年収がいくらなら人は満足するのか?いくら稼げば幸せになれるのか?

「もっと年収上がれば、もっと稼げれば幸せになれるのになぁ〜」そう考えることあるよね。みんなもっと稼ぎたいと思うよね。少なくとも、俺は毎日そんなことを考える。

なぜなら、稼げれば欲しいものが手に入って幸せになれると思うから。でも本当にそうだろうか?金があれば幸せになれるのか?人生の満足度は高まるのか?

スポンサーリンク

人生を振り返り満足度を考える

では、いくら稼げば幸せになれるんだろうか。自分の人生で振り返ってみることにする。

まずは、小学生時代。お小遣いが足りないと不満を感じたことは多かった。決して満足はしていなかった。では、その時いくら欲しいと思ったのか?確か千円位だったと思う。今考えればはした金だ。でも、数千円のお金が手に入らいない時代だった。だから、常に不満を抱えていたと思う。

では、中学生の時はどうだっただろうか?行動範囲が広がり、興味のあるものが変わった。それに伴い、欲しい物の金額が上がった、使うお金の金額が増えた。その結果、数千円あれば満足すると思っていたお小遣いも足りなくなり、数万円単位のお金が欲しいと思い始めた。やっぱり、不満は消えない。

そして、この後はひたすらループする。高校生になりお小遣いは増えた。大学生になりアルバイトを始めて10万円を超えるお金を手にするようになった。社会人になり昇格・昇給で年収が数十万円単位で上がるようになった。しかし、欲望は一向に収まらない、それどころかどんどん不満は大きくなった。

年収が増えても満足しないメカニズム

人生を振り返ってみると、自分で自由に使えるお金というものは、順調に増えていった。俺は歳を重ねるごとに金持ちになっている。でも、人生に対する満足度、幸福度は一向に上がらない。

人は経験を積む度に新しい経験をしたくなる。ガキの頃は100円のお菓子で大満足していたが、今では数万円払って高級料理を食べないと大満足はできない。高い交通費を払って、ご当地グルメを食べないと大満足できなくなっている。

これは食べ物だけではなく、全ての経験で同じことが言える。新し経験をするためには、当然お金が必要だ。新しく、刺激のある経験程お金がかかる。

つまり、人はいくらお金があっても幸せにはなれない。欲望の上昇を押さえ込まない限り、いくらお金があっても満足できない。それどころか、欲望が大きくなるため、簡単なことでは満足できず、結果稼げば稼ぐほど幸福感が下がってゆく。

日々の生活で満足度・幸福度を高めるためには?

人間は欲望を失ってしまうと成長しないと思う。「もっといい暮らしがしたい(=もっとお金が必要だ)」そう思うからこそ頑張って働く。

日本人は幸福度が低い。いろんな理由があるだろうけど、お金で幸福度を買う構造が悪いという理由もあり、そのためスローライフだの、お金を使わない生活だのが話題になっていると思う。

まぁ〜、スローライフとかお金を使わない生活とかを目指す人はそれでいいと思うし、否定はしない。

でも、俺は金を稼ぎ、常に新しい体験、刺激的な体験を経験したい。それによる満足度は一時的なもので、すぐに不満を感じることは分かっている。

でも、それでいいと思う。自分の成長を止めないためにも。