自炊・料理が面倒臭い!一人暮らしだとモチベーションが続かない。。。

離婚後しばらくして自炊を始めたから、かれこれ1年以上は毎日夕食を自分で作って食べている。

外食するより節約になって経済的だし、健康にもいいし、そんなに手が込んだものを作らなければ、日々の生活においてそんなに手間じゃないしね。

ところが、先日、「自炊(料理)面倒くせぇ〜。仕事終わって疲れてるのに、なんで自炊しなきゃいけないんだろう。料理作る時間があるなら、もっとゆっくりしたい。ってか、食事するのもめんどうくさいな。。。」と突然嫌になってしまった。

この1年間、多少は面倒臭いと思っていたけど、自炊が嫌になる程面倒臭いとは感じていなかった。にもかかわらず、この急激なモチベーションの低下は何なんだろう?

スポンサーリンク

自炊(料理)は面倒臭くてモチベーションが続かない

自炊を続けていた理由は、節約と健康のため。

まず、1つ目の理由の「節約」だが、確かにこれは効果がでかい。1ヶ月あたり5万円〜10万円の節約効果になる。

しかし、自炊の手間をかけてまで節約するほど金に困っているわけではないんだよねぇ〜。アラフォーバツイチの一人暮らしだから、可処分所得は高いし、毎日外食や中食するくらいの余裕はある。

離婚して2年。そこそこ貯金も貯まってきたから節約してお金を貯めたいという思いよりも、自炊の面倒臭さの方が最近増してきたって感じなんだろうな。

次に2つ目の理由である「健康」。

先日、健康診断を受けてきたんだけど結果は健康そのもの。まぁ〜、40代なのでそれなりに悪い数値(経過観察レベル)もあるものの、外食・中食が多かった時期に受けた健康診断の結果と、自炊生活を1年以上続けて受けた今回の健康診断の結果に大きな差がなかった。

つまり、自炊が健康改善に直結していないわけであり、「健康に貢献していないのであれば、なぜ面倒臭い夕食作りを毎日やっているのだろう?」と、自炊の必要性に疑問を感じてしまったのだ。

一人暮らしだと誰も感謝してくれないし、味を共有できないのでモチベーションが続かない

あと、自炊をしていて思うことは、誰も感謝してくれないし、料理が美味しくできた時に共有する相手がいないということ。

結婚していて奥さんや子供がいたり、結婚していなくても恋人がいれば、料理というものは自分のためではなく、愛する誰かのためにもなる。で、妻・子供・恋人なんかが喜んでくれたり、感謝してくれると、毎日続ける大きなモチベーションになる。

しかし、40代バツイチ独身男の俺は毎日「孤食」状態。

面倒臭い料理を作るのは自分だけのためでしかないし、そもそも食事を楽しむという感覚もない。ただただ、空腹を満たすだけの作業なのだ。。。

自炊(料理)が突然面倒臭くなった理由。それは、空腹を満たすだけの作業だからだろう。そして、この作業は外食や中食を利用することで簡単に排除することができる。だから、突然自炊するのが面倒臭くなり、嫌になり、どうでも良くなってしまったんだと思う。

ただ一つ言えるのは、このまま自炊をずっと続ける場合と、自炊を止めて外食や中食に変えた場合とでは、数十年後の健康状態に差が出るということ。

でも、数十年先の話なんだよなぁ〜。今楽できる方を選んでしまうというのが、人間の弱いところ。

料理好きの彼女でもできないかなぁ〜。

とりあえず、モチベーションが下がっている今は無理して自炊することなく、外食や中食に頼ろう。もしかすると、味に飽きて再度自炊するモチベーションが復活するかもしれないしね。