髭剃るの忘れた!窮地に陥った俺が取った行動と対策について

ある朝、いつもの様に起き、いつもの様に顔を洗い、いつもの様に歯を磨き・・・。いつものように問題なく出勤するはずだった。

しかし、通勤電車でふとあごに手を当てた瞬間「ジョリ」という音が・・・。そう、髭剃りを忘れているのだ。朝から俺のテンションは急降下。絶望感さえ感じた。

しかし、いつまでも落ち込んでいられない。この無精髭を何とかしなければならない。この窮地をどう乗り越えるべきなのか?どう対処するのが正解なのか?俺は朝から思考を巡らした。

この窮地を乗り越えるための対策はいくつか考えられる。が、それぞれメリット・デメリットが存在する。俺は冷静に分析を始めた。

スポンサーリンク

髭を剃るために一度家に戻る

俺は今、通勤電車の中だ。次の駅で降りて家に帰ると確実に遅刻してしまう。だから、この選択肢は絶対にあり得ない。

コンビニで携帯シェーバーを買って髭を剃る

この選択肢は大いに有りだ。髭を剃ることができ、遅刻もしない。これが最善の選択かも知れない。でも、「勿体無いなぁ〜」との思いが俺の心を駆け巡る。そう、俺は節約家なのだ。

社会人になって髭剃りを忘れたのは初めて。つまり、十数年に1回の確率でしか発生しないのである。そのために、携帯シェーバーを買うのは非常に勿体無い。では、どうすべきなのか?

携帯シェーバーよりコストが安いカミソリを買うべきだ!

コンビニでカミソリを買って髭を剃る

コストを最小限に抑えるためにはカミソリを選択すべきだ。

しかし、カミソリだけ買っていいのだろうか?いや、ダメだ。カミソリだけ買った場合、恐らく悲惨なことになる。

なぜなら、俺は肌が弱いのだ。肌の弱い俺が、コンビニで買った安物のカミソリで髭をそったらどうなるだろうか?

あご周りは、赤くなりヒリヒリするだろう。さらに、所々に傷が入り、血だらけになるだろう。そんな俺を見た同僚はなんというだろうか?結局、髭剃りを忘れたことをみんなに暴露しなければならなくなる。そして、血だらけになった経緯を話し、「マヌケな男」「できない男」のレッテルを貼られることになる。だったら、無精髭のまま出勤しちゃえばいいじゃないか!!その方が男らしいのではないだろうか!?

嫌々、この髭面を同僚たちに晒す訳にはいかない。神聖な職場において、失礼である。カッコ悪いし。。。

そうだ!カミソリだけではなくシェービングクリームを買えば良いのだ。シェービングクリームさえあれば、ヒリヒリ&血だらけのリスクを回避できる。

さすが俺だ。こんな窮地においても軽率な判断を行わず、しっかりとシミュレーションするあたりが素晴らしい。思慮深い俺ってイケてる。

コンビニでカミソリ&シェービングクリームを買おう

髭剃りを忘れたことに気がついてから、コンビニでカミソリ&シェービングクリームを買うことを決断するまで約5分足らずだったと思う、しかしこの時間はすごく長く感じた。

しかし、この5分間よりも駅につくまでの10分の方が途方もなく長い時間に感じた。なぜなら、無精髭が恥ずかしかったからだ。通勤電車に居合わせた知らない人々。この人達に「あいつの無精髭凄いな」「あいつ、髭剃るの忘れてんだろう。馬鹿だな。」なんて思われてたらどうしよう・・・。

そんなことを考えていたら、10分が20分にも30分にも感じられた。そう、俺は「気にしい」なのだ。人の目が気になって仕方ない気が弱い人間なのである。

いざコンビニへ。そして意外な結末

そんな苦痛な時間に耐え、俺は会社近くの駅に到着。カミソリ&シェービングクリームを買うためにコンビニへ向かった。

当然、用意周到な俺はスムーズな会計を済ますべく財布を事前に準備しようとカバンに手を伸ばした。その時である!なんとカバンの中にマスクがあるではないか!?

心配症なA型の俺は、いつ体調が悪くなってもいいように常にマスクを常備していたのだ。カバンにマスクを入れたのは2年ほど前なのですっかり忘れていた。

で、このマスクとの出会いで俺の決断は大いに揺らいだ。「カミソリ買わなくてもマスクしちゃえばいいじゃん!マスクしちゃえば、無精髭見られなくて済むじゃん。金かかんないし。」

結果、俺はマスクで隠すことを選択した。体調が悪いということにして一日中マスクをして過ごした。

ちなみに、俺はマスクを選択して正解だったと思っている。なぜなら、マスクを選択したことにより良いことがあったからだ。それは、残業せずに帰れたこと。

体調の悪い(ふりをしている)俺を気遣って、同僚のみんなが早く帰るように促してくれたのだ。上司も俺の体調を心配してくれた。

「俺って、みんなに愛されてるのね」

そう感じることができ、幸せを噛みしめることができた。体調が悪いと嘘ついちゃったことには心底反省しているが、たまにはこんな日があってもいいよね。なんて思う一日となった。

二度と同じ過ちを繰り返さないための対策

人は、失敗から学ぶ動物である。よって、今回の「髭剃り忘れ事件」を二度と繰り返さないために俺は対策を打たねばならない。再発防止策である。

で、対策を幾つか考えた。

  1. 永久脱毛をする。
  2. 髭剃りを忘れないよう、定期・家の鍵と同じ場所にシェーバーを置く。
  3. 日焼けする
  4. 髭剃りを2回する(朝晩)

永久脱毛は金かかるし、親からもらった体に処理を加えるのは気が進まない。

シェーバーの置き場所を変えることで、髭剃りを忘れなくする方法は有りかもね。でも、外出直前に髭をするのはなんだかバタバタしそうで嫌だ。

俺は、色白なので無精髭がすごく目立つ。だから、日焼けして髭が目立たないようにするという対策も考えたが、アホらしいので除外。

で、採用しようと考えているのは4番目の髭剃りの回数を増やすこと。毎日朝だけではなく、寝る前に髭を剃ることで、仮に朝の髭剃りを忘れたとしても目立たなくなるだろう。毎日2回髭剃りをする習慣をつければ、リスクヘッジになるはずだ。

以上、髭剃りを忘れるというアクシデント体験でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする