Spotify、YouTubeをスリープタイマー設定する方法。音楽聴きながら快適に寝落ち!

この数年、コンポで全く音楽を聴かなくなってしまった。もう、CDなんて時代じゃないしね。音楽を聴くのはもっぱらAndroidスマホになった。

で、以前はGoogle Play Musicアプリの有料プランで音楽を聴いていたのだが、月額利用料がもったいなくなり、最近はYouTubeやSpotifyを活用している。ま、YouTube使うよりも圧倒的にSpotifyだけど。

完全無料で音楽を聴ける環境が整ったのはとてもありがたいのだが、Google Play musicからSpotifyに変えたことで1つ困ったことが発生した。

それは、Google Play musicアプリにはデフォルトで備わっていた「スリープタイマー」機能がSpotifyには無いことである。

スポンサーリンク

スリープタイマー機能がないからSpotifyは朝まで音楽再生しっぱなし。結果、朝になるとスマホの電源落ちる・・・

ってことで、ベットで横になりSpotifyで音楽を聴いていると寝落ちしてしまうことが頻繁にあるのだが、その結果、Spotifyは音楽を延々と流し続ける訳で、当然朝になったらスマホのバッテリーは無くなっている状態。

本当に困った。

で、Spotifyにスリープタイマー機能は無いものかネットで調べて見たがやはりタイマー機能は備わっていなかった。

なんで、誰もが欲するような機能がついていないんだろう・・・

しかし、俺と同じ問題を抱えている人は世の中に沢山いるもので、様々な解決策が色んなサイトで紹介されていた。

特に羨ましいのは、iPhoneのタイマー機能。iPhoneユーザーであれば新たなアプリを導入しなくても、iPhoneに搭載されているデフォルトのタイマー機能でSpotifyを一定時間経過後に停止することができるらしい。

で、Androidユーザーは、この問題をどう解決すれば良いかというと、Google Playストアでタイマーアプリをダウンロードすれば即解決するらしい。

世の中には、こんな問題を解決するアプリを無料で提供してくれる素晴らしいスマホアプリ開発者が沢山いるんだよね。本当に感謝。

しかし、開発者が沢山いるからこそ、アプリの種類が多過ぎて何を選べばよいのか悩んでしまうが、「スリープタイマー (Sleep Timer)」というアプリが4.7と高評価だったので、このアプリをダウンロードして問題は解決した。

これで、快適なSpotify生活が送れるよ。

Googleアシスタントも「スリープタイマー (Sleep Timer)」をおすすめしてきた!

ちなみに、音楽を再生する時は、Googleアシスタントに「OK Google!音楽を再生して」とお願いしている。

よって、Googleアシスタントにお願いすれば、スリープタイマー (Sleep Timer)アプリを使わなくても、音楽止めてくれるんじゃね?と思い、試しにGoogleアシスタントにお願いしてみた。

俺「OK Google! 30分後にSpotifyを停止して!」

すると・・・・

Googleアシスタント「こちらをどうぞ」

といって、スリープタイマー (Sleep Timer)アプリを紹介してくれた。

新たなアプリをダウンロードしなくてもSpotifyを停止してくれる事を期待していたので、ちょっと残念だったが、Googleアシスタントもスリープタイマー (Sleep Timer)アプリをおすすめするということは、このアプリはいいアプリなんだろう。