投資の初心者に毎月1万円を投資したいと相談された時のアドバイス

先日、会社の後輩と昼飯を食べに行った時に、投資について相談をされた。

彼は20代半ばの男性。年収は恐らく450万程度。会社に入って投資なんか考えたことがなかったらしいが、貯金が300万貯まったことが切っ掛けで「もうそろそろ資産運用を始めたいなぁ〜」と思うようになったらしい。

彼は一人暮らしだが、20代半ばで貯金を300円貯めていることからも分かるように結構しっかり屋さんだ。ちなみに、その300万円はどうしているのか尋ねたところ、200万円は定期預金で100万円は普通預金にしているとのころ。しっかり屋さんだが、リスクを避けるタイプの慎重派だ。

ということで、そんな投資初心者の後輩君に対するアドバイスを記録しておこうと思う。初心に戻って自分の投資スタイルを見直すためにも・・・。

スポンサーリンク

投資の目的を考えよう

投資初心者の彼に聞いてみた。「俺に何を相談したいの?」と。すると彼は、「毎月1万円を投資したいと思ってるんですけど、何を買えばいいですか?」と聞いてきた。

彼は、毎月1万円を使って、株を買えばよいのか、外貨を買えばよいのか、投資信託を買えばいいのか全く判断が付かないことに困っていたのだ。

それにしても、慎重派の彼らしい。年収は450万円もあり、貯金は300万円以上もあるのに、毎月投資に回す金額は1万円しか出したくないというのだ。もちろん、投資が初めてなので、少額の1万円から初めて勉強したいという思いもあるらしいが・・・。

さて、俺は彼に質問を続けた。「投資の目的は何だ?」と。彼は、「定期預金の金利が低すぎて利子なんて微々たるものだから、貯金を運用してお金を増やしたいんです。あと、日本の借金が増えてきて怖いじゃないですか?円が暴落した時の対策もしたいんですよね。あと、あまりリスクが高いのは嫌です。」そう答えた。

次に「どのくらい増やしたいの?定期預金の金利なんて10年もので0.4%前後だろ?その2倍か?それとも10倍か?」と聞いてみると、「1年後に10%くらい増える投資ってないですかね?もちろん、2倍とか3倍とかになると嬉しいですけど・・・。そんな投資ないですよね?」と彼は答えた。

彼は投資の目的を漠然としか考えていなかったようだが、質問により炙りだされた彼の理想は以下の通りだ。投資初心者とはいえ我儘で都合いい考えだけど・・・。

「リターンは10%を求めているが、リスクは追いたくない。そして、日本円が暴落する危険性を感じているので、インフレ対策もしたい。しかも、毎月たったの1万円の投資でそれらを実現したい!」

無理難題である。。。。そんなものがあれば、俺もとっくにやっている。

投資初心者の彼にアドバイスした運用方法

投資に対する彼の目的・要望・希望を理解したうえで、俺はアドバイスを行った。内容は以下の通り。

まずは、彼のなかで漠然としていた投資の目的を整理してあげた。

  1. 投資のリターン、利回りは10%以上欲しい。
  2. とはいえ、リスクはあまり追いたくない。
  3. 日本円暴落、インフレ対策として投資したい。
  4. 投資額は毎月1万円から初めて投資、資産運用を勉強したい。

以上の4つである。で、後輩君の求めるこれら4つの理想をすべて叶える金融商品は存在しないことを説明した。彼は自分が不可能な事を求めていたことをすぐに理解し、恥ずかしそうにしながら納得してくれた。

しかし、これら4つの目的を同時に叶えることは出来なくても、個別に叶えることは可能である。よって、以下の金融商品、投資ポートフォリオを勧めた。

  1. 投資のリターン・利回り10%以上を叶える。
    つまり、リスクが高い金融商品への投資である。日本のベンチャー企業や新興国の株式への一点集中投資である。しかし、投資初心者の彼には高度過ぎる投資プランである。よって、投資信託を勧めた。投資信託は運用手数料が高いため、儲かりにくいと言われているが、投資初心者から中級者にとっては、十分んいい商品である。 
  2. リスクが低い投資がしたい。
    定期預金の金利より高い利回りが見込めればいいのであれば、低リスクの商品はいくらでもある。国債でもいいし、低リスクの投資信託でもいい。これはそんなに悩むこと無く、自分が好きなもの、興味があるものでやればいい。 
  3. 日本円暴落、インフレ対策として投資したい。
    つまり、外貨の金融商品を買えばいいのである。外貨預金、外貨定期預金、外貨MMF(投資信託)、FX、外貨建ての投資信託などである。この中でどれでも好きな金融商品、興味がわく金融商品を選択すればいいのだが、俺は彼に外貨預金を勧めた。なぜなら、ハイリターンの金融商品として投資信託の運用は学べるからだ。よって、外貨預金による資産運用を学ぶべきだと考えたのだ。 
  4. 上記の投資を毎月1万円で実施する方法
    今は、色んな金融商品で少額からの投資が可能だ。しかも、自動的に毎月積み立てることが出来る。上記で後輩君におすすめした金融商品は「株式投資」以外全て可能だろう。ちなみに、俺が愛用しているネットバンクのソニー銀行は、外貨預金は毎月500円から、投資信託は毎月1,000円から積立購入が可能だ。さらに、日本円での預金金利、定期預金金利も結構高い。よって、後輩君が現在貯め込んでいる300万円も比較的高金利で運用できるし、毎月1万円の投資も一括管理が可能となる。ソニー銀行は経営状態も良いので一応おすすめしておいた。

以上が投資初心者である後輩君の相談に対する俺の回答・アドバイスだ。なお、こうやってアドバイス内容を見てみると、俺が実施行っている投資プラン、ポートフォリオと全く同じである。

毎月1万円で始める投資初心者の資産運用も、毎月10万円を投資する中級者の資産運用もあまり変わらないということだね。