幸せなサラリーマン生活に憧れ、これからの生き方を考えてみた。

仕事

サラリーマンとして幸せに生きていくにはどうすればいいんだろう?そんなことを考えてみました。一部は自分の体験、一部は知り合いの体験をもとに書きましたが、フィクションです。僕の体験(愚痴)じゃないですよ!

スポンサーリンク

下っ端のサラリーマンはつらいよね。

現代を生きるサラリーマンは辛いですよ。ほんと辛い。

毎日、毎日、すし詰め状態の満員電車に揺られて朝からクタクタになるし、会社に行けば上司に怒られるし、精神的に詰められる。くだらない仕事ばかりやらされる。

昼飯に行く時間どころか、トイレに行く時間もないくらい忙しい。リストラで人員削減されちゃったからね。人は少なくなる一方だけど、仕事は増え続けてる。

今の世の中って不況じゃん?そんなに簡単に業績上がるわけ無いじゃんかよ。現在の世の中は、おっさん達が経験した高度成長期じゃないんだよ。大事だから2回言うけど”不景気”だよ。日本だけじゃなくて世界中が不景気なわけ。

なのに、なんで高度成長期だった時代と同じくらいの業績アップを目標にしちゃうんだろうね?うちの経営者は頭悪いのかな?

お偉いさんもつらいんだよね?でも、俺らの方がツライのよ。

まぁ〜、分かってるよ。お偉いさんたちも辛いんでしょ。

株主とか金融機関に詰められて。だから、デキもしない目標を”やる”って宣言しちゃったんでしょ。それで、宣言しちゃった無茶な目標を部下に押し付けちゃったんでしょ?

本当は分かってるんだよね?こんな目標を達成することが絶対に不可能なこと。でもね、あなた達がデキもしない目標作っちゃったからこっちはすごく大変なわけ。

達成不可能と分かっている目標を達成するために、トイレに行く時間も惜しんでマーケット分析して、仮説を立てて、営業して、上手く行かなくて部長連中に怒られる毎日を送っているんですよ。精神的、肉体的に崩壊寸前ですよ。

あ、誤解無いように言っとくけど、不可能を可能にするために前向きなことやっているわけじゃないよ。「不可能を可能にするために頑張ってますよぉ〜」ってアピールするための仕事をしているわけ。目的はアピールであって、営業目標達成ではないんだな。やるべきこと完全に見失ってます。

もう少しストレートに言うと、無駄な経費使って赤字になると分かっていることを一生懸命やっているんです。毎日、つらい思いしながら赤字作ってるのね。

お偉いさん達の評価軸が間違ってるからおかしいんじゃね?

でも、この無駄な仕事を見て、あなた達経営者層は満足しているよね。

「やることはやっているな」って、意味のない評価しているよね。評価軸が間違ってますよぉ〜!無駄な仕事は無駄だと主張する社員、利益追求に汗水を流す社員を評価するべきなんですよ。

社長や役員にいい顔したいだけで、無駄な仕事を部下に押し付けている部長クラスの人間がいかに無能か理解してちょうだい。

部長ってさ、部長になったんだもん。本当は優秀なはずなのよ。でもね、経営者層のあなた達が間違った評価しちゃってるから、彼らも間違った指示出しちゃってるわけよ。部長クラスの人間は、会社の将来とか本当に会社を良くしようなんてほとんど考えてないからね。

考えているのは自分の出世だけ。
数年後の自分のことだけしか考えてないの。

だから、無駄なことを平気で部下にやらせちゃうんだろうね。
でないと、 自分の将来が無いから。

なんで出世したいんだろうね?出世って何だ!?

サラリーマンって辛いね。
出世するために、左遷されない為には自分の信念で動くのではなく、常に自分より上の人間の評価だけを気にして行動しなくちゃいけないんだからね。

そして、会社のトップである社長になっても、株主や金融機関の評価を気にしなければならない。

そもそも、なんで出世したいんだろう?
自分の思い通りの仕事がしたいからじゃないの?自分の判断で仕事をしたいからじゃないの?ちがうの?

お金だけを目的にしているならいいんだろうけど、俺は自分の判断で、自分が信じる方向性で仕事がしたいから出世したいと思ってた。でも、どこまで偉くなっても自分の思い通りに仕事できないみたい。ってことがやっと分かったよ。

最強のサラリーマンとは!

長い文書になっちゃったけど、俺の目指すサラリーマンは、出世を諦めたサラリーマン。組織の一部として歯車になりきれるサラリーマンだ。自分より年下の上司が現れても卑屈にならず、平常でいられるサラリーマンを目指す。

そうすれば、自分の信念と異なる仕事をすることで苦しまなくて済むしね。曲がりなりにも大企業に務めているので、大きなヘマをやらかさない限り首にならないし、給料もそれなりにもらえるし。

出世を諦め、歯車になりきれば、それが最強のサラリーマンだね。

言葉は悪いけど、アホな経営者、それにゴマすりをする部長たちの間違った判断に逆らわず完璧に仕事をこなす。求められたことだけやって、それ以上の仕事をしようなんて考えない。

そんな事考える暇があったら、ちゃんと昼飯食べたいしね。仕事での自己実現は諦めて、プライベートでの自己実現を目指そう。そう割り切れるサラリーマンこそが最強なのかもなんて思う今日この頃です。

以上、精神的に疲れ切ったサラリーマンが集う飲み会での会話を披露させていただきました。「偉くなって、この腐れ切った会社を俺が変えてやるぜ!」ってくらい前向きで熱い考えを披露できればよかったのですが。。。

飲み会をやるたびに、お互いの傷を舐めあうことになるんですよね(汗)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました