月曜日が憂鬱で仕事に行きたくないと落ち込む対策を考える。

毎週日曜の夜になると俺の頭の中を駆け巡ること。それは、「あぁ〜、明日仕事にいきたくないなぁ〜」という月曜日が訪れることに対する憂鬱な感情だ。恐らく、俺だけではなく多くの会社員が感じる感情だと思う。

土日は仕事のことは忘れ、好きなことをして楽しみ、心身ともにリフレッシュしたとしても日曜日の夜にはこの憂鬱な気分に襲われる。もちろん、土日をのんびり過ごし、疲れを十分に癒やしたとしても「月曜日か・・・嫌だなぁ〜、明日会社に行きたくないなぁ〜」という考えからは逃れられない。

だから、月・火・水・木・金・土・日、全ての曜日で一番嫌いなのが「月曜日」だ。とにかく月曜日が来るのが憂鬱で仕方がない。ということで、この嫌な感情を何とかすべくその対策を考えてみる。

スポンサーリンク

なぜ日曜日の夜に憂鬱な気分になるのか?

対策を考えるためには、まず原因の特定が必要だ。

俺はなぜ日曜日の夜に月曜日を迎えることを憂鬱に感じてしまうのか?それは、月曜日が大嫌いな仕事の始まりの日だからである。「あぁ〜、明日から仕事かぁ〜。嫌だなぁ〜」とネガティブな思考にとらわれているのだ。

一方、月曜日の夜、俺は火曜日を迎えることに関して何を考え、何を感じているのか?それは、「一日終わった!土曜日まであと4日だ!頑張ろう!」とポジティブに感じている。

たったの一日違いでこれ程の差が生まれているのだ。人間の思考とはいい加減なものである。

月曜日の仕事を憂鬱に感じない方法

では、日曜日の夜にも「明日から5日間働いたらまた土曜日(休み)がやってくる!明日から頑張ろう!」と考えれば良い。そうすれば、月曜日を憂鬱に感じることから開放されるのではないか?

そう考え、実際に先々週の日曜日にそのように考えるように努力してみた。しかし、人間の心はそう簡単にはコントロールできるものではなかった・・・。頭で分かっていても、月曜日のことを火曜日の事のように考えられないのだ。

となると、「あぁ〜、明日仕事に行きたくない。月曜日が憂鬱だ・・・。」というネガティブな感情を一生感じ続けなけなければならないのだろうか?

いや、諦めるのはまだ早い!そもそも仕事を好きになればいいのだ!・・・・。って、そんなことできれば、誰も苦労しないか。でも、仕事を好きにならなくても、月曜日にやる仕事を気楽なものだけにしてしまえばいいのではないだろうか?

つまり、日曜日の夜に考える事をこのように修正するのだ。「あぁ〜、明日仕事に行きたくないなぁ〜。あっ!でも、明日は会議とか商談とか無いし気楽な日だったな。頑張って早く仕事終わらせて早めに帰ろ。」

こう考えれば、憂鬱な気分は一瞬で終わるのだ。実際に先週末にこの作戦を実行したところ大成功した作戦だ。

もちろん、仕事の予定を100%コントロールすることは難しいだろう。しかし、意識して面倒臭い仕事、苦手な仕事、準備が大変な仕事をなるべく月曜日以外に予定するようにすれば、かなりの確立で憂鬱な月曜日を、早帰りできる楽な月曜日に変えることが出来るはずだ。

嫌なことは自ら率先してなくしていく。それを意識して行動すれば、もっと楽しい毎日を送れるかもしれないな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. リーマン1970 より:

    初めてコメントします。同じサラリーマンとしてちょっと情報共有wしたいのがあります。
    教えてgooで、以下のトピックを検索してみてください

    無年金のため義息子に家を追い出されます

    ちょっとした祭りになってます。
    61歳の無年金ジジイ(質問者)が、娘夫婦に寄生しようとしてる

    婿殿は質問者を嫌っている様子

    本日、家族会議が行われた模様
    質問者の人生、どうなるか!?

    ついに質問者がスレに戻ってきた(イマココ!)

    すみません、面白くて共有でした