仕事がつらい時期のピークは41歳。ならばやめたいピークも40代?

「仕事のつらさ」に関する様々な質問を50代の男性会社員に対して行ったアンケート結果が公表されていた。

ビジネスマン、サラリーマンとして酸いも甘いも経験してきたベテラン会社員の回答だから凄く参考になるはず。

人生の先輩方が自分の会社員人生を振り返って答えてるんだから、リアルで切実な思いが反映されたアンケート結果になっているはずだ。

スポンサーリンク

仕事がつらい時期のピークは?その原因は?

仕事のつらさに関するアンケートをまとめると以下の通り。

仕事がつらいと思ったことはあるか?

  • 仕事がつらいと思ったことがある・・・91%
  • 仕事がつらいと思ったことはない・・・9%

この質問に対する回答には正直驚いた・・・。100%の人間が何かしらつらいと思うと想像したのに、なんと9%もの会社員が「仕事でつらいと思ったことはない」と回答しているのだ。

そんなことあるんだろうか?俺なんてほぼ毎日仕事がつらいと思ってるのに、仕事に何の不満もつらさも感じないなんてマジっすか!?という感想だ。

こんな結果になったのは、「どのレベルのつらさをつらいと回答するか」という基準が人によって違うことが原因だと思う。

「人に愚痴りたくなる程度のつらさ」「仕事を辞めたいと思うくらいのつらさ」「うつ病を発症してしまうレベルのつらさ」etc・・・。人によって感じ方が違うからね。

ま、いずれにせよ、ほとんどの人が仕事はつらいものだと感じてるってことだね。

一番つらい時期、ピークはいつ?

会社員人生を振り返り、仕事が最もつらいと感じていた時期は41歳の時というのがもっとも多い回答となったようだ。

  • 最少・・・19歳
  • 平均値・・・41歳
  • 最大値・・・59歳

41歳といえば、ベテラン社員として組織の中心的役割を担う時期。また、上司と部下・後輩に挟まれる時期とも言える。

俺ももうそろそろ仕事がつらいと感じるピークを迎えるってわけか・・・。30代後半の現在、既に仕事がつらいと毎日感じているのに、まだまだピークじゃない可能性が高いなんて・・・。

まだまだこれから仕事がつらくなると思うと正直凹むわ(泣)

これ以上、仕事がつらくなったら、マジで体と精神を壊しそうだもんな。健康を害してまで働くなんて馬鹿げているから、そこまで追い込まれたら会社なんて辞めてやる!って覚悟してるけど、そもそも今の状況がどん底にあるのか、まだまだそこに落ち続けるのかなんてぶっちゃけ判断つかないもんな。

41歳の時が仕事がつらいピークなんて言っても、ただのアンケート結果だし、人それぞれで実際の状況は違うわけだしね。

今のつらさがどん底で、これからは右肩上がりしか無い状況ならいいのに・・・。

ま、未来は予測出来ないから、頑張るしか無いよね。