「Chromeは応答していません」とAndroidスマホのアプリがフリーズする。何が原因だ?

Google謹製のWebブラウザ「Chrome(クローム)」を使い、スマホでネットサーフィンをしている。

しかし、最近突然Chromeが固まり、「Chromeは応答していません」とエラーメッセージを吐いてフリーズするようになってしまった。困ったものだ・・・。

しかも、かなりの頻度で発生する。数あるスマホアプリの中でChromeが一番使いやすく、今までこんなトラブルが発生したことは無かったのに一体何が原因なんだろう?

一時的なものであれば良いのだが、取り敢えず対策を考えてみる。

スポンサーリンク

Chromeアプリが応答しない。当然フリーズして落ちる現象

具体的にどのような現象が起きているかというと・・・

  • スマホでネットサーフィンをしていると、読み込みがいつもより遅く感じる。
  • 読み込みが終わっても、画面をスクロールしようとすると動きが悪く、スムーズにスクロールできなくなる。(カクカクした動きをする)
  • 次の瞬間、「Chromeは応答していません」というエラーメッセージが表示され、「アプリを閉じる」もしくは「待機」の選択画面が現れる。
  • 「待機」を選択した場合は、数秒待機状態になった後、ネットサーフィンができる様になるが、すぐにまた固まり、同じエラーメッセージが表示される。
  • 以下、繰り返し・・・。

Chromeが応答しなくなった原因と対策は?

すぐに頭に浮かんだのは、GoogleChromeアプリの更新(バージョンアップ)だ。先日、更新したのでそれが原因かも!と思い、GooglePlayストアのコメント欄をチェックした。

しかし、俺のようにフリーズが頻発するようになったというコメントは無かった。ってことは、更新(バージョンアップ)が原因ではなく、俺のスマホ端末固有の問題なのかもしれない。

俺のAndroidスマホ端末(Nexus5X)固有の問題だとするならば、まずやるべきことはスマホ端末の再起動だ。本件に限らず、大抵の問題は端末の再起動で解決するはず。

しかし、スマホを再起動してみても応答しなくなる問題は頻発する。

次に試したのは、Chromeアプリのキャッシュのクリアだ。手順は以下の通り。

  1. Chromeアプリを起動
  2. 右上のメニュー(縦に並ぶ3つの点)をクリック
  3. 「履歴」をクリック
  4. 画面の一番下にある「閲覧履歴データの消去」をクリック
  5. 「閲覧履歴」と「キャシュされた画像とファイル」にチェックを付ける
  6. 「データを消去」をクリック

ちなみに、俺のChromeアプリが記録していた閲覧履歴は約6,000件だった。結構膨大な閲覧履歴情報がたまっていたようだ。

この作業を行った結果、今のところChromeアプリの動きはスムーズになり、突然フリーズして落ちることはなく、「Chromeは応答していません」とエラーを吐くことはなくなった。

閲覧履歴のデータ消去・削除は定期的に行わないとね。アプリやAndroidスマホ自体の故障が原因じゃなくて良かった。

このまま応答しないという現象が発生しないと良いけど。