スーパーのお惣菜をほぼ毎日、半年間食べ続けた。健康診断の結果は・・・

我が家の夕飯はこの10年位ずっと外食かコンビニやほっともっと等のお弁当。ほぼ毎日。。。

この食生活、意外と金がかかるんだよね。我が家のエンゲル係数は適正と言われる20%を遥かに超えている。ってことで、食費の節約を最大の目的として半年前に我が家の夕食のパターンを変えてみた。

理想は自炊だったんだけど、共働きだから嫁さんに負担をお願いするわけにはいかない。そもそも嫁さんはこの食生活に不満を持っていないしね。。。

ってことで、今回の食費節約計画は俺の我儘。言い出しっぺの俺がなんとかするしかない。

でも、俺は料理が出来ないし、そもそも帰りが遅いので料理する時間なんてない。そこで、スーパーの安いお惣菜を活用して食費の改善を図ることにした。

もちろん、その節約効果は絶大だったんだけど、一番気になってたのは健康的に悪い影響が出ないか否か。お惣菜を半年間食べ続けて受けた健康診断の結果についても記録しておきたいと思う。

スポンサーリンク

スーパーのお惣菜による節約効果は3万円

さて、夕食を外食メインからスーパーのお惣菜メインに切り替えた場合、どの程度の節約効果があるだろう。

  • 外食メインの場合の食費
    我が家の夕飯は、1周間のうち5日間は外食で2日間はコンビニ弁当などだ。外食は、ロイヤルホスト・デニーズ等のファミレスや大戸屋・やよい軒などの定食屋がメイン。この場合、平均すると1食あたり1,200円ほどになる。コンビニ弁当はだいたい700円程度かな(500円前後のお弁当とサラダ200円程度)。よって、1週間の食費は一人当たり約7,400円となる(1日に換算すると1,050円)。夫婦2人で約15,000円。1ヶ月では65,000円もの金額になる。ちなみに、この金額はあくまでも夕食のみ。朝食と昼食を合わせると我が家の食費は軽く12万円を超えている。マジでもったいないな。。。
  • スーパーのお惣菜メインの場合の食費
    一方、スーパーのお惣菜メインの生活における食費はどうだろうか。実際、この半年間でかなりの金額を節約出来た。スーパーのお惣菜の良い所は何と言っても割引販売されること。俺は残業が多いため帰りは遅い。そのお陰で、俺が買うお惣菜は正規料金ではなく20%〜30%程度の割引シールが付いたものになる。ま、残り物と言えばそなのだが、すぐに食べちゃうので、作ってから多少時間が経っていたとしても全く気にならない。で、スーパーのお惣菜をメインとした夕食の金額は、400〜550円程度となる。メインの魚か肉で150〜250円、サラダやおひたし系で100〜150円、納豆などもう一品で30〜50円。ご飯は休日に炊いて冷凍保存しているので1食当たり50円程度。おかずの数を減らすか、スーパーの弁当を代えばもっと安くなるが、一応健康を考えて、毎日違う種類のおかずを食べるように心がけるとこの程度の金額になる。しかし、外食から考えれば1食あたり500円程度安くなり、1ヶ月では15,000円。夫婦2人だと1ヶ月で30,000円の節約だ。

    スーパーのお惣菜メインに切り替えるだけで、年間36万円の節約となった。豪華な旅行を何回も出来る金額だ。

スーパーのお惣菜を毎日食べ続けると健康に悪いのか?

さて、一番気になっていた健康についても記録しておく。
元々、外食自体が健康に良くないのは当たり前なので、仮にスーパーの安いお惣菜が健康に悪いとしても大差ないだろうと思っていた。お惣菜も保存料などの添加物が多かったり、塩分が高かったりするからね。

しかし、結果は違っていた。スーパーのお惣菜メインの夕食を半年食べ続けて受けた健康診断の結果は良かったのだ。ファミレスや定食屋メインの食生活を送っていた時よりも多くの数値が改善していた。

一応健康に気を使って、毎日違う食材のおかずを選んだり、野菜などを積極的に取り入れた結果だと思う。

ってことで、節約もできるし、健康にもなるし、この食生活はしばらく続けていこうと思う。