台風で早めに出勤したり自腹で前泊する必要はあるのか?

2週連続で大型台風が日本列島に直撃・・・。

しかも、関東に再接近するのは通勤時間帯だ。台風が来るのは仕方ないが、なぜ2週連続で出勤時間帯なのだろうか。神様による関東在住の労働者に対する嫌がらせとしか思えない。本当に嫌になる。

ということで、今回の台風に限ったことではないが、台風が来て一番困るのは出勤である。会社員としてどう対処すべきなのだろうか?「自然災害なんだから仕方ないじゃねぇ〜かよ。公共交通機関の遅延が原因で遅刻しても問題ないだろう!?」と思う一方、「台風が来ることが分かってるんだったら、いつもより1時間か2時間早く出勤して定時出社出来るように努力すべきだよなぁ〜・・・」とも考えてしまう。

定時出社出来るように努力すべきか否かについて自分の考えをまとめておきたいと思う。

スポンサーリンク

 台風の日の出勤についての会社の指示は?

自分がどうしたいか?ということよりも、まずは会社がどう指示しているのかを考えてみる。

幸いなことに、俺が勤務する会社はブラック企業ではない。よって、前泊を命じられたり、早朝出勤を強いられることはない。もちろん、どうしても外せない仕事があったり、それなりに重要な仕事に従事している人間は前泊を命じられたりすることがあるようだが、その場は前泊の宿泊費くらいは出るようである。

なぜ迷うのか?

会社や上司は俺たち従業員に対して、台風の日に定時出勤を明確に命じることはない。とはいえ、台風の日に努力して定時出社する部下と、努力をせずに当たり前のように遅刻してくる部下に対して部長や課長はどのような感情を抱くだろうか?もちろん、後者に対して良い印象は持たないだろう。

というのも、部長と課長たちはほぼ例外なく定時出勤できるように何かしらの工夫を行っているからだ。はっきり言ってやり過ぎだと思うが、会社近くのカプセルホテル・ビジネスホテルに自腹で宿泊する部長・課長もチラホラ見受けられる。

このように、上司連中は基本的に定時出社する努力をしているので、部下が努力をしないわけにはいかないような雰囲気が漂っているのだ。そして、この空気を読んで定時出社の努力をする社員と、そうでない社員が存在し、俺はどちらを選択するのかで悩んでしまうのだ。

全員が定時出社を諦め、遅刻しても仕方ない雰囲気なら無理して定時出社しようとは思わないんだけど・・・。

迷うくらいなら早めに出社しよう

上司連中は経営者層、つまり会社側の人間だから、定時出社をして業務に大きな支障が出ないようにする義務がある。もちろん、その努力に対する見返りはある。つまり、俺たち一般社員よりも多くの給料をもらっているのだ。

よって、上司連中が定時出社をしているからといって、俺たち一般社員も定時出社をする必要はないのだ。また、台風が原因で遅刻したとしても、法的にはなんら問題はない。会社は従業員の安全に配慮することが義務付けられているからだ。

台風が接近していうという危険な状況にも関わらず、上司に気に入られる為に無理して出勤するなんて馬鹿げたことなのだ。危険を冒してまでやることではないのだ。

こう考えると、台風が来ていてもいつもと同じ時間に起床し、いつもと同じ時間の通勤電車に乗れば良いのである。その上で、電車が止まっていることが原因で遅刻しても問題ない。また、自宅を出るのが危険なくらい雨風が強ければ、そのまま自宅待機すればいいのである。(もちろん、上司に一報入れる必要があけどね)

しかし、俺の結論としては早めに出社しようと思う。いつもより1・2時間くらい早く家を出るだけで、ごちゃごちゃ悩む必要が無くなるならその方がマシだからね。それに、早めに出社したほうが通勤電車の混雑もマシだろうし、早めに家を出ることで余裕を持って安全にかつ比較的楽に通勤できるからね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする