ビジネスリュックで通勤!は背中に汗かくのが問題だよね?

ブリースケース、アタッシュケース、トートバックとビジネスマンが通勤で使うバッグは色々あるが、最近ビジネスリュックで通勤する人が増えている。

ビジネスリュックは収納力が高いし、通勤時だけでなく取引先へ向かう移動時などに両手が使えるところが便利。特に自転車で通勤しているビジネスマンにとってはとても快適だろう。

数年前まで、リュックサックをビジネスシーンで活用する人はごく少数であり、「スーツにリュックなんて似合わない」「リュックを仕事で使うなんておかしい」という意見が多かったが、最近はそんな意見も少なくなり認められてきた。

ビジネスリュックが流行りだした切っ掛けは、東日本大震災の影響と言われている。しかし、それ以外にもスマートフォンやビジネスカジュアルの普及も通勤カバンにリュックを選択する後押しになっているはずなので、この流行は一時的なものではなく、日本のビジネスマンに定着するのだと思う。

スポンサーリンク

リュック通勤、俺もしたい・・・

「ビジネスマンにリュックは似合わない」「取引先にリュックで訪問するなんてあり得ない」とついこの間まで思っていた俺だが、これだけビジネスリュックが普及すると考えが変わってきた。(マナーの悪いリュック通勤をする人を批判するこんなブログ記事も書いたけど・・・「満員電車でのリュックサックが邪魔で迷惑!マナーを守らない奴嫌いだけど羨ましくもある・・・」)

重たい鞄を片手に持って通勤するより、背負って通勤する方が楽に決まっている。特に、梅雨時なんか右手に傘、左手にバッグをもって通勤するのはつらい。そんな状態の時に電話がかかってきたら出られないし・・・

ということで、利便性で考えれば明らかにビジネスリュックを選択すべきだ。

しかし、ここで気になる事がある。

「リュックを背負うと背中が蒸れて汗だくにならないのか?」ということである。

ビジネスリュックは背中が蒸れて汗をかくのが嫌

冬なら問題ないが、真夏にビジネスリュックはかなりしんどい気がする。

夏は何もしなくても汗をかき、ワイシャツにしみてかっこ悪く、ちょっと不潔に見えてしまうのに、リュックを背負っている背中が汗だくになるのは大問題だ。

汗をかく本人も不快だが、そんな状態の背中を見せられる周りの人間も深いだろうし、下手すると汗臭くなって、スメルハラスメントになってしまう。

ビジネスリュックは既にかなり普及してるが、そんな問題を抱える人はいないのだろうか?と思いインターネットで調べてみると、やっぱり背中の汗問題はあるんだね。

「蒸れないリュック」「リュックの汗対策」「リュック用汗パット」なんて検索ワードや検索結果がたくさん出てくる。。。

背中と接する部分をメッシュ素材としていることで「汗ムレ対策」なんて言っているリュックも存在するが、そんな対策では暑い夏の汗は防げないしね・・・。

なかには、自分でリュックを加工し、自作の汗対策グッズを装備している人も居た。

みんなこの問題に悩まされているって証拠出し、抜本的な解決策は存在しないということかな。

リュックを両肩で背負わず、片方の方にかけて背中に密着しないようにすれば、それなりに汗対策になるような気はするが、そんなことすればせっかくのリュックの機能性・利便性をフル活用出来ないわけだし。そうなるとリュックにする必要性はほぼ無くなるわけだし・・・。

ビジネスリュック、リュック通勤に憧れ、思い切ってネットでおすすめされているリュックをネット通販で買っちゃおうかなぁ〜なんて思ったけど、ビジネストートバッグにした方が良さそうだな。