休日は一日中ベッドの上で生活。ゴロゴロして一日が過ぎてく・・・

相変わらず、ダラダラとした休日を過ごしている。

スナック菓子やスイーツを食べながら、一週間分の録りためたドラマや映画を見たり、お気に入りの音楽を聞いたり、スマホでネットサーフィンしてどうでもいい情報を収集したり・・・。

そして、それらはすべてベッドの上で行っている。ベッドの上で寝転んだままテレビを見たり、沢山敷き詰めたクッションに体を埋めた状態で半分体を起こした状態でネットサーフィンしたり、ベッドの上でストレッチしながら音楽を聞いたりしている。

スポンサーリンク

ベッドの上で快適に生活できちゃう環境

ベッドの隣には、ベッドと全く同じ高さのテーブルを置いている。

そのテーブルの上には、コーヒーやジュースなどの飲み物、スナック菓子やスイーツなどの食べ物、テレビのリモコン、音楽プレイヤー、パソコンなどを準備し、本当にベッドから一歩も足を踏み出すこと無く生活している。

沢山のクッションに体を埋めているととても気持ちがいいし、その姿勢が辛くなってくれば、寝転んでゴロゴロしている。

「流石に体がなまるな・・・」と感じれば、ベッドの上でストレッチ。フローリングの上だとヨガマットを敷かないと体が痛くなるが、ベッドの上ならそんな準備も必要ない。ストレッチしたいと思えばすぐにできちゃう。

ってことで、休日はとても快適なベッド生活を送っているわけだが、これはこれでデメリットもあるんだよね。。。

ベッドでゴロゴロしているといつの間にか寝ちゃう

ベッドから一歩も動くこと無く、ほぼ一日中生活しているわけだが、これはこれでデメリットがある。

デメリットとは、別に眠たくないのにいつの間にか寝ちゃうこと。

ベッドに横になってゴロゴロしている時はもちろん、クッションに体を埋めて座っているときも、気がつくと寝ている時がある。そして、過酷な1週間を過ごした後の週末なんかは、10時間以上寝続けてしまうことなんてザラにある。

時々目を覚まして「やべぇ〜、映画見てる途中で寝ちゃった」と思い、もう一度再生して見ていても、いつの間にか夢の世界に戻ってるし・・・。

そして、そんな無駄な睡眠をとってしまった事に大きな後悔を感じてしまう・・・

でも、これってソファーでも一緒なんだろうな。フカフカのソファーに体を預けた状態だといつの間にか寝ちゃうって経験あるもんな。

寝転がったり、体中の力を抜いて何かに身を預けちゃう状態自体が、無駄な睡魔を呼んでしまう原因。

こんな自堕落な生活送ってるのは俺だけか?

で、休日に一日中ベッドの上で過ごしている様な自堕落な生活を送っているのは自分だけなのだろうか?と疑問を持ってネットを調べてみたが、やっぱり結構いるもんだね。

ベッドから動かない生活を楽しんでいる人もいれば、俺みたいに後悔している人も沢山いる。

いずれにせよ、ベッドや布団の上で休みの日を過ごす人は多いし、それを後悔するどころか「贅沢な休日の過ごし方だぁ〜」なんて言ってる人もいる。

自堕落でダメな過ごし方だよな・・・なんてネガティブにとらえていたけど俺だけじゃないみたいだし、「贅沢な過ごし方だ!」なんて言っている人みたいにもっと前向きに捉えるか。

でも、寝過ぎちゃう問題だけはどうにか解決しないと、時間がもったいないし、健康にも悪そうだし。どうにか解決策を見つけなくちゃな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする