大きな仕事をやり遂げた先にあるものは・・・。

2年前からあるプロジェクトをリーダーとして進めていた。そして、先日その大きな仕事を成し遂げることができた。俺は、「このプロジェクトを成し遂げることができた時は、今までに経験したことのないような大きな達成感に浸ることが出来る」と考えていた。

ところが、実際は想像と違った。確かに、大きな達成感を味わうことは出来た。しかし、その達成感は思っていたほど大きくはなく、あっと言う間に無くなり、達成感の余韻に浸るようなことは無かったのだ。

さらに、2年間も1つの目標に向かって我武者羅に突っ走ってきた反動は大きく、いわゆる燃え尽き症候群的な感じになっている。そして、仕事に対する情熱が急に冷める自体に陥ってしまった・・・。

スポンサーリンク

大きな仕事を成し遂げた先に待っていたもの

今、俺の心のなかにあるものを列挙する。

  • 燃え尽きことからくる虚無感
  • 会社に対する不満
  • 会社に裏切られた悲しさ
  • 仕事ってなんだろう・・・という疑問

達成感なんてほんの少し感じただけで、今俺が感じていることはマイナスでネガティブな感情ばかりである。2年に及ぶ大きなプロジェクトを成功させたにも関わらず、なぜこんなことになってしまったのか?

コロコロ変わる会社の目標

2年前、俺がリーダーとして任されたこの仕事はそれなりに注目され、重要とされる仕事だった。しかし、プロジェクトを進めて1年程経った頃、会社は新たな収益を求めそれまでと違った分野にベクトルを向けたのだ。それにより、俺が任されたプロジェクトの重要度は大きく下がり、誰も話題としなくなっていた。

そのおかげで、2年の歳月をかけて大成功を納めた俺の仕事は、ほとんど注目されることもなく、上司からねぎらいの言葉もないのだ。

俺の仕事はしっかりと収益を上げている。にも関わらず、今会社で注目されている分野ではないというだけで、上司連中は知らん顔をし、全く評価してくれないのだ。

何となく分かっていたことではあるが、ガッカリしてしまった。。。

すぐに次の仕事を与えられた

俺が成し遂げた仕事はこれで終わりではない。始まりなのだ。俺が2年間頑張ってきた仕事とは、簡単に言うと「新しいビジネスモデルの立ち上げ」である。

よって、このビジネスモデルを活用してこれから事業を拡大するステータスに入るのだ。これからが腕の見せどころなのである。しかし、俺はこの仕事から外され、また次のビジネスモデルの立ち上げを担当されられてしまった。

2年間で作り上げた新たなビジネスモデルは、俺にとって子供のようなものである。産みの苦しみをやっと抜けたところであり、これから子供の成長を楽しく見るステージだと思っていたのだ。

にも関わらず、生まれたばかりの俺の子供は別のやつが育てることになり、俺はまた新たな子供を生む様に命じられたのだ。つまり、苦しいことばかりやらされているのである。

2年間、ずっと忙しくても頑張ってこれたのは、この仕事を成し遂げることができれば、しばらくゆっくり仕事ができると思ったからである。しかし、現実は甘くなかった。達成感に浸る間もなく、あたらな地獄へ放り出されたのだ。

会社に、上司に裏切られた気分である。

給料に反映しない虚しさ

俺が作り上げた新しいビジネスモデは、このまま上手く行けば毎年かなりの利益を上げる。しかし、俺の給料は数千円のベースアップしかしないのだ。

もし、俺が自営業としてこの事業を立ち上げていたら左団扇で暮らしていけるが、会社員だからそうはいかないのである。もちろん、自営業として立ち上げることは出来なかった。会社の資金力と組織力を使ったからこそ成し得た仕事であり、俺一人では絶対に達成できない仕事だ。

それは理解しているのだが、年間数千万円の利益を生み出した社員にほとんど見返りがないというのには納得がいかない。俺が頑張っていた2年間、毎日定時に帰り、言われた仕事しかしないやる気が無い社員と同じ待遇なのだ。納得いくわけがない。

頑張っても、頑張らなくてももらえる給料は同じ。多少昇進のスピードが違うだけ。

雇われの身出る限りしかたのないことなのかもしれないが、「仕事ってなんだろう?」と考えさせられる出来事であった。

さて、色々考え落ち込んでいたが、そんなの時間の無駄で何にも変わらない。仕事なんてそんなものだよね。仕事があるだけマシだと思って、明日から定年まであまり深く考えずに頑張ろう。

定年までリストラされなきゃいいけどな。。。
はぁ〜、社畜って辛いね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする