マスクが売っていないのになぜみんなマスクをしているのか?しかも不織布マスク。どこで手に入れてる?

長時間マスクで喉を痛めるその他

スーパーに行っても、薬局に行っても「マスク完売」「マスク売り切れ」「マスク入荷未定」の文字ばかり。

ティッシュとトイレットペーパーは即完売せずになんとか買えるようになってきたが、不織布マスクはまだまだ手に入らない貴重なものになっている。

だからこそ、最近はポリウレタンのマスクをしている人が増えてきたし、自家製マスクの作り方なんかも様々なメディアで取り上げられている。

にも関わらず、通勤電車に乗っている人のほぼ全員がマスクをしている。そして9割以上が不織布マスクをしてるのだ。その光景は通勤電車だけではなく、街でも職場でも同じである。

みんなどうやって不織布マスクを手にれているのだろうか?

スポンサーリンク

今使っている不織布マスクはいつどこで手に入れたのか?

この疑問について、ネットで検索したり、ツイッターのつぶやきを見たり、職場の同僚に聞いてみたり、ニュース記事を見たりしたところ、大きく以下の3つのパターンに分かれるようだ。

花粉症対策としてもともと不織布マスクを備蓄していた

これが一番多い理由だと思われる。

新型コロナウイルスが流行り始めたのってちょうど花粉症の季節だったもんね。花粉症の人は、インフルエンザとか今回の新型コロナとか関係なく、もともと不織布マスクをしている。

ちなみに、鼻アレルギーの有病率は2008年の調査で4割を超えている。よって、2020年の今であれば、花粉症等のアレルギー保有者は5割近いのかもしれない。

つまり、日本国民の約5割は花粉症に備えてもともと不織布マスクを備蓄していたということになり、新型コロナに関係なくマスクをする習慣がある人達ということになる。

風邪対策、インフルエンザ対策として不織布マスクを持っていた

花粉症でなくても、風邪対策、インフルエンザ対策として不織布マスクを持っている人も多いだろう。特に職場で同僚に移すわけには行かない働く人にとっては、最低限のエチケット・マナーとして自宅に常備しておく必需品と言える。

また、これらの人は普段はマスクをしないが、年に数回体調を崩したり、風邪を引いたり、インフルエンザにかかったりした場合にはマスクをする程度なのでマスクの消費量は少ない。

よって、去年買っておいたマスクがまだ残っていたなんてケースが大いに有り得る。

なんて言っている私がこのタイプ。去年、50枚入りの不織布マスクを買ったが、少し体調を崩した3日間分のマスク、つまり3枚のマスクしか使っていなかったので大量に余っていた。

田舎の両親・家族に送ってもらった

新型コロナが流行りだしたのは東京から。

よって、私の同僚にはこのパターンも非常に多い。東京で売り切れても、田舎の方にはまだ薬局で売っていたというケースは多く、田舎の両親や兄弟に頼んで買ってもらい郵送してもらった人も意外といた。

スポンサーリンク

家庭に備蓄していたマスクももう無くなる時期だよね?

さて、上記のような理由でもともと家庭に不織布マスクを準備していた人も多いようだけど、とは言え手に入れていた不織布マスクは50枚〜100枚程度ではないだろうか?

  • 花粉症の人は50枚入りの箱を一つか二つ常備していたとすれば、50枚〜100枚。
  • 花粉症でないが、風邪・インフルエンザ対策として常備していた人は多くても50枚程度。
  • 田舎の家族に送ってもらったって人は、この事態を想定下としても100枚〜200枚程度ではないだろうか?

で、家族3人だと仮定すると、50枚なら約半月、100枚なら約1ヶ月。150枚なら1ヶ月半(50日)、200枚なら約2ヶ月でなくなってしまう。

でも、すでに新型コロナは3ヶ月続いている。つまり、もうみんなマスクを使い果たしていてもいい頃なのに、通勤電車でも街でも職場でもみんなマスクをしている。一体どういうことなのだろうか?

スポンサーリンク

みんなマスクを使い捨てにせず、洗って再利用していた!

この不可思議な減少の答えは簡単。

不織布マスクは原則使い捨てだが、この緊急事態にそんなこと言ってられない。マスクを使い果たすと追加購入できないことが分かっているので、みんな使い捨てとせず、数日使いまわしているのだ。マスクを毎日洗い、再利用しているのだ!

実際、同僚のマスクをよく見ると、毛羽立っている人もチラホラ・・・

みんな苦労してるんですね・・・。

ちなみに、どのようにして不織布マスクを洗っているのか聞いてみたところ・・・

  • 食器用洗剤で優しく手洗いしている。
  • 洗濯ネットにいれて洗濯機で洗っている。ちなみに、柔軟剤を入れると毛羽立ちも抑えられいい感じに洗える。
  • 洗わず、消毒スプレーを掛けている。

ということらしい。

ちなみに、複数回マスクを洗ったところ、結構しわができてみすぼらしかったため、アイロンでシワを伸ばそうとした猛者がいたがマスクが溶けてしまったらしいので、アイロンでのシワ伸ばしはおすすめできない。

で、何日使いまわしているか、何日使ったら捨てているのか聞いてみたところ、一番多い答えが3日間。次が「シワがひどくなったら」「毛羽立ちが目立ち始めたら」「ヨレヨレになったら」というような見た目で判断してるとの回答。そして、1週間再利用するという人もいた。

もうそろそろ布製のアベノマスクが届くだろうけど、あの布マスクは小さいし、洗ったら更に縮むらしいし、使い物にならなそうなので、私も在庫が少なくなってきた不織布マスクを洗って再利用することを考えようかな。

洗って再利用しても効果は落ちるが、マスクしないよりよっぽどマシだって専門家も言ってたしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました