付き合い残業を止めたら残業が増えた!?成果主義になるのが怖い・・・

俺は、権力(上司・先輩)に弱く、八方美人であり、言いたいことをはっきりと言えない情けない男だ。

この性格が原因で、俺はなかなか早帰りが出来ず、付き合い残業をしてしまう。

上司や先輩が残業しているのを見ると「下っ端の俺が先に帰るなんて・・・」と考えてしまい先に帰れない。それどころか、上司や先輩の仕事を手伝ってしまう。同僚・後輩が残業していれば八方美人な性格が邪魔をして、彼らが帰るまで一緒に残業したり、仕事を手伝ってしまう。

自分の仕事は終わっているので、本当は先に帰りたいのだが、「お先に失礼します」の一言が言えないのだ。しかし!「これではいけない」と一念発起。付き合い残業を止めて、自分の仕事が終わればさっさと帰ることにした。しかし・・・。

その結果、どうなったかというと、俺の残業時間は増えてしまったのだ。付き合い残業を止めて早く退社するようにしたのに、なぜ残業が増える結果になってしまったのか?

スポンサーリンク

付き合い残業を止めた結果起こったこと。

簡単に言うと、俺の仕事が増えてしまったのだ。

付き合い残業を止めて1ヶ月経った頃、突然俺は上司に呼ばれた。そして、こう言われたのだ。

「最近、残業時間減ったね。定時で帰ることも増えたみたいだね。残業もせずにあれだけの仕事をこなしてくれていることには感謝してるし、効率的な仕事のやり方は凄いと思う。君が残業せずに早く帰宅しているのは君の努力の結果だと分かっている。でも、周りのみんなは残業が多いでしょ?申し訳ないけど、君の仕事の担当を増やしてもいいかな?」

まぁ〜、一緒に働く職場の仲間のためだから、協力するのは構いませんよ。でもね、仕事を手伝うのではなく、担当を変えてしまうというやり方が気に食わない。

俺は、常に一生懸命に仕事の効率化を考えているわけ。一方、先輩や同僚や後輩は、そこまで真剣に仕事してないんだよね。特に、同僚や後輩には仕事を効率化する方法を教えてるんだけど、やらないんだよね。それどころか、昼休みを1時間以上とったり、頻繁に仕事と関係ないおしゃべりしたり、会議で無駄話しして時間を浪費してたり・・・。

その結果、あいつらは残業しないと仕事が終わらないわけ。やる気と能力がない連中の代わりに俺の仕事が増える理由が分からない。給料は一緒なのにな・・・。

あと、残業代が欲しくて残業している奴も沢山いる。特に先輩連中は大体そうだね。仕事早く終わろうと思えば終わるはずなのに、ちんたら仕事してるの目に見えてるじゃん。

夜の9時過ぎなんてあいつら仕事してないよ。世間話して遊んでるだけじゃん。そして、10時とか11時なったら帰ってる。完全に残業代欲しさで11時とか12時まで会社に残ってるだけじゃん。

と思うものの、権力に弱い俺は1つ返事で担当業務が増えることを承諾してしまったのだ。そして、俺は残業が増える事になった。

実は、新しく与えられた仕事も、もっと効率的に短時間で終えることが出来るのだが、そうなるとまた仕事が増やされるので、俺は敢えて効率化をしないようにしている。

日本の企業の労働生産性が他の先進国と比較して低いのは、こんな馬鹿みたいな仕事の割り振りをしてしまうからんだな。と実感した出来事だった。

成果主義になるのが怖い

この体験から、残業代ゼロ法案により、日本企業の労働環境・賃金体系が変化するのが本当に怖いと思った。

政府は、「残業代が出なくなれば、労働者は効率的に仕事をこなすようになる。すると、社員は残業をせず早く帰るようになり、生産性は向上する。そしてワークライフバランスが実行できるようになり、より豊かな生活が可能となる。」と言っているが、そんなにうまくいくわけがない。

残業代ゼロという賃金体系が当たり前となり、一般労働者にまで適用された場合に起こる変化はこうだと思う。

「残業時間の規制がなくなり、残業代を払わないで済むようになると、会社は労働者をこき使うようになる。効率的に仕事をこなす優秀な社員には、より多くの仕事を与え、効率の悪い社員には長期労働を強いるようになる。結果、仕事ができる人間により仕事が集中するようになる。すると、優秀な社員はわざと仕事を効率的に行わなくなり、今以上に日本の労働者の生産性は悪化する。しかし、いくら残業しても残業代は出ないので、労働者の収入は低下し、結果として今以上に労働環境は悪化し、ワークライフバランスはぐちゃぐちゃになる」

これは、今回俺が経験したことなのだ。今は残業代をしっかりもらってるからまだ良いものの、残業代が出ないと考えるとゾッとする。

労働生産性が上がり、ワークライフバランスが改善され、仕事もプライベートも充実した生活を送れるなんていう理想の社会から日本が遠ざかっていかないことを切に願う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする