車を買い替えるタイミングっていつだ?最適な時期を見極める!

今の車にもう8年以上乗っている。なお、今の俺の愛車はレガシィB4だ。

車に乗るのは週末だけなので、走行距離は意外と少なく3万キロ程度だ。乗っている期間は長いが、たったの3万キロしか走っていない。。また、オイル交換、タイヤ交換、各フィルタ交換などのメンテナンスはしっかりしてきたので、全く故障しない。ま、俺のメンテナンスがいいのか、それともレガシィB4が丈夫で故障しない車なのかは分からないが・・・。

つまり、今の車で全く不自由はない。あと5年以上乗り続けることも出来るのではないかとさえ思う。このタイミングで車を買い替えるのはもったいことなのかもしれない。

しかし、さすがに8年間乗っていると飽きてしまった。週末ドライブに出かけても、ワクワクしなくなってしまったのだ。

週末のドライブは俺の唯一の趣味と言ってもいい。その趣味を楽しめなくなってしまった俺は色々と考えた。今、車を買い替えるべきなのか?それとも、車が潰れるまで乗り潰すべきなのか・・・。

スポンサーリンク

カスタマイズして買い替えずに乗り続けるか?

まずは、今の車をカスタマイズすることを考えた。

エアロパーツやアルミホイール交換により見た目を大きく変えて愛車を惚れ直す。また、スピーカーの交換、ウーハーの導入、オーディオデッキの買い替えをやって、超いい音質で音楽を楽しめるようにするのもドライブを楽しむための一つの方法だと考えた。

しかし、いずれにせよ10万単位のお金が必要になる。多分30万〜50万円程度はかかるだろう。この金額は非常に大きい。

なぜなら、俺の愛車レガシィB4は8年落ち。買取に出しても、査定は低く、あまり値段は付かない。恐らく30万〜40万円がいいところだ。

つまり、40万の価値しか無い車に40万円をかけてカスタマイズするのか?って話だ。とてもじゃないけど、そうする気にはなれない。

と、感情論で話してもしかたがないので、論理的に考えてみる。

車を買い替える場合とカスタマイズして乗り続ける場合

今、車を買い替えるのであれば、40万円の下取価格がつくだろう。そうすると、俺は今まで年間いくらでこの車を使っていたことになるのか?

・車両購入費用280万-下取り40万÷8年=30万

一方、愛車をカスタマイズしてあと5年乗り続けた場合はどうなるのか?ちなみに、5年後の下取りは0円と仮定する。

・車両購入費用280万+40万÷13年=24.6万

ということで、40万円をかけてもカスタマイズして乗り続ける方が経済的にはお得だという結論となった。ちなみに、乗り続ける期間を5年ではなくて、3年としてもまだ乗り続ける方がお得だ。

しかし、1点考慮しなければならない事がある。それは、10年超えることによる故障とそれに伴う修理費用だ。俺の愛車レガシィB4はこの8年間故障知らずだった。しかし、さすがに10年経てば故障するかもしれない。また、タイミングベルト交換などもやっておかねば怖くて遠出ができなくなる。ちなみに、タイミングベルトの交換には13万円くらいの費用がかかる。

ま、カスタマイズに40万、タイミングベルトの交換に13万円をかけ、延長して乗り続ける期間を3年だけにしても、今車を買い替えるのとコストパフォーマンスは同じになる。

つまり、経済性、コストパフォーマンスだけ考えれば、車って潰れるまで乗り続けるのがいいってことになるね。ということで、車を買い替えるベストなタイミング、買い替えるのに最も最適な時期は、「車が乗れなくなるような故障をした時」ってことになる。

それでも車を買い替えるならば・・・

俺はコストパフォーマンスが悪い経済活動が大嫌いだ。お得感のないお買い物をするくらいなら買い物を諦める。そんな性格だ。

なので、今までの理論で考えると、俺は車を買い替えてはいけないことになる。今から向かう先は新車ディーラーではなく、オートバックスやイエローハットということになる。

しかし、まだ考えるべきことはある。乗り替えを考えていた車が3年もしくは5年後にも存在するのか?って話だ。

俺は、今の愛車レガシィB4に8年間乗り続けたが、それ以前は2年サイクルで車を乗り替えていた。コストパフォーマンスが悪いと分かっていながら2年サイクルで車を買い替えていたのは、欲しい車が次々に変わっていったからだ。

基本的に論理的思考でしか行動しない俺が、感情で行動していたのだ。それくらい、欲しい車が次々に現れていた。しかし、8年前から乗りたい車が現れなくなり、その結果、今の愛車に8年間乗り続けてきた。

しかし、8年目にしてやっと乗り替えたい車が現れた。この車は2006年から存在していたのだが、今までその存在に気付かなかったが、最近この車を見る度に心が踊るようになった。ワクワクしてたまらない。一目惚れってやつだ。ちなみに、その車の名は「アウディTT」。クーペタイプのスポーツカーだ。

そして、このアウディTTはもうすぐフルモデルチェンジを迎える。噂では来年2014年に発表が予定されているというのだ。やっと出会えたあこがれの車「アウディTT」の現行モデルが絶版車となってしまうのだ。

フルモデルチェンジでもっと素敵な車になるなら良いが、もしかすると全く違う車になってしまうかもしれない。また、フルモデルチェンジ後の車は総じて問題が多い。しかも、アウディTTは、国産車ではなく輸入車だ。フルモデルチェンジ後はどんなトラブルが起こるかわからない。

さらにさらに、フルモデルチェンジ後の車は値引きも渋い。しかし、フルモデルチェンジ前の現行モデルであれば、値引額は大きい。そう考えると、車を買い替えることもコストパフォーマンス的に優位な点があるのだ。

ということで、カスタマイズして乗り続ける方が経済的には優位性が高いが、買い替えるという判断を捨てるのも時期尚早である。という結論になる。

車は高い買い物だ。ましてや、俺にとってはただの交通手段ではなく人生を彩る大切なアイテムだ。一方お金も大切な要素なので、しっかりと考えて車を乗り続けるか、思い切って買い替えるかを考えてみたい。

さて、新車ディーラーとオートバックスの両方で情報収集しようぉ〜っと!