10ヶ月アーモンドを食べ続けたがコレステロールが下がらない・・

俺はコレステロール値が高い。

20代前半から総コレステロール値は基準値の上限と言われる220mg/dlを超えており、ついに去年は300mg/dlを超えた。そして、これ以上コレステロール値が上がる、もしくは近いうちにコレステロールが下がらないようであれば薬の服用による治療が必要になる。と、医者から最後通告を受けてしまった。

というのが、約1年前。よって、俺は総コレステロール値をこれ以上上げないため、あわよくば値を300mg/dlを下回るようにするために、俺は今までに無い対策をとった。

それは、アーモンドの摂取だ。コレステロール値を下げる効果が高いと有名なアーモンドを毎日食べ続けたのだ。それも、10ヶ月間毎日食べ続けた。

その結果を記録しておく。

スポンサーリンク

総コレステロール値を下げようと思った経緯

去年の健康診断の結果を受け、俺は「総コレステロール値が300以上!でも高い方が長生きできるという説も。」という記事を書いた。「300mg/dlを超える値は本当に体に悪いのか?」「本当に薬を飲まなければならない状態なのか?」「総コレステロール値を下げる方法は無いのか?」ということについて調べた記事だ。

この記事を書いた時、俺は300を超える総コレステロールはそれ程体に悪いと思っていなかった。それどころか、300程度ならかえって長生きの秘訣になるのではないかとさえ思っていた。しかし、もう少し値を抑えないと、健康診断を受ける度に医者に指摘されるし、もしかすると強制的に薬を服用させられるかもしれない。そうなると、余計な出費(薬代)は増えるし、保険に入る時も色入と面倒なことになりかねない。

ということで、気持ちを改め、少しは気合を入れて総コレステロール値の低下大作戦を決行することにした。

コレステロールを下げる方法

結論から書くと、俺は総コレステロール値を下げる3つの方法を考えた。

  1. 毎日有酸素運動をする。
  2. 毎食、腹八分目にする。お腹いっぱい食べない。なお、野菜を先に食べる。
  3. コレステロールを下げる食べ物として、アーモンドを毎日食べる。

で、毎日の有酸素運動は面倒臭いのでパスして、残りの2つを実行することにした。

なお、アーモンドはオレイン酸という不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、このオレイン酸がコレステロールを下げる効果を持っているらしい。また、アーモンドには他にも色々な栄養素が含まれている。ビタミンEや鉄分、ミネラルも豊富で食物繊維も沢山なのだ。つまり、アーモンドを食べ続けることは総コレステロールの改善だけでなく、美容と健康にも効果があるのだ。まさに一石二鳥、三鳥の食べ物なのだ。

アーモンドを食べ続けた結果

ちなみに、毎日何粒のアーモンドを食べたかというと、20粒〜25粒だ。大体それくらいが適正な分量らしい。俺は、朝10〜12粒、夕飯前に10〜15粒を毎日食べ続けた。

で、アーモンドを10ヶ月間毎日食べ続け、健康診断を受けた結果だが・・・。なんと、ほとんど効果がなかった。300mg/dlあった総コレステロールは、298mg/dlにしかなっていなかったのだ。なんと、2mg/dlしか下がらなかった・・・。

ちょっと話はそれるが、節約家の俺はどうしてもコストパフォーマンスが気になるので、お金の観点から考えてみたい。俺が食べ続けたのは、素焼きのアーモンドだ。値段は1㎏で約2,000円。で、アーモンドは1粒大体1gなので、2,000円で2,000粒入っていることになる。1ヶ月30日だとすると俺は10ヶ月間で約6,900粒のアーモンドを食べたことになる。よって、金額にすると6,900円分となる。

俺は、総コレステロールを2mg/dl減らすために6,900円使ったということになるのだ。これなら、毎日30分のウォーキングをした方が効果が高く、はるかに安くついたのではないかと思う。。。

しかし、いいこともあった。食物繊維が豊富だったからだと思うのだが、お腹の調子がすこぶる良いのだ。アーモンドを食べるようになってから、便秘も下痢もほとんどしなくなった。これは、思わぬ効果だった。

ということで、さらに1年間アーモンドを食べ続けることにした。結果として2mg/dlしか減らなかったが、もしアーモンドを食べていなかったら、320mg/dlになってたかもしれないしね・・・。

ただ、食べるだけではダメだね。ちゃんと運動もすることにしよう。