仕事でやる気が出ない時の対処法。ってか出さなくていいんじゃね?

最近、仕事でやる気がでない。

やらなきゃいけないことは沢山あるが、どうもやる気にならない。出勤後、仕事に取り掛かるスピードも落ちているし、面倒臭い仕事は後回しにして、ついつい頭を使わなくて済む簡単な仕事から手を付けてしまう。

いつもは、出勤してPCの電源を入れると同時に俺のやる気スイッチもオンになり、仕事モードになる。しかし、なぜかそのやる気スイッチが入らなくなってしまったようだ。

やる気が出ない原因、やる気を出す方法(やる気がでない時の対処法)、ってかそもそもやる気を出す必要があるのか?などを考えてみた。

スポンサーリンク

やる気が出る時と出ない時の違い

まずは、現状分析をする必要がある。やる気が出る時と出ない時ではいったい何が違うのか?やる気が出ないとは具体的にどのような現象なのか、朝起きてから寝るまでを考えてみる。

  • 朝起きた時
    いつもより「だる重ぉ〜」って感じが強い。起きれない程ではないが、とにかくダルいのだ。
  • 通勤時
    朝起きて1時間程経過しているが、ダルさが抜けない。また、足がとても重く感じる。ってか明らかに重い。よって、駅に着く頃にはいつも異常に疲れている。
  • 出勤時
    いつもなら、自分のデスクに腰掛け、PCの電源を入れた瞬間に仕事モードになり、シャキッとするのだが、そのスイッチが入らない。PCに電源を入れてもぼーっとしてしまう。思考停止状態だ。。。
  • 仕事中
    とにかく、何をするにも動作が鈍い。また、考えるのが凄く億劫になる。よって、考えずに済むような作業系の仕事ばかりに手を付けてしまう。
  • 夕方
    定時が来ると、「今日は帰りたい・・・」としか考えなくなる。仕事が終わってなくても、放り出して帰りたくなる。いつもなら、ラストスパートで仕事の処理スピードは上がるはずなのに、下がる一方。。。

こう見ると、ただひたすら疲れているだけなんじゃないかと思える。疲れていれば、そりゃーやる気も出ないわな。でも、このやる気がでない状態は定期的に訪れる。肉体的な疲れに完全に連動しているとは思えない。

どういうことなんだろうなぁ〜・・・。

やる気がでなくて困ることとは?

さて、やる気がでない、無気力状態、仕事の効率が悪い。こんな状態で俺が困っていることとは一体なんだろう?

実はそれ程困っていない事に気がついた。確かに、仕事の処理スピードが落ちているし、難しい仕事は後回しにしている。でも、仕事がたまる一方にも関わらず、大した残業もせず、それで何とかなっている。

ということは、実は「俺は最近忙しく無いんじゃないのか?」って気がしてきた。本当に忙しい時は「やる気がでない」とか言ってられない。疲れたとか感じる間もなく、ひたすら仕事をこなす状態に追い込まれる。

事実、忙しい時はランチタイムになったことにも気づかず昼飯を食べ損ねるし、気がつけば数時間トイレに行っていないなんてこともザラにある。さらに、時間の経過があっという間に感じられ、3・4時間しか仕事をしていないと思っていたら、すでに定時になっていたなんてこともある。

つまり、本当にやらなければならないことがある時、本当に仕事が忙しい時は、時間を忘れるくらい集中して仕事をしているのだ。やる気満々の状態である。

やる気が出ない時は出るまで待とう

ということで、俺がやる気が出なくなる時と言うのは、忙しい時がしばらく続いた後、つまり忙しさが一段落した時であり、燃え尽きた時だと考えられる。

で、このやる気がでない状況というのは、恐らく充電期間である。心身ともに疲れきった状態を回復するために必要な時間なのである。

にも関わらず、「やる気が出ない。どうしよう。やる気を出さねば!」なんて考えていては、一向に気が休まらない。で、気が休まらないからいつまで経ってもやる気がでない心理状況が続く・・・。つまり、悪循環となるのだ。

ってことで、やる気が出ないというのは、体が休憩を求めている時であると理解しよう。なので、やる気が出ない時にやる気を出す方法は、何も考えず、自分の気持ちに従ってのんびりと過ごすことである。

やる気が出ない時は、残業もせず、早めに家に帰って好きな事をして時間を過ごすのが一番いいね。