残業の平均時間は何時間?10〜100時間まで幅広い調査結果があるけど・・・

みんな残業ってどのくらいしているんだろう?

厚生労働省が調査し公開している日本人の平均残業時間は約10時間(一般労働者13.4時間、パートタイム労働者2.8時間)。一方、民間企業が労働者から集めたアンケート結果によると45時間を超えている。

この違いは、平均残業時間を聞いたアンケート対象者の違いによるところだと思う。厚生労働省は雇用主から情報を集めているが、民間企業は口コミ形式で平均残業時間の情報を集めている。

雇用主に聞けば、サービス残業はカウントされないだろうし、口コミの情報は、わざわざアンケートに協力しているくらいだから、そもそも残業に関心が高い(=残業時間が多くて悩んでいる人)だろうからね。

スポンサーリンク

平均残業時間なんて職種・業種・ポジションで違うよね・・・

俺は新入社員から同じ会社に15年以上努めているが、残業時間の平均には大きな差がある。

80時間、100時間なんて過労死しちゃうんじゃないかと思うほど長時間の残業をしていた時もあれば、10時間程度のときもある。平均すると45時間位かな。

同じ会社でも10時間〜100時間まで幅広い。これ程までに残業時間の幅が広い理由は、色々ある。

  • 閑散期と繁忙期という季節的要因
  • たまたま大きな契約が取れた時や契約が全く取れない時という要因。
  • 同僚が退職して人が減った
  • トラブルが発生し、そのリカバリーに多くの時間を要した
  • 業績不振により残業代カットの為、残業抑制命令が出た
  • 暇な部署から忙しい部署に転勤・異動した
  • 平社員から昇格して部下を持つ管理職となった

これらの要因は一時的なものもあれば、長期的なものもある。同じ会社なのに、平均残業時間が10時間程度の部署もあれば、100時間を超える部署もある。

こう考えると、平均残業時間なんて気にしても仕方ないし、長時間の残業が嫌だからと平均残業時間が少ない企業に転職したところで、本当に残業時間が少ない部署やポジションに就けるかもわからないしね。

となると、残業時間を減らすには自分の置かれる環境に頼るよりも、自分で残業時間を減らすスキル・ノウハウを身に付ける方が良いのかもしれない。

今まで残業について色々考えてきたけど、自分の力で残業時間を減らすことはあまり考えてこなかったもんな。

残業時間を減らす方法

なぜ毎月毎月残業をしているかというと、別に仕事や残業が好きなわけでもないし、残業代を稼ぎたいわけでもない。(そもそも残業代出ないし・・・)

仕事が終わらないからだ。

仕事を早く処理するスキル、残業を減らすスキルがそもそも俺にはないってことだろうな・・・。

俺達は、所詮雇われ社員。上司から「これやれ、あれやれ」と指示を受け、仕事量はどんどん増えるばかり。そして、これらの指示をすべて真に受け、すべてに全力で取り組んでいればいつまで経っても残業なんて減らない。

一つ一つの仕事を処理するスピードを上げるための工夫もしなければならないが、仕事量をコントロールしたり、上司や他部署との調整・段取り、部下のスケジュール管理など、不足してるスキルは数え上げたらキリがない。。。

残業を減らす事をテーマとした書籍も沢山出てるし、本屋さんに言って読み漁ろうかな・・・

スポンサーリンク

シェアする

フォローする