10年前のMacBook Airで在宅勤務してみた。テレワークに耐えられるか?

仕事・ビジネス仕事

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言が発令。

政府が7割の在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)を各企業に要請したことによって、私の勤務先でも強制ではないがテレワーク推奨となった。

で、問題は自宅で仕事をする為の環境が全く揃っていないということ。

都内に住む40代バツイチ独身男性の私の自宅は1Kの狭いマンション。なので、もちろん書斎なんてなければ、デスクワークをするための机も椅子もない。

しかも、会社がノートパソコンとかPocket WiFiも貸し出してくれないので、自宅で仕事をするための環境はすべて自腹で準備しなければならない。

いつまで続くか分からないテレワークの為に大枚はたいて、デスク・チェアー・パソコン・ネット環境なんて準備したくない!!

ということで、テレワークしづらいだろうし、効率も悪いだろうし、ストレスも感じるかもしれないけど、有りものでテレワークをやってみた。

スポンサーリンク

有りもので対応したテレワーク環境は?

自宅で仕事する際に必要なもので、もともとあるのは・・・

  • 食事をする際に使っているローテーブル
  • 折りたたみ式のローチェアー(コールマンのキャンプ用ローチェアー)
  • 10年前の古いノートパソコン「MacBook Air11インチ」
  • インターネット環境は、スマホのテザリング「月間20Gまで」

なんと非力な環境なんだ・・・

ネットで検索してみると、「効率的なテレワーク環境を整えるためのおすすめグッズ」とか「おしゃれなテレワーク用デスク」なんて特集がたくさん組まれているが、私はまだそこにもたどり着けない・・・

もちろん、何もないからこそ1からすべて揃えてもいいんだけど、緊急事態宣言が解除されたら在宅勤務推奨ではなくなり、コロナ前と同じように普通に出勤している可能性も捨てられないので、もう少し様子見したいんだよね。お金もったいないし・・・

で、一番問題はやっぱりパソコン。デスクやチェアーはなくても仕事できるけど、パソコンが無くては全く仕事にならない。

ってことで、今日は10年前(2011年製)のノートパソコンで仕事をしてみた結果について書いてみたい。

スポンサーリンク

私が長年愛用しているノートパソコンのスペックは・・・

今はネットサーフィンもスマホで事足りる時代なので、自宅でパソコン使うなんてこのブログを書く時くらい。なので、自宅にあるパソコンは以下のような非力なスペックとなっています。

  • MacBook Air (11-inch, Mid 2011)
  • プロセッサ:1.6 GHz Intel Core i5
  • メモリ:2 GB
  • ディスプレイ:11.6インチ(1366 x 768)
  • OSバージョン:macOS 10.13 High Sierra(今から3世代前かな…)

10年前の古いパソコンなんだけど、時々使う分には全くストレスないんだよね。

起動だってそこそこ速いし、ネットサーフィンはもちろん、ちょっとした画像修正程度ならサクサクできちゃうしね。(画像修正なんてほとんどしないけど・・・)

なので、テレワークだってこのパソコンでストレスなくこなせると思ってたんだけど、以外に困ることもあった。やっぱり10年前の低スペックなノートパソコンだと無理があるのかな・・・

スポンサーリンク

11.6インチの小さな画面サイズでは非効率極まりない!

通常会社で使っているパソコンではデスクトップパソコン。

で、その画面は20インチ程度あるのかな?

それに対して、私のMacBook Airは11.6インチとかなり小さいタイプ。ネットサーフィンとブログ執筆程度ならこの画面サイズで何も困ることはないのだが、仕事となるとやっぱり別だった。

仕事で使うソフトといえば、、、

  • メール・スケジュール管理はOutlook
  • 計数管理とデータ分析は、エクセル・ACCESS
  • 企画書、提案書はPowerPoint、ワード
  • etc・・・

これらのソフトを使って仕事をするとなると、11.6インチの画面サイズでは画面が小さすぎて必要な範囲が表示できず、スクロールしまくりになってしまう。

しかも、乱視のせいか、40歳半ばのおじさんなので多少老眼?が入っているせいか、小さい文字が見づらくて・・・。目がしばしばしちゃうし、眼精疲労で頭が痛くなってしまう。

これでは仕事にならないどころか、体がおかしくなりそうな感じた。

スポンサーリンク

CPUとメモリが低スペックだとWeb会議に耐えられない。冷却ファンが回りっぱなしでうるさい!

仕事で使うソフトを先程書き出したが、リモートならではで新たに使い始めたソフトがあった。

それが、Web会議ツール(オンライ会議?ビデオ会議?なんと言うのが正解??)だ。

うちの勤務先では、TeamsとZoomが使えるのだが、いずれも低スペックなノートパソコンだ使えないわけではないけど、ちょっと問題がある。

ビデオも画面共有もオフにすれば問題なく使えるんだけど、ビデオ・画像共有を駆使しながら会議をしていると、ものの数分で私のMacBook Airはけたたましい音を出しながら、冷却ファンをフル回転で回し続けてしまうのだ。

もちろん、それだけパソコンも熱をもってしまい、キーボードは熱くて不快だし、冷却ファンが回り続ける音で相手の声が聞こえづらいし・・・。

ということで、企画系のお仕事で高スペックなパソコンを必要としない仕事しかしていない私でも、10年前の低スペックな古いノートパソコンでのテレワークには限界がありました。非効率過ぎて仕事は進まないし、ストレスが溜まりまくります。

新型コロナウイルスの感染拡大はそう簡単に収束しそうもないし、自己投資ということで新しいパソコン買おうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました