にはマイナンバーカードを活用したキャッシュレス施策も検討されてますしね。

でも、キャッシュレス・消費者還元事業もマイナンバーを活用したキャッシュレス施策も期間限定の短期的施策。よって、中長期的な景気対策として、かなり魅力的であり、フィージビリティ(実現性)も高い本制度を、再度検討してくれないかなぁ〜。

スポンサーリンク

ライフ・アシスト・ポイント制度のメリット

もう一昔前になってしまいましたが、日本では景気対策として「家電エコポイント制度」や「住宅エコポイント制度」が実施されました。

しかし、この制度は家電と住宅を買う人しか恩恵が得られないという酷い対策でした。

還元されるポイントの原資はすべての国民が納めた税金だというのに、一部の人しか恩恵が受けられないわけですからね。私なんて1円たりとも得しませんでした。家電も買ったばかりだったし、住宅なんて買うタイミングではなかったので。

しかし、ライフアシストポイントはクレジットカードやスマホ決済で買えるものであれば、何でもポイントの対象となる制度です(一部対象外となるものはあるでしょうけど)。

つまり、家電や住宅という業種に縛られない分、より多くの人がこの制度の恩恵を受けることができるわけです。(高齢者には厳しいかもしれないけど・・・)

家電購入費用はもちろん、毎日のスーパーやコンビニでの買い物、旅行代金、趣味にかかる費用etc・・・。とにかくクレジットカード・スマホ決済で支払えるものなら何でも対象となるのです。これが我々消費者にとっての直接的なメリットです。

2つ目のメリットは、景気対策となることです。ライフアシストポイントによってキャッシュバックを受けた我々消費者はどうするか?もちろん、消費に回しますよね。得した気分になって無駄遣いだってしちゃうでしょう。その結果、日本の消費は伸びていく。しかもいろんな業種の売上が上がるのです。

さらに、増える消費はキャッシュバック分だけではありません。クレジットカードは後払い方式。手元に現金がなくても物が買えちゃいます。

世界と比較すると、日本のクレジットカードの利用率はかなり低いのです。つまり、日本人は現金主義者が多いんですね。よって、お財布にあるお金以上は使わない。

しかし、ライフアシストポイントによってクレジットカードの利用率が増え、クレジットカードを使うことに抵抗が無くなった日本人が増えるとどうなるでしょう?

無駄遣いや衝動買いが増えるのは目に見えています。手元に現金が無くてもクレジットカードで物が買えてしまうわけですから、消費は確実に増えていきますね。日本の景気は一気に回復です・・・・!?

スポンサーリンク

ライフ・アシスト・ポイント制度のデメリット

ライフアシストポイント制度にはもちろんデメリットもあります。

1つ目のデメリットは、クレジットカードの利用による多重債務者の増加です。ライフアシストポイントのメリット部分で書きましたが、クレジットカードを使って思わず無駄遣いや衝動買いをする人は増えるはずです。その結果、収入以上の出費をしてしまうことで多重債務者は増えます。

何でもそうですが、どんなに便利な制度や道具も使い方を間違えばデメリットが生まれるのです。多重債務となる人は自己管理ができない、自制心が弱い人間です。このデメリットは自分の気持ち、行動一つで消すことができます。

2つ目のデメリットは、クレジットカードが作れない人、つまりクレジットカードの審査が通らない人は恩恵を受けることができないということです。俗に言う、ブラックリストに載っちゃっている人ですね。

このデメリットも自業自得と言えばそれまでなのですが、国はクレジットカードを作れない人を救う対策を打つのでしょうか?どうでしょうかね?結構注目すべき問題ですね。

スポンサーリンク

ライフアシストポイントを最大限に活用するためのお得なクレジットカードとは

ライフアシストポイント制度が導入された場合、どのようなクレジットカードを作ればこの制度を最大限活用することができるか考えてみましょう。

まず、本制度をおさらいします。

ライフ・アシスト・ポイントとは「年間のクレジットカード利用額の50万円を超えた部分に関して5%のポイントを付与し、上限の200万に対して年間最大10万円まで国がキャッシュバックをする」という制度です。

ここで大事なポイントは、「年間のクレジットカード利用金額が50万円以上必要」ということです。年間50万円以上ということは、ひとつのクレジットカードをメインとして使う必要があります。クレジットカードをよく使う人の中にはい、3〜5枚のクレジットカードを使い分けている人がいると思います。しかし、本制度を最大限に活用するためには1枚のクレジットカードをメインとし、年間200万円まで利用するのが一番得することになるでしょう。

ということで、メインカードとして使えるクレジットカードを持つ必要があります。メインとして使うということは、やはりそれなりにサービスがしっかりしている1枚を持ちたいですよね。

年会費無料のクレジットカードでもいいと思いますが、メインとして持つなら、年会費がかかってもしっかりとしたサービスや万一のための保険が付いているカードにしたいものです。

また、年間200万円を使うためにはありとあらゆるものをクレジットカード決済にしなければならないと思います。コンビニで買うジュース一本でさえクレジットカードで支払うのです。

しかし、コンビニで買う数百円の支払いでクレジットカードを出すのはちょっと恥ずかしいですよね。そんな人におすすめなのは、ゴールドカードやプラチナカードです。ステイタスのあるゴールドカードやプラチナカードであれば、数百円の支払いの時もクレジットカードを出すのが恥ずかしくありません。(ま、自己満足の世界ですが・・・)

ゴールドカードやプラチナカードは年会費が多少高いですが、5%がキャッシュバックされることとを考えればかえって得になることもあります。

多くの人にとって活用できるであろう「ライフアシストポイント制度」。

多少問題点はあるものの、賢く使えば必ず得できるお得な制度です。キャッシュレス社会へ向けて加速的にインフラを整え、日本人がもっとキャッシュレスに慣れ親しめるようにぜひ実現して欲しい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました