ギガホよりdocomo with(ドコモウィズ)が安くてお得。料金シミュレーションに騙されるな!

スマホ趣味・ガジェット他

ドコモが新料金プラン「ギガホ・ギガライト」を発表したのは数ヶ月前。

テレビでもネットニュースでも、従来の料金プランよりもスマホ料金がだいぶ安くなると言われている。よって、「自分の料金プランも見直したほうがいいかなぁ〜」なんて思いつつも、料金プランの変更って調べるのも自分で計算するのも手続きするのも面倒だったから放置していた。

しかし、スマホの「My docomoアプリ」を見ていた時に、「しっかり料金シミュレーション」なるサービスを見つけたことで、重い腰を上げてスマホの料金を見直すことにした。

結論から先に書くと、ドコモの「しっかり料金シミュレーション」は全く当てにならない。当てにならないどころか、シミュレーション結果は間違っており、ドコモから提示されたおすすめプランは、現在よりも高くなってしまうという詐欺まがいの結果だった。

ドコモに騙されるところだった。。。

スポンサーリンク

ドコモの「しっかり料金シミュレーション」とは?

ドコモの公式サイトには、料金シミュレーションができるサービスがある。

dアカウント認証を行うことで、自分のスマホの利用実績に基づいた料金診断ができるというものであり、「これなら自分の利用状況にあった正しい診断をしてくれる」と思った。

しかも、直近3ヶ月間の利用状況から診断してくれるため、データ通信量が月によって多少前後する自分の使い方でも正しい比較・判断をしてくれると安心していた。

また、この料金シミュレーションはネットサービスなので、ドコモショップで長時間待たされることもなく、自宅で気軽に利用できる点が嬉しい。

さて、新料金プランの「ギガホ・ギガライト」と、一世代古い従来プランの「シンプルプラン+パケットパック+spモード&docomo with(ドコモウィズ)」では、どのくらいの料金差が出るのだろうか?

新プランに変更するといくら安くなって、私は毎月どのくらい節約できるのだろうか?

スポンサーリンク

料金シミュレーション結果(ギガホ・ギガライトvsドコモウィズ)

ということで、スマホ利用料金が安くなりお得できると根拠のない期待を抱えつつ、早速「しっかり料金シミュレーション」をやってみた。

私は、新料金プランに変更した方がいいのか?それとも従来プランのdocomo withを継続した方がいいのか?

早速、シミュレーション結果を発表!ドコモのしっかり料金シミュレーションがはじき出した”あなたへのおすすめは”・・・

「ギガホ・ギガライト等へのプラン変更がおすすめです。」

シミュレーション結果によると、毎月の支払額の目安は以下の通りらしい。

  • 現在の料金プラン :6,427円
  • ギガホ・ギガライト:5,547円

現在の料金プランと新料金プランの差額は月額880円。つまり、1年間で10,560円も私は無駄なお金を払っていたことになる。しかも、現在の使用可能なデータ容量は20ギガまで。一方、ギガホなら30ギガまで使用可能。明らかに従来プランの方が損してんじゃん。。。

「こんなことなら、面倒臭がらずに料金プランの変更しておけばよかった・・・」

スポンサーリンク

料金プランの詳細は?

さて、冷静に新旧の料金プラン詳細を比較してみると、この料金診断には2つの間違いがある。間違いというか、考慮が漏れていると言うべきかもしれないが・・・

まずは、現在の料金プラント新料金プランの詳細は以下の通り。

現在の料金プラン(従来の料金プラン)

  • データ通信量・・・平均16GB/月
  • シンプルプラン・・1,040円/月
  • ウルトラデータLパック・・・6,000円/月
  • 割引サービス・・・−1,500円/月(docomo with)
  • オプションサービス・・・303円/月(spモード等)
  • 消費税・・・584円/月
  • 合計・・・6,427円/月

新料金プラン(ギガホ2)

  • ギガホ2・・・6,980円/月
  • 音声オプション・・・60円/月
  • 割引サービス・・・−2,000円/月
  • オプションサービス・・・3円/月
  • 消費税・・・504円/月
  • 合計・・・5,547円/月

まず、1つ目の間違いというか考慮すべき点は、「割引サービス」である。

おすすめされた新料金プランの中に、「割引サービス−2,000円」というのがある。この2,000円の割引とは一体何なのだろうか?

料金シミュレーション結果に詳細が表示されないため想像でしかないが、「みんなドコモ割」と「ギガホ割」の2つが適用されていると思われる。

で、みんなドコモ割はいいのだが、ギガホ割は最大6ヶ月しか適用されない。つまり、7ヶ月目以降は1,000円の割引が消えてしまう。

となると、新料金プランの合計額は月額で6,547円となってしまい、現在の料金プラン6,427円を120円以上超えてしまう。(実際は消費税を考慮しなければならないため、正しくは130円?高くなるのかな。。。)

2つ目に考慮しなければならないのが、上記シミュレーションには含まれていない特典だ。ドコモでは、dポイントクラブのステージや契約年数に応じてdポイントがもらえる特典がある。これを考慮しなければならない。

  • 新料金プランの特典(ギガホ・ギガライト)
    誕生月にdポイントが最大3,000ptもらえる(プラチナステージの場合)。月に換算すると250ptとなる。
  • 従来プランの特典
    ずっとドコモ割プラスというdポイントを毎月もらえる特典があり、ウルトラデータLパックであれば、最大960ptもらえる(プラチナステージの場合)

つまり、新料金プランよりも従来プランの方が月額で710円お得だということになる。よって、6ヶ月で消えてしまうギガホ割を含めて考慮すると、私はギガホに料金プランを変更すると、月額840円、年間10,080円も料金が高くなることになり、お得どころか大損してしまう結果となるのだ。。。

ドコモさん、これ詐欺ですよ。。。

騙されて、新料金プランのギガホに変更しなくてよかった。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました